20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Gerard_Philipe

ジェラール・フィリップ

Gerard Philipe

 
1922-1959 (フランス)

 愛称 : ファンファン (Fanfan

starbar

     代表作
 
/Le_Diable_au_corps
 肉体の悪魔
 Le diable au ccorps
 (1947年/フランス)
La_beaute_du_diable
 悪魔の美しさ
 La beaute du diable
   (1950年/フランス)
Fanfan_la_Tulipe
 花咲ける騎士道
  Fanfan la Tulipe
 (1952年/フランス)
Monsieur_Ripois-3
  しのび逢い
 Monsieur Ripois
 (1954年/フランス)
Le_Rouge_et_le_Noir
 赤と黒
 La rouge et le noir
 (1954年/フランス)
Les_amants_de_Montparnasse
 モンパルナスの灯
 Les amants de Montparnasse
 (1958年/フランス)

     ◆ 36歳で天に召された伝説の美男スター

 ・1922年、カンヌ生れ。父親はホテルの支配人で、裕福な家庭であった。
 1941年、法律の専門学校に通っていたが、母親の知人であった映画監督マルク・アレグレと出会い、彼の勧めでニースの演劇学校に入学。役者の道を歩み始めた。
 * マルク・アレグレ … 『乙女の湖』 (1933年)、『チャタレイ夫人の恋人』 (1955年) 等の
  監督。
  (右の写真) 兄 (左) と母親と。10歳頃のジェラール・フィリップ
Gerard_Philipe-4
 ・1942年、ニースで舞台デビュー。その後、フランス各地を巡業し、翌年、パリの舞台でもデビュー。演技を磨くため、コンセルヴァトワール (フランス国立高等演劇学校) に入学した。

Les_petites_du_qua_aux_fleurs
 ・1944年、マルク・アレグレ監督の 『フレール河岸の娘たち』 (日本未公開) で銀幕デビュー。
 マルク・アレグレの弟イヴ・アレグレ監督作 『夢の箱』 (1945年) への出演が先であったが、公開されたのは 『フレール河岸の娘たち』 の方が先だった。
  (左の写真) 『フレール河岸の娘たち』

 ・コンセルヴァトワールを優秀な成績で卒業。パリの舞台では主役を演じ、演劇界期待の新星となった。
 初の主演映画 『星のない国』 (1946年)、ドストエフスキー原作の 『白痴』 (1946年) に出演。
  (右の写真) 『白痴』
L'idiot

Le_Diable_au_corps-2
 ・ラディゲ原作の 『肉体の悪魔』 (1947年/監督:クロード・オータン=ララ) が大ヒットし、世界的な人気スターに。
 日本では、次作の 『パルムの僧院』 (1948年) 等が先に公開されたが、人気を決定づけたのは 『肉体の悪魔』 であった。
 (左の写真) 『肉体の悪魔』 ミシュリーヌ・プレールと
 
La_Chartreuse_de_Parme
Tous_les_chemins_menent_a_Rome
『パルムの僧院』 ルネ・フォールと
『すべての道はローマへ』 (1949年)  ミシュリーヌ・プレールと

 ・ファウスト伝説をコミカルに描いた 『悪魔の美しさ』 (1950年/監督:ルネ・クレール、オールスター・キャストの 『輪舞』 (1950年/監督:マックス・オフュルス)、『愛人ジュリエット』 (1951年/監督:マルセル・カルネ と、巨匠たちの作品に出演。
 1951年、ベルギー出身のジャーナリスト、アンヌ=マリー=ニコール・フールガードと結婚をした。
  (右の写真) 『悪魔の美しさ』 ニコール・ベナールと
La_beaute_du_diable-2

/Fanfan_la_Tulipe-3
 ・剣劇アクション・コメディ 『花咲ける騎士道』 (1952年) が大ヒット。主人公の名前 「ファンファン」 は、彼の愛称となった。
  (左の写真) 『花咲ける騎士道』 ジーナ・ロロブリジーダ
 詩的リアリズムの黄金時代が過ぎ去り、ヌーヴェルヴァーグが興るまでの間、今一つ精彩を欠いたフランス映画界において、孤軍奮闘とも言える大活躍をした。

Les_Belles_de_nuit
Les_orgueilleux
『夜ごとの美女』 (1952年/監督:ルネ・クレール)
ジーナ・ロロブリジーダと

『狂熱の孤独』 (1953年/監督:イヴ・アレグレ)
ミシェル・モルガン


 ・1953年、第1回フランス映画祭に招かれ、愛妻と共に来日もした。
Monsieur_Ripois-2
Philipe_darrieux
『しのび逢い』 (1954年/監督:ルネ・クレマン
ナターシャ・パリーと

『赤と黒』 (1954年/監督:クロード・オータン=ララ)
ダニエル・ダリュー


 ・デビュー以来、舞台にも立ち続け、演出も手掛けた。そして、映画 『戦いの鐘は高らかに』 (1956年) では、監督、主演、脚本の3役をこなした。
Les_Grandes_manoeuvres
Pot_Bouille
『夜の騎士道』 (1955年/監督:ルネ・クレール)
ミシェル・モルガンと

『奥様ご用心』 (1957年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
ダニエル・ダリューと


 ・画家モジリアーニの伝記映画 『モンパルナスの灯』 (1958年/監督:ジャック・ベッケル は、晩年の代表作となった。
 奇才ルイス・ブニュエル監督の 『熱狂はエル・パオに達す』 (1959年) の撮影中に体調を崩し、1959年36歳で急逝した。
  (右の写真) 『モンパルナスの灯』 アヌーク・エーメ
Les_amants_de_Montparnasse-2

 ・淀川長治さん曰く、「フランス映画界の宝石 」。「フランスだけでなく、映画史上最高のアイドル 」 だった。

Gerard_Philipe-2
Gerard_Philipe-3

HOME