20世紀・シネマ・パ ラダ イス

filmbar
Le_Diable_au_corps

        肉体の悪魔
         Le Diable au Corps
          監督:クロード・オータン=ララ
         (1947年/フランス)
filmbar

  ジェラール・フィリップの人気を決定づけた悲恋映画の傑作

 第一次世界大戦下のフランス。パリ近郊にあるクレベール高校の一部は、負傷兵のための臨時病院となっていた。学生のフランソワは、病 院へ訪ねて来た年上の女性に心を奪われた。彼女の名はマルト看 護婦である母 親の手伝いに来たのだった。
 翌日。登校時にマルトを発見したフランソワは、授業をサボって、 パリへ買物に行く彼女に同行した。

/Le_Diable_au_corps-2 Le_Diable_au_Corps-1-2
 マ ルトには出征中の婚約者がいたが、フランソワは強引に昼食に誘い、買物につき合った。結婚に乗り気でなかったマルトもフラン ソワに惹かれ、帰りの連絡船の上で、2人は口づけを交わした。
 桟橋には、マルトの母親と婚約者が待っていた。マルトと婚約者は新居となるアパートへ向かった。後をつけていたフランソワが窓を見上げると、マルトと婚 約 者が抱き合うシルエットが映っていた…。
Le_Diable_au_Corps-2 Le_Diable_au_Corps-2-2
 フランソワはマルトからの手紙を待ち続けたが、なかなか届かなかった。彼女の母親が目を光 らせていたのだが、フランソワは知る由もない。
 数日後、病院でマルトと再会したフランソワは、彼女が心変わりをしたと言ってなじった。そこへ、マルトの母親が現れ、フランソワは追い出された。マルト は彼を呼び止めようとしたが、母親に制止させられてしまった。

Le_Diable_au_Corps-2-3 Le_Diable_au_Corps-3
Le_Diable_au_Corps-4  自棄になったフランソワは、父親のピストルをポケットに忍び込ませた。その時、父親がマル トからの手紙を持って現 れた。マルトは桟橋で待っているという。
 フランソワは父親に促され、桟橋を見に行くとマルトが待って いた。
 しかし、所詮は叶わぬ恋。フランソワは彼女と会わずに立ち去った…。

  

 ◆
 主な出演者など

Le_Diable_au_Corps-13
 フランソワ役 … ジェラール・フィリップ Gerard Philipe
 マルト役 … ミシュリーヌ・プレール Mochekine Presle
 フランソワの父親役 …ジャン・ドビュクール Jean Debucourt
 マルトの母親役 … デニーズ・グレイ Denise Grey

 ・夭折の天才作家レイモン・ラディケ (1903-1923年) が、16〜18歳の時に執筆した処女作の映画化作品。
 当時24歳のジェラール・フィリップが、繊細な高校生の役を見事に演じて、世界中で人気スターとなった。
  (右の写真) ボート・シーンの撮影現場でのジェラール・フィリップとミシュリーヌ・プレール
Le_Diable_au_Corps-14
 ・マルト役は、実際はジェラール・フィリップと同年生まれのミシュリーヌ・プレールが演じ た。
Le_Diable_au_Corps-15
 フランスの女優の場合、1本の代表作によって日本のファンから愛され続けたケースが多い。 『巴里祭』 (1933年) アナベラ、 『うたかたの恋』 (1936年)ダニエル・ダリュー、『格子なき牢獄』 (1938年)コリンヌ・リュシェール、『ヘッドライト』 (1955年) のフランソワーズ・アルヌール等々。そして、ミシュリーヌ・プレールもまた、『肉体の悪魔』 のマルト役により、日本のファンに愛され続けた。

 ◆ 
ピック・アップ … ミシュリーヌ・プレール

Micheline_Presle
 Micheline Presle  1922-     (フランス)

 ・1922年、パリ生れ。修道院卒業後、『La fessee (1937年) で銀幕デビュー。当時の芸名はミシュリーヌ・ミシェルであった。
 ドイツの巨匠G・W・パブスト監督の 『Jeunes filles en detresse (1939 年) での演技により、有望な新人女優に与えられるシュザンヌ・ビアンケッティ賞を受賞。同作の役名プレールを採り、以後、ミシュリーヌ・プレールの芸名で活動 するようになった。
 ・『肉体の悪魔』 が世界中で大ヒットし、フランスを代表する人気女優の1人となった。
Felicie_Nanteuil
Tous_les_chemins_menent_a_Rome
『呪われた抱擁』 (1944年)
『す べての道はローマへ』 (1949年) ジェラール・フィリップと
Under_My_Skin
American_Guerrilla_in_the_Philippines
『さすらいの涯』 (1950年) ジョン・ガーフィールド
Americam Guerrilla in the Philippines 』  タイ ロン・パワー
 ・1950年にはハリウッドに招かれ、『さすらいの涯』 等に出演。その後も母国フランスを中心に第一線で活躍し続け、そのキャリアは70年以上にも及ぶ。
 2004年にはセザール賞の名誉賞を受賞した。

HOME