20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Der Blaue Engel

     嘆きの天使
     Der Blaue Engel
     監督:ジョセフ・フォン・ス タンバーグ
     (1930年/ドイツ)
filmbar

 
 マレー ネ・ディートリッヒの出世作

 ギムナジウム(中高一貫校)で英語を教え ている堅物の中年男ラート教授
 ある日の授業中、学生がいかがわしいブロマイドを持ち込んでいたことから、ラートは不良学生たちが街のキャバレー 「嘆きの天使」 に入り浸っていることを知った。
The_Blue_Angel
The_Blue_Angel-2
The_Blue_Angel-3
 不良学生たちはその夜もキャバレーへ訪れていた。そこへ、学生を取り締まるためにラー トが乗り込んで来た。逃げる生徒を追い掛けているうちに、ラートはローラ・ローラの楽屋に入ってしまった。ローラは、各地のキャバレーを巡業する歌劇団の看板歌手で、ブロマ イドに写っていた女性だ。
The_Blue_Angel-4
The_Blue_Angel-5

  

  主な出演者など

Emil Jannigs Marlene Dietrich  ラート教授役エミール・ヤニングス
 ローラ・ローラ役 マレーネ・ディートリッヒ
 

 ・ドイツ映画初のトーキー作品。映画製作者のエリッヒ・ポマーが監督として白羽の矢 を立てたのが、ハリウッドで活躍していたジョセフ・フォン・スタンバーグ

 ・ドイツへ渡ったスタンバーグ監督は、ベルリンの舞台に出演していた当時はほとんど無名 の 女優マレーネ・ディートリッヒをローラ役に抜擢。
 ディートリッヒに決定する前は、グロリア・スワンソンや、『メトロポリス』のブリギッテ・ヘルムなどが候補であったと言われている。
  (右の写真) スタンバーグ監督とディートリッヒ
Sternberg-4

youtube-logo
  スクリーンテストを受けるマレーネ・ディートリッヒ


Der_Blaue_Engel-2
  ・映画が進むにつれ、エミール・ヤニングス扮するラート教授が醜く老けてゆくのと対照的に、美しさを増していくローラ役のマレーネ・ディートリッヒ (当時29歳)
 「百万ドルの脚線美」 と言われたおみ足も披露し、「Falling in Love Again 」 は彼女の代表曲となった。
 この作品により一躍その名を轟かせたディートリッヒ。スタンバーグ監督と蜜月関係になり、ハリウッドで一時代を築くことになった。

  ピック・アップ … エミール・ヤニングス

Emile Jannings-2
  Emil Jannings 1884-1950  (ドイツ)

 ・10代から舞台に立ち、ドイツ演劇界で名優としての評価を確立。

 ・『最後の人』 (1924年/監督:F・W・ムルナウ)、『ヴァ リエテ』 (1925年/監督:E・A・デュボン)、『ファウスト』 (1926年/監督:F・W・ムルナウ等、 ドイツの名作映画の多くで主演を務めた。 

Der_Letzte_Mann
Variete Faust
『最後の人』 『ヴァリエテ』 『ファウスト』
  ・ハリウッドに招かれ、『肉体の道』 (1927年/監督:ヴィクター・フレミングと、『最後の命令』 (1928年/ジョセフ・フォン・スタンバーグ) の2作の演技により、第1 回アカデミー賞主演男優賞を受賞。名実ともに映画界を代表する名優となった。
  (右の写真) オスカー像を手にするヤニングス。尚、授賞式は欠席している。

 
・トーキーの時代となり、ドイツへ戻り、『嘆きの天使』 等に出演。
Emile Jannings-3

Marlene Dietrich-4 Emile Jannings-4
マレーネ・ディートリッヒ と
ジョセフ・フォン・スタン バーグ監督と
 ・1933年、ヒトラー政権が成立すると熱烈な支持者となり、多くのプロパガンダ映画に出 演。その為、戦後は映画・演劇界から追放され た。

 ・1950年、オーストリアにて65歳で他界。

HOME