20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Marlene Dietrich

マレーネ・ディートリッヒ

Marlene Dietrich

1901-1992 (ドイツ/アメリカ)


heartbar

     代表作

Der_Blaue_Engel
 嘆きの天使
  Der Blaue Engel
  (1930年/ドイツ)
Morocco
 モロッコ
 Morocco
 (1930年/アメリカ)
Dishonored
 間諜X27
 Dishonored
 (1931年/アメリカ)
Shanghai_Express
 上海特急
 Shanghai Express
  (1932年/アメリカ)

Destry Rides Again
 砂塵
 Destry Rides Again
 (1939年/アメリカ)
Witness for the Prosecution  情婦
 Witness for the Prosecution
 
 (1957年/アメリカ)

    “百万ドルの脚線美” 伝説のスーパースター

 ・1901年、ベルリン生まれ。本名は Marie Magdalene Dietrich.。
 6歳の時に実父が病死。義父は第一次世界大戦で戦死。以後、母親と姉の3人で生活。
 バイオリニストを目指し、国立の音楽大学へ入学  (1919年) したが、手首を痛めて断念。
 1921年、ドイツ演劇界の第一人者マックス・ラインハルトの演劇学校に入学し、女優としての道を歩み始めた。
  (右の写真) 4歳頃のディートリッヒ
Dietrich 1905

Dietrich 1929
 ・『So sind die Manner (1923年) で銀幕デビュー。以後、1929年までに10数本のサイレント映画に出演。20年代は映画と舞台の両方で活動していた。
 芸名のマレーネは本名を組み合わせたもので、自分で考案した。
   * Marie Magdalene
  (左の写真) 初の主演映画 『Die Frau, nach der man sich sehnt 』 (1929年) より

 ・1924年、映画の助監督ルドルフ・ジーバーと結婚し、長女マリアを授かった。
 ジーバーとの生活はドイツ時代で終わったが、法的には彼が亡くなるまで夫婦だった。
  (右の写真) 夫ジーバー、娘マリアと
Ditrich with Family

Der Blaue Engel-2
 ・ベルリンの舞台に出演しているところを、ジョセフ・フォン・スタンバーグにスカウトされ、ドイツ映画初のトーキー 『嘆きの天使』 (1930年) の主役に。
 作品は世界中で大ヒットし、ディートリッヒはスタンバーグ監督の求めに応じ、ハリウッドへ。
 尚、1931年に一度ベルリンへ戻り、娘マリアを連れてアメリカへ戻っている。
  (左の写真) 『嘆きの天使』 出演時

 ・スタンバーグ監督とのコ ンビによるハリウッド・デビュー作 『モロッコ』 (1930年) も大ヒット。アカデミー賞主演女優賞にノミネートもされた。
 ディートリッヒは人気スターの地位を確実なものとし、パラマウント社はライバルMGM社の看板女優グレタ・ガルボの対抗馬として、ディートリッヒを売り出していった。
  (右の写真) 『モロッコ』 ゲーリー・クーパー
Morocco-2

  映画では見事な脚線美を披露。“百万ドルの脚線美”と謳われた。
Dietrich-4

Shanghai Express-2  ・スタンバーグ監督とのコンビで、『間諜X27』 (1931年)、『上海特急』、『ブロンド・ヴィナス』 (1932年)と、名作、ヒット作を連発。
 『上海特急』 は、グレタ・ガルボ主演の 『グランド・ホテル』 を興行成績で上回り、その年全米で最大のヒット作に。スタンバーグ監督とのコンビで一時代を築いた。
  (左の写真) 『上海特急』 出演時

 ・スタンバーグ監督は如何にディートリッヒを美しく撮るかに腐心し、ディートリッヒも自分の魅力を最大限に引き出してくれるスタンバーグ監督を信頼していた。
  (右の写真) スタンバーグ監督と
Sternberg-Dietrich

The Devil is a Woman  ・しかし、黄金コンビもマンネリ化は避けられず、『恋のページェント』 (1934年)に引き続き、『西班牙(スペイン)狂想曲』 (1935年) も興行的に失敗作となると、パラマウント社はコンビを解消させた。
 2人は私生活においても親密な関係であったと伝えられているが、パートナーシップの解消した。
  (左の写真) 『西班牙狂想曲』 出演時

 ・『モロッコ』 以来6年ぶりにゲーリー・クーパーと共演した 『真珠の頸飾』 (1936年/監督:フランク・ボーゼージは好評だったものの、低迷気味の人気回復の決定打とまではならなかった。
  (右の写真) 『真珠の頸飾』 ゲーリー・クーパーと

Desire

The Garden of Allah  ・独立系の製作者デビッド・O・セルズニックに貸し出されて出演した 『沙漠の花園』(1936年) は、ディートリッヒ初のカラー作品であり、世界で初めて飛行機内で試写会を行い話題となったが、興行的には振るわなかった。
 シャルル・ボワイエとの再共演作 『I Loved a Soldier 』 は、ディートリッヒがヘンリー・ハサウェイ監督と衝突して、製作中止となった。
  (左の写真) 『沙漠の花園』 シャルル・ボワイエと

 ・イギリスの製作者アレクサンダー・コルダに招かれ出演した 『鎧なき騎士』 (1937年/監督:ジャック・フェデーに続き、『天使』 (監督:エルンスト・ルビッチ も興行的に失敗作となると、ディートリッヒはパラマウント社に契約を打ち切られてしまった。
Knight Without Armour
Angel
『鎧なき騎士』 ロバート・ドーナット
『天使』 ハーバート・マーシャル(左)、メルヴィン・ダグラス(右)と

 ・全米の映画館主協会から 「Box Office Poison (入場券売り場の毒 = 客の取れないスター) の1人として名指しもされた。時にディートリッヒ36歳。ライバルのグレタ・ガルボが引退した年齢である。キャリアの岐路に立たされていた。

 ・この時期、私生活においても暗い影が差していた。
 祖国ドイツにおいてヒトラー政権が成立 (33年)。ナチスは再三に渡りディートリッヒに帰国を 勧告。党の宣伝映画への出演料として破格の条件を提示されたが、ナチスを嫌っていた彼女は断固として拒否していた。
 (右の写真) 「パパ」 と呼んでいた文豪アーネスト・ヘミングウェイと
   (1938年)
 
Hemingway Dietrich
 ・1939年、アメリカ市民権を取得。祖国ドイツでは 「売国奴」 と非難された。

 ・2年ぶりの映画 『砂塵』 で、イメージ・チェンジをして初の西部劇に挑んだのは、帰国を促すナチスへの ‟NO” の意思表示でもあったと言われている。西部の女に扮したディートリッヒは好評で、人気回復のきっかけともなった。
Destry Rides Again-2 Seven Sinners
『砂塵』 (1939年) ジェームズ・スチュアート 『妖花』 (1940年) ジョン・ウェイン

Dietrich-Gabin  ・1940年、ナチス・ドイツがフランスを占領。アメリカへ渡って来たジャン・ギャバンと出会い、恋仲に。
 ディートリッヒは子供の頃にフランス語をマスターしており、ジャン・ギャバンの英語の教師でもあったという。
  (左の写真) ジャン・ギャバンと 
 やがて、ギャバンは自由軍フランスに志願し、戦場へと赴き、ディートリッヒは前線の米軍兵士の慰問のためヨーロッパ各地を廻った。44年には、アルジェリアの地でギャバンと再会もした。
 この兵士慰問活動は、ディートリッヒにとって生涯忘れることのない大切な思い出となったという。
Marlene USO

 ・戦後、兵士慰問活動の功績により、アメリカからは大統領自由勲章、フランスからはレジオンドヌール勲章が授与された。
 パリでジャン・ギャバンと新生活をスタートさせたが、長くは続かなかった。