20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Marcel Carne

マルセル・カルネ

Marcel Carne

1906-1996 (フランス)

Megaphonrbar

   代表作

Le_quai_des_brumes-2
 霧の波止場
 Le Quai des Brumes
  
(1938年/フランス)
Les_Visiteurs_du_Soir
 悪魔が夜来る
 Les Visiteurs du Soir
  (1942年/フランス)
Les_enfants_du_Paradis
 天井桟敷の人々
 Les Enfants du Paradis
  (1945年/フランス)
Therese Raquin
 嘆きのテレーズ
 Therese Raquin
 (1952年/フランス)

    フランス映画不滅の名作 『天井桟敷の人々』 を監督

 ・1906年、パリ生まれ。高級家具職人であった父親の後を継ぐため、職業技術学校へ進学したが挫折。保険会社などで働きながら、写真・映画の学校に通い始めた。

 ・1928年、撮影助手として映画界入り。きっかけは、ある晩餐会で女優フランソワーズ・ロゼーの隣となったことであった。
 ロゼーの夫、ジャック・フェデー監督の 『Les Nouveaux Messieurs (1928年) で撮影助手を務めた。
  (右の写真) マルセル・カルネ (下) とジャック・フェデー (左)

 ・撮影助手として働く傍ら、29年から33年まで、映画雑誌の編集にも携わっていた。
Feyder_Carne

Marcel Carne-2  ・短編ドキュメンタリー 『Nogent, Eldorado du dimanche (1929年) を自主製作。同作品を観たルネ・クレール監督に認められ、同監督の 『巴里の屋根の下』 (1930年) で助監督に。以後、フェデー監督の 『外人部隊』、『ミモザ館』 (1934年)『女だけの都』 (1935年) 等で助監督を務めた。
  (左の写真) 左からアルベール・プレジャン、フェデー、カルネ、ロゼー

 ・『ジェニイの家』 (1936年) で本格的な監督デビュー。
 フェデー監督が 『鎧なき騎士』 の監督としてイギリスに招かれ不在で、ロゼーが自身の主演作の監督としてカルネを推薦したのであった。
  (右の写真) 『ジェニイの家』 フランソワーズ・ロゼー(左)とアルベール・プレジャン
Jenny

with_Jacques_Prevert-2
 ・『ジェニイの家』 の脚本を書いたジャック・プレヴェールとは、その後も、『霧の波止場』、『悪魔が夜来る』、『天井桟敷の人々』 等で組んだ名コンビであった。
 プレヴェールは詩人、童話作家としても活躍。シャンソンの名曲 「枯葉」 の作詞家としても知られている。
  (左の写真) カルネ(右)とプレヴェール

 ・3作目の 『霧の波止場』 (1938年)で、ヴェネチア国際映画祭監督賞を受賞。
 フランス映画界を代表する名匠の仲間入りを果たした。
  (右の写真) 『霧の波止場』 撮影時。 ミシェル・モルガンジャン・ギャバン (右)と
Le_Quai_des_Brumes-3

Hote_du_Nord Le_jour_se_leve
『北ホテル』 (1938年) アナベラルイ・ジューベ 『陽は昇る』 (1939年) ジャン・ギャバンとアルレッティ

Les_Visiteurs_du_Soir-2
  ・第二次世界大戦中、フランスがナチス・ドイツに占領され、多くの映画人がアメリカに亡命したが、カルネ監督はフランスに留まり、『悪魔が夜来る』 (1942年)を発表。悪魔をナチス、愛し合う男女をフランス人の良心にたとえ、反ナチスの反骨心を示した。
  (左の写真) 『悪魔が夜来る』 ジュール・ベリー

 ・『悪魔が夜来る』 を完成させたカルネ監督は、非占領地の南フランスのニースで、大作 『天井桟敷の人々』 の製作に着手。完成までに3年近くも費やし、パリ解放後の1945年に公開された。
 当時のフランス映画人の威信をかけた作品は、フランス国内のみならず、世界中の映画ファンを熱狂させた。
 同作品は、フランス映画芸術アカデミーが、1979年に 「映画史上のベストテン」 を選出した際、見事第1位に。
 日本でも、キネマ旬報社が1980年に選定した 「外国映画史上ベストテン」 で第1位になるなど、フランス映画の金字塔的作品となっている。
 カルネ監督の名は不滅のものとなった。
  (右の写真) 『天井桟敷の人々』 ジャン・ルイ・バロー(左)とアルレッティ
Les_enfants_du_Paradis-2

 ・戦後も、『港のマリィ』 (1949年)、『愛人ジュリエット』 (1950年)『嘆きのテレーズ』 (1953年)、『われら巴里っ子』 (1954年) 等を監督。
La_Marie_du_Port
uliette_ou_la_Clef_des_Songes
『港のマリィ』
ジャンギャン(左)とニコール・クールセル

『愛人ジュリエット』
ジェラール・フィリップ(左)とスザンヌ・クルーティエ

Therese_Raquin-2
L'air_de_Paris
『嘆きのテレーズ』
ラフ・ヴァローネ(左)とシモーヌ・シニョレ

『われら巴里っ子』
アルレッティ(左)とジャン・ギャバン

Therese_Raquin-3
 中でも、エミール・ゾラの小説 「テレーズ・ラカン」 を現代風に脚色した 『嘆きのテレーズ』 は、キネマ旬報社のベストテン第1位に選出 (1954年度) されるなど、高い評価を得た。
  (左の写真) 『嘆きのテレーズ』 撮影時。シモーヌ・シニョレ(左)とカルネ監督(中央)

 ・1971年ヴェネチア国際映画祭の栄誉金獅子賞を受賞。

 ・1978年、セザール賞の名誉賞を受賞。

 ・1989年、第1回高松宮殿下記念世界文化大賞の演劇・映像部門を受賞。

 ・1996年90歳で他界。

HOME