20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Fritz Lang

フリッツ・ラング

Fritz Lang

 
1890-1976 (オーストリア)

Megaphonrbar

   代表作

Dr.Mabuse
 ドクトル・マブゼ
 Dr. Mabuse, der Spieler
  
(1922年/ドイツ)
/Die_Nibelungen
 ニーベルンゲン
 Die Nibelungen
  (1924年/ドイツ)
metropolis
 メトロポリス
 Metropolis
  (1927年/ドイツ)
M
 M
 M
 (1931年/ドイツ)
Fury
 激怒
 Fury
 (1936年/アメリカ)
You Only Live Once  暗黒街の弾痕
 You Only Live Once
 (1937年/アメリカ)
Hangman Also Die!  死刑執行人もまた死す
 Hangmen Also DIe!
  (1943年/アメリカ)
The Woman in the Window
 飾窓の女
 The Woman in the Window
 (1944年/アメリカ)

    戦前のドイツ映画界を代表する大監督

 ・1890年、 オーストリアのウィーン生れ。建築家を志して大学に進学したが、絵画など美術方面に興味を抱き、卒業後、4年に及ぶ世 界旅行に出立。日本にも訪れた。パリで絵画を学んでいるときに第一次世界が勃発し、1914年から2年間、オーストリア軍に従軍。戦場で負傷し、療養中に執筆し始めた脚本がドイツで映画化 (1916年〜)され、戦後の18年にベルリンへ移住。映画製作者エリッヒ・ポマーのデクラ社 (後にウーファー社に統合) と契約した。

 ・『Halbblut (1919年) で監督デビュー。
 自ら脚本も書いた冒険映画 『蜘蛛 第1部:黄金の湖』 (1919年) が好評で、翌年に続編 『蜘蛛 第2部:ダイヤの船』 も製作された。
 日本を舞台にした 『Harakiri (1919年) という作品も撮った。
  (右の写真) 『Harakiri 』 のポスター 
Harakiri

Destiny
 ・初期の傑作 『死滅の谷 (死神の谷)』 (1921年)
 ルイス・ブニュエルが映画を撮るきっかけとなった作品の1つであり、アルフレッド・ヒッチコックのお気に入りでもあった作品。
  (左の写真) 『死滅の谷 (死神の谷)』

 ・「大賭博師」、「犯罪地獄」 の2部構成で4時間半の大作 『ドクトル・マブゼ』 (1922年)
 世界各国で大ヒットし、ラング監督の名声を確立した犯罪映画の古典的名作。 
  (右の写真) 『ドクトル・マブゼ』
Dr. Mabuse

 ・『ニーベルンゲン : ジークフリート』 と 『ニーベルンゲン : クリームヒルトの復讐』 (1924年)
 ドイツ・ゲルマン民族の国民的叙事詩を映画化した、2作合わせると約5時間の超大作。ラング監督の名声を不動のものとした。
Die Nibelungen-2 Die_Nibelungen-3
『ニーベルンゲン : ジークフリート』 『ニーベルンゲン : クリームヒルトの復讐』

 ・SF映画の金字塔 『メトロポリス』 (1927年) 。ドイツ映画史上最高額とも言われる巨費を投じた超大作。
Metropolis-3
Metropolis-2
『メトロポロス』
『メトロポリス』 撮影時のラング監督 (一番右)

 ・自身初のトーキー作品 『M』 (1931年)。サイコスリラーの古典的名作で、ラング監督本人のお気に入りの1作。
M-3
M-2
『M』
『M』 撮影時のラング監督(右)とピーター・ローレ

Lang-2  ・『ドクトル・マブゼ』 の続編 『怪人マブゼ博士』 (1933年) は、同年に成立したヒトラー政権により上映禁止となった。
 母親がユダヤ人であったラング監督は、翌34年にフランスへ亡命。
 ・ドイツ時代のラング監督を陰で支えていたのが、脚本家のテア・フォン・ハルボウ。
 『Das wandernde Bild(1920年) で初めてコンビを組み、以後、ドイツ時代のラング監督全作品に携わった。
 1922年にラング監督と結婚。33年に離婚し、ナチスを支持していた彼女はドイツに留まった。 
Tea Von Harbou

 ・フランスで、エリッヒ・ポマー製作のファンタジー映画 『リリオム』 (1934年/主演:シャルル・ボワイエ を監督した後、アメリカへ渡り、市民権を取得。

 ・ハリウッドにおいても、フィルム・ノワールの 『激怒』 (1936年)、『暗黒街の弾痕』 (1937年)、『飾窓の女』 (1944年)、反ナチスのサスペンス 『マン・ハント』 (1941年)、『死刑執行人もまた死す』 (1943年) といった傑作を撮った。
Sylvia Sidney
Joan Bennett
Edward G. Robinson
(写真@)
(写真A)
(写真B)
Lang Dietrich
Lang Stanwyck
Lang_Fontaine-2
(写真C)
(写真D)
(写真E)
  (写真@) 『激怒』 (1936年)、『暗黒街の弾痕』 (1937年)、『真人間』 (1938年) に出演したシルヴィア・シドニー
  (写真A)
『マン・ハント』 (1941年)、『飾窓の女』 (1944年)、『スカーレット・ストリート』 (1945年)、『扉の影の秘密』 (1947年) に
   出演したジョーン・ベネット
  (写真B)
『飾窓の女』、『スカーレット・ストリート』 に出演したエドワード・G・ロビンソン
  (写真C) 『無頼の谷』 (1952年) に出演したマレーネ・ディートリッヒ
  (写真D) 『熱い夜の疼き』 (1952年) に出演したバーバラ・スタンウィック
  (写真E) 『条理ある疑いの彼方に』 (1956年) に出演したジョーン・フォンテイン

 ・1958年、西ドイツへ戻り、『大いなる神秘 : 王城の掟』、『大いなる神秘 : 情炎の砂漠』 (1958年)、『怪人マブゼ博士』 (1960年) の3作を監督。最後の作品となった。

 ・フランスのジャン=リュック・ゴダール監督の要請により、『軽蔑』 (1963年) に本人役で出演。 
 ゴダール監督などヌーヴェルヴァーグの監督たちの中では、ドイツ時代の作品よりもハリウッド時代の作品の方が評価されているとの話もある。
  (右の写真) 『軽蔑』 より
Lang-3

 ・1976年85歳で他界。晩年はアメリカで過ごした。
 
HOME