20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Le_Salaire_de_la_Peur

     恐怖の報酬
     Le Salaire de la Peur
     監督:アンリ=ジョル ジュ・クルーゾー
     (1953年/フランス)
filmbar

 
 ハラハラ ドキドキ感が半端ない

 ベネズエラのラス・ピエドラス。街の酒場に、職にあぶれた男たちがたむろしていた。その1 人、コルシカ島出身のマリオは、酒場の女給をしている恋人のリンダに小遣いを貰いながら、何とか食いつないでいた。
 ある日、パリのヤクザ者ジョーが、着の身着のままでこの地に逃げて来て、同胞のマリオと意気 投合した。

The_Wages_of_Fear-1 The_Wages_of_Fear-2
 ジョーは態度がでかく、マリオ以外のあぶれ者たちから疎まれ、それまでマリオとつるんでい たルイジと喧嘩になったこともあった。
The_Wages_of_Fear-3 The_Wages_of_Fear-4
 街から500キロ離れた油田で火事が発生し、多くの犠牲者が出た。石油会社は爆風で鎮火さ せることに決め、街から大量のニトログリセリンを運搬 する事になった。トラックの運転手が募集され、命懸けの任務にも関わらず、高額の報酬につられて多くのあぶれ者たちが応募した。 The_Wages_of_Fear-5
The_Wages_of_Fear-6  運転技能テストの結果、ビンバ、 ルイジ、マリオ、スメルロフの4人が選ばれたが、出発時間になってもスメルロフは姿を見せず、代わりにジョーが現れた。2台のトラックが用意され、マリオ とジョーの組が先に出発し、30分後にビンバとルイジの組が出発した。

  


youtube
 『恐怖の報酬』 予告編



  主な出演者など

Le_Salaire_de_la_Peur-2
  マリオ役 … イヴ・モンタン Yves Montand
  ジョー役 … シャルル・ヴァネル Charles Vanel
  リンダ役 … ヴェラ・クルーゾー Vera Clouzot
  ルイジ役 … フォルコ・ルリ Folco Lulli
  ビンバ役 … ペーター・ファン・アイク Peter van Eyck


 ・1951年8月下旬から南フランスで撮影がスタートしたが、悪天候など様々なトラブルに 見舞われ、予定の半分しか撮影出来ていないうちに冬となり、6ヶ月間撮影が中断。1952年の夏に撮影が完了した。
 (右の写真) 撮影時。左から、シャルル・ヴァネル、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督
  イヴ・モンタン

Le_Salaire_de_la_Peur-3

The_Wages_of_Fear-14
 ・初の主役に抜擢されたイヴ・モンタンは、本作で俳優としても認められ、以後、シャンソン 歌手、俳優として、戦後のフランスを代表するエンターテイナーの1人として大活躍した。
 リンダ役のヴェラ・クルーゾーは、クルーゾー監督の妻で、本作でデビューした。
 (左の写真) イブ・モンタンとヴェラ・クルーゾー

 ・ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞し、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールと主演男優賞 (シャルル・ヴァネル) を受賞。
 『情婦マノン』 (1949年) でヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞を受賞していたアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督は、3大映画祭の大賞を制覇した史上初の映画監督となった。
 (右の写真) シャルル・ヴァネル(左) と イヴ・モンタン
The_Wages_of_Fear-15

The_Wages_of_Fear-16
 ・1977年、『フレンチ・コネクション』 (1971年)、『エクソシスト』 (1973年) のウィリアム・フリードキン監督、『ジョーズ』 (1975年) のロイ・シャイダー主演でリメイクされた。

 ・2014年、オリジナル版より約20分長い、ディレクターズ・カット版が公開された。 (左の写真) シャルル・ヴァネル(左) と イヴ・モンタン


  ピック・アップ … シャルル・ヴァネル

Charles_Vanel  Charles Vanel  1892-1989  (フランス)

 ・1892年、フランスのブルターニュ生れ。海軍を志願したが、視力不足で不合格になり、俳優となった。16歳でパリの舞台に立ち、18歳の時に銀幕デ ビュー。

 ・『ジェニイの家』 (1936年/監督:マルセル・カ ルネ、『我等の仲間』 (1936年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ、『この空は君のもの』 (1943年)、『悪魔のような女』 (1955年/監督:アンリ=
ジョルジュ・クルーゾー)、『泥棒成金』 (1955年/監督:アルフレッド・ヒッチコック 等に出演。

 ・『恐怖の報酬』 では、強面のヤクザ者が臆病風に吹かれ意気地なしに成り果ててしまう様を見事に演じて、カンヌ国際映画祭の主演男優賞を受賞した。
La_belle_equipe-2
The_Wages_of_Fear-17
『我等の仲間』 (1936年) ジャン・ギャバン (左)と
『恐怖の報酬』 (1953年)
Les_Diaboliques
To_Catch_a_Thief
『悪魔のような女』 (1955年)
 ヴェラ・クルーゾー(左)、シモーヌ・シニョレ

『泥棒成金』 (1955年)
ケーリー・グラント (右)と


 ・1979年、セザール賞の名誉賞を受賞。

 ・個性派の名優として、1989年96歳で亡くなるまで現役として活躍。そのキャリアは78年にも及んだ。
 
HOME