20世紀・シ ネマ・パラダイス

hearttbar
Gloria Swanson

グロリア・ スワンソン

Gloria Swanson

1899-1983 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Male and Female
 男性と女性
  Male and Female
  (1919年/アメリカ)
Sadie Thompson
 港の女
 Sadie Thompson
  (1928年/アメリカ)
Queen_Kelly
 クィーン・ケリー
 Queen Kelly
 (1929年/アメリカ)

Sunset Boulevard  サンセット大通り
 Sunset  Boulevard
 (1950年/アメリカ)

    元祖 ‟ハリウッドの女王”

 ・1899年、イリノイ州生れ。15歳の時に、シカゴのエッサネイ社で撮影 の見学中にスカウトされ、『The Song of the Soul(1914年) のエキストラで銀幕デビュー。『チャップリンの役者』 (1915年) にも端役で出演した。

 ・1916年、共演者のウォーレス・ビアリーと結婚。
 夫婦でカリフォルニア州へ移り、ドタバタ喜劇で人気のあったマック・セネットのキーストン社と契約した。 
  (右の写真) ウォーレス・ビアリーと。
   キーストン社でも数本で共演した。
Wallace Berry

Swanson-5  ・キーストン社の名物だった ‟水着美人=Bathing Beauties ” の1人として活躍。
  (左の写真) キーストン社時代のグロリア・スワンソン

 ・1918年、コメディよりもドラマへの出演を望んでいたスワンソンは、トライアングル・フィルム社 (キーストン社の親会社) へ移籍。長編のドラマに出演 するようになった。

 ・1919年、フェーマス・プレーヤーズ・ラスキー・スタジオ (後のパラマウント社) と契約。『夫を変へる勿れ』、『連理の枝』、『男性と女性』 (1919年)、『何故妻を換へる?』『人間苦』 (1920年)、『アナトール』 (1921年) と、セシル・B・デミル監督作品の看板女優として活躍し、大スターの地位を築いた。
  (右の写真) 『男性と女性』
Male_and_Female-2

 ・1919年、ビアリーと離婚。酒癖が悪かったビアリーが、妊娠し たスワンソンに堕胎薬を飲ませたという話も。同年、映画配給会社の社長と再婚したが、22年に離婚。

Beyond_the_Rocks-2
 ・ファッション・リーダーとなった最初の映画スターでもあった。多くの女性 が彼女の衣装を観るために映画館に足を運んだという。 
  (左の写真) 『巨巌の彼方』 (1922年/監督:サム・ウッドルドル フ・ヴァレンチノ

 ・誰よりも高い出演料を獲り、“ハリウッドの女王” となったスワンソン。私生活も銀幕のなか同様、派手なものであった。
 夜ごと豪華な衣装に身を包み、高級車で夜会へ繰り出す “社交界の女王” と しても世間を賑わせた。
  「1週間の食費が1,000ドル 」、「年に100万ドル稼ぎ、100万ドル使った 」、などという伝説も残っている。 

 ・1925年、フランス人貴族と3度目の結婚。(詳細はこちら

 ・1927年、自身の映画製作会社を設立。サマセット・モームの短編小説 「雨」 を映画化した 『港の女』 (1928年) が大ヒットし、タイトル・ロールを演じたスワンソンは第1回アカデミー賞の主演女優賞にノミーネートされた。
 本命との前評判だったが受賞は逃した。娼婦の役であったため敬遠されたとも言われいる。
  (右の写真) 『港の女』 自ら出演もしたラオール・ウォ ルシュ監督
Sadie_Thompson-3
  * 『港の女』 … ジョーン・クロフォード主演  『雨』 (1932年/監督:ルイス・マイルストーン) として再映画化された。

Queen_Kelly-2
 ・3作目 『クィーン・ケリー』 の撮影中に、監督のエリッヒ・フォン・シュトロハイムと衝突し、製作中止となるトラブルに見舞わ れた。
 その後、自ら監督し、作品を完成させた (この際、結末が変更された)が、シュトロハイムと の契約の問題でアメリカでは公開されなかった。
  (左の写真) 『クィーン・ケリー』 ウォルター・バイロンと
 経営の苦しくなった製作会社に救いの手を差し出したのが、 大物政治家のジョセフ・P・ケネディ。第35代大統領 (1961〜1963年)ジョン・F・ケネディの 父親である。スワンソンとケネディは不倫の関係にあったという。

 ・自身初のトーキー作品 『トレスパッサー』 (1929 年) で、再びアカデミー賞にノミネートされたが受賞ならず。
 1930年代に入ると主演映画がヒットせず、『Father Takes a Wife(1941年)を最後に銀幕か らは消え去り、女優としての活動は舞台に移った。 
  (右の写真) 『Father Takes a Wife 』 
Father Takes a Wife

 ・1931年にド・ラ・ファレーズ侯爵と離婚。4度目の結婚(1931年〜1934年)、5度目の結婚(1945年〜1948年)と も長続きしなかった。

 ・『サンセット大通り』 (1950年/監督:ビリー・ワイルダー で、9年ぶりに銀幕復帰。
 ノーマ・デズモンド役は代表作となった。ラストの台詞、「デミル監督、クローズアップを - All right, Mr. DeMille, I'm ready for my close-up 」 は、AFI (アメリカ映画協会) が2005年に選出した 「アメリカ映画名セリフ・ベスト100」 の第7位に選出された。

youtube
 『サンセット大通り』  映画史に残る衝撃的な名ラスト・シーン


Demille-Swanson  ・ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞 (ドラマ部門) を受賞し、アカデミー賞でも本命視されていたが、受賞には至らなかった。
 オスカー像とは生涯縁がなかった。
  (左の写真)『サンセット大通り』 撮影時。 セシル・B・デミル監督と 
 ・『サンセット大通り』 の後、出演オファーが殺到したが、どれもノーマ・デズモンドと似たような役柄ばかりで、全て断ったという。
 以後の活動は再び舞台とTVが中心となった。
  (右の写真) ビリー・ワイルダー監督と
Swanson-Wilder

/Airport_1975-2
 ・『エアポート’75』 (1974年)に 本人役で出演したのが、最後の映画出演となった。
  (左の写真) 『エアポート’75』

 ・1976年、作家と6度目の結婚。亡くなるまで連れ添った。
 ・1980年、自伝 『Swanson on Swanson 』 を出版。ベストセラーに。

  ・1983年84歳で他界。身長は150cmと小柄だったが、ハリウッドの ‟巨星” として、銀幕の歴史に消えることのない輝きを残した。
 
 
映画評論家の淀川長治さんが面会した際、贅沢はみんな、デミル監督に教えられてしまったんです
    と話していたそうです。

Swanson-2
Swanson-3

HOME