20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Jacques_Feyder-2

ジャック・フェデー

Jacques Feyder

1885-1948 (ベルギー/フランス)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Le_grand_jeu
 外人部隊
 Le Grand Jeu
  
(1934年/フランス)
Pension Mimosas
 ミモザ館
 Pension Mimosas
  (1934年/フランス)
La Kermesse Heroique
 女だけの都
 La Kermesse Heroique
  (1935年/フランス)
Kinigt Without Armor
 鎧なき騎士
 Knight Without Armor
 (1937年/イギリス)

    戦前のフランス映画黄金期の巨匠

 ・1885年、ベルギー生まれ。本名は Jacques Frederix
  1911年、パリへ出て舞台俳優となり、その頃から芸名としてJacques Feyder  と名乗るようになった。
 1912年〜16年にかけて、短編も含め10数本の映画に出演した。

 ・短編映画 『Monsieur Pinson policier(1916年) で監督デビュー。

 ・1917年、女優のフランソワーズ・ロゼーと結婚。
 その後、ベルギー陸軍に召集され、第一次世界大戦に参戦。
 終戦後、映画界に復帰した。
  (右の写真) 夫人のフランソワーズ・ロゼーと
Feyder Rosay

 ・『女郎蜘蛛』 (1921年) が大ヒットし、国際的な名声を確立。その後、オーストリアの新設映画会社に芸術監督のポストを与えられ、『面影』 (1924年)を製作したが、会社の経営が上手くいかず、パリに戻り、1928年にフランスの市民権を取得した。

 ・1929年、MGM社に招かれて渡米。グレタ・ガルボ主演の 『接吻』 (1929年)、『アンナ・クリスティ』 (独仏語版/1930年)などを監督。
The Kiss
feyder Garbo
『接吻』 撮影時。グレタ・ガルボと
『アンナ・クリスティ』 撮影時。グレタ・ガルボと

La_Kermesse_heroique-2
 ・フランスに戻り、『外人部隊』、『ミモザ館』、『女だけの都』 と名作を立て続けに発表。
 『女だけの都』 でベネチア国際映画祭の監督賞を受賞。
 3作品とも夫人のフランソワーズ・ロゼーが出演し、マルセル・カルネが助監督を務めた。
  (左の写真) 『女だけの都』 フランソワーズ・ロゼー
 日本でも高い評価を得ており、キネマ旬報ベスト・テンにおいて、『外人部隊』 (昭和10年度第2位)、『ミモザ館』 (昭和11年度第1位)、『女だけの都』 (昭和12年度第1位) となっている。

 ・イギリスの映画製作者アレクサンダー・コルダに招かれ、マレーネ・ディートリッヒ主演の 『鎧なき騎士』 (1937年)を監督。

 ・第二次世界大戦が勃発するとスイスに移住し、亡くなるまで同地で暮らした。

 ・1948年62歳で他界。

 ・ジャン・ルノワールジュリアン・デュヴィヴィエルネ・クレールマルセル・カルネと共に、フランス映画黄金時代の5大巨匠とされたが、年齢は1番上であり、サイレント期の巨匠アベル・ガンスよりも年上であった。

HOME