20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Jacques_Becker

ジャック・ベッケル

Jacques Becker

1906-1960 (フランス)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Casque_d'or
 肉体の冠
  Casque d'or
 (1952年/フランス)
Touchez_pas_au_grisbi-3
 現金に手を出すな
 Touchez pas au grisbi
 (1954年/フランス)
Les_amants_de_Montparnasse
 モンパルナスの灯
 Les amants de Montparnasse
 (1958年/フランス)
Le Trou  穴
  Le Trou
   (1960年/フランス)
   
     ◆
 寡作ながらもフランス映画史に名を残す

 ・1906年、パリ生れ。裕福な家庭で、両親の知人だった画家のポール・セザンヌを通じてジャン・ルノワール監督と知り合い、同監督の 『Le bled(1929年) に端役で出演した後、『どん底』 (1936年)『大いなる幻影』 (1937年) といった作品で助監督を務めた。この間、1935年に2本の短編を撮った。

 ・1942年、初の長編 『最後の切り札』 を監督。
Dernier_atout Goupi_Mains_Rouges Falbalas
『最後の切り札』 (1942年)
ミレーユ・バラン と ピエール・ルノワール
『赤い手のグッピー』 (1943年)
フェルナン・ルドウ
『偽れる装い』 (1945年)
レイモン・ルーロー と ミシュリーヌ・プレール

 ・4作目 『幸福の設計』 は第2回カンヌ国際映画祭で心理・恋愛映画賞、5作目 『七月のランデヴー』 はフランスのルイ・デリュック賞を受賞。4作目から6作目は 「パリの下町3部作」 と呼ばれている。
  * 第2回カンヌ国際映画祭はジャンル毎での表彰だった。
Antoine_et_Antoinette Rendez-vous_de_juillet Edouard_et_Caroline
『幸福の設計』 (1947年)
ロジェ・ピゴー と クレール・マッフ
『七月のランデヴー』 (1949年)
ニコール・クールセル  とダニエル・ジェラン
『エドワールとキャロリーヌ』 (1951年)
アンヌ・ヴェルノン と ダニエル・ジェラン

 ・『肉体の冠』 では、19世紀末のパリに実在した娼婦を演じたシモーヌ・シニョレが英アカデミー賞の最優秀外国女優賞を受賞。『現金に手を出すな』 では、ジャン・ギャバンネチア国際映画際の男優賞を受賞。『現金に手を出すな』 は大ヒットし、フレンチ・フィルム・ノワールのブームを巻き起こした。
  * ジャン・ギャバンの男優賞 … 『われら巴里っ子』 (1954年/監督:マルセル・カルネ) との2作の演技が対象
Casque_d'or Rue_de_l'Estrapade Touchez_pas_au_grisbi-2
『肉体の冠』 (1952年)
シモーヌ・シニョレ と ドミニク・ダヴレー
『エストラパード街』 (1953年)
 ダニエル・ジェラン と アンヌ・ヴェルノン
『現金に手を出すな』 (1954年)
ジャンヌ・モロー と ジャン・ギャバン

Ali_Baba_et_les_quarante_voleurs Les_Adventures_d'_Arsene_Lupin
『アラブの盗賊』 (1954年)
フェルナンデル
『怪盗ルパン』 (1957年)
ロベール・ラムール

 ・画家モジリアーニの伝記映画 『モンパルナスの灯』、パリで実際に起きた脱獄事件を描いた 『穴』 と、人気の高い名作を撮り、更なる活躍が期待されていたが、『穴』 が公開される前に亡くなった。
Les_amants_de_Montparnasse-2 Le_Trou-2
『モンパルナスの灯』 (1958年)
ジェラール・フィリップアヌーク・エーメ
『穴』 (1960年)

 ・ほとんどの作品で脚本作りにも携わり、そのためかどうか残した作品は18年間で13作品。寡作ながらもフランス映画史に名を残した。

 ・1960年53歳で他界。
Jacques_Becker-2

HOME