20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Francoise_Arnoul

フランソワーズ・アルヌール

Francoise Arnoul

 1931-     (フランス)

 

heartbar

   代表作

French_Cancan
 フレンチ・カンカン
 French Cancan
 (1954年/フランス)
Des_gens_sans_importance-3  ヘッドライト
 Des gens sans 
 importance

  (1956年/フランス)
Sait-on_jamais....  グランド・カナル 大運河
 Sait-on jamais...
 (1957年/仏・伊)
La_Chatte
 女猫
 La Chatte
  (1958年/フランス)

      日本で高い人気を誇ったフランスの女優

 ・1931年、アルジェリア (当時はフランス領) 生れ。父親は軍人で、母親は元舞台女優だった。1945年、軍務でモロッコに駐在する父親を残し、母親と共にパリへ移住した。

 ・母親の知人が運営していた演劇研究所で学んでいたが、彼女の写真を偶然に見たウィリー・ロジェ監督に抜擢され、『漂流者』 (1949年) のヒロインで銀幕デビューを果たした。
 (右の写真) 『漂流者』

L'epave

Le_fruit_defendu
Dortoir_des_grandes
『禁断の木の実』 (1952年/監督:アンリ・ヴェルヌイユ)
フェルナンデルと

『上級生の寝室』 (1953年/監督:アンリ・ドコワン)
ジャン・マレーと

French_Cancan
Les_Amants_du_Tage
『フレンチ・カンカン』 (1954年/監督:ジャン・ルノワール
ジャン・ギャバン

過去を持つ愛情』 (1954年/監督:アンリ・ヴェルヌイユ)
ダニエル・ジェランと


Des_gens_sans_importance
 ・日本において彼女の人気を決定づけた作品が 『ヘッドライト』 (1956年/監督:アンリ・ヴェルヌイユ) 。フランスではそれほど評判にならなかったようであるが、日本では大いに受け、仲代達矢、藤谷美和子主演 『道』 (1986年) としてリメイクもされた。
 (左の写真) 『ヘッドライト』 ジャン・ギャバンと

 ・「週刊文春」 が1989年に実施したアンケート ‟わが青春のアイドル女優” では、オードリー・ヘップバーン (第2位) を抑えて第1位に選出された。
 また、漫画家の石ノ森章太郎の代表作 「サイボーグ009」 のキャラクター003は、フランス人で名前がフランソワーズ・アルヌールという設定になっている。
Francoise_Arnoul-4

La_Chatte-2
Le_Chemin_des_Ecoliers
『女猫』 (1958年/監督:アンリ・ドコワン)
『学生たちの道』 (1959年) アラン・ドロン

 ・1960年代半ば以降はTVを中心に活動。

 ・1995年、自伝 「映画が神話だった時代」 を出版。

Francoise_Arnoul-2
Francoise_Arnoul-3

HOME