20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Joan Bennett

ジョーン・ベネット

Joan Bennett

 1910-1990 (アメリカ)


heartbar

   代表作

Little_Women  若草物語
  Little Women
  (1933年/アメリカ)
The_Woman_in_the_Window
 飾窓の女
  The Woman in the Window
  (1944年/アメリカ)
Scarlet_Street  緋色の街/スカーレット・ストリート
  Scarlet Street
  (1945年/アメリカ)
Father_of_the_Bride  花嫁の父
 Father of the Bride
  (1950年/アメリカ)

    イメージチェンジをして息長く活躍した人気女優
 
 ・1910年、ニュージャージー州にて、俳優であった両親の3女として生れた。
 父親のリチャード・ベネット主演の 『The Valley of Decision(1916年) で、6歳年上の長女コンスタンス、4歳年上の次女バーバラと共に銀幕デビュー。
 父親と共演したブロードウェイ・デビュー作 「Jarnegan (1929年) での演技は好評を博した。
  (右の写真) 姉のコンスタンス・ベネット (右) と
Constance

Moby_Dick
Me_And_My_Gal
『海の巨人』 (1930年) ジョン・バリモア
『金髪乱れて』 (1932年) スペンサー・トレイシー

Little_Women-2
 ・大ヒット作 『若草物語』 (1933年/監督:ジョージ・キューカー では、4女のエイミー役を好演したが、私生活では既に2度結婚をしており、1児の母親でもあった。
  (左の写真) 『若草物語』 手前左からフランシス・ディー、ジョーン・ベネット、
   ジーン・パーカー。後ろはキャサリン・ヘップバーン


 ・『貿易風』 (1938年) 出演時から金髪を黒髪に変え、従来のキュートな娘役の女優から、大人の女性を演じる女優へとイメージチェンジに成功。
 当作品の製作者ウォルター・ウェンジャーと、1940年に3度目の結婚をした。 
  (右の写真) 『貿易風』 フレドリック・マーチ
Trade_Winds

 ・『風と共に去りぬ』 (1939年) のスカーレット・オハラ役の最終候補の4人の1人でもあった。

Fritz_Lang
 ・巨匠フリッツ・ラング監督のお気に入りの女優となり、フィルム・ノワール作品 『マン・ハント』 (1941年)、『飾窓の女』 (1944年)、『緋色の街/スカーレット・ストリート』 (1945年)、『扉の陰の秘密』 (1948年) で演じた魔性の女は、彼女のキャリアのハイライトとなった。
  (左の写真) 『飾窓の女』 撮影時。フリッツ・ラング監督と

The_Woman_in_the_Window-2
Scarlet_Street-2
『飾窓の女』 エドワード・G・ロビンソン
緋色の街/スカーレット・ストリート』 エドワード・G・ロビンソンと

 ・『花嫁の父』 (1950年) とその続編 『可愛い配当』 (1951年) では、『若草物語』 (1949年/監督:マーヴィン・ルロイで、彼女と同じエイミー役を演じたエリザベス・テイラーの母親に扮した。
 2人は同じ2月27日生れでもあった。
  (右の写真) 『花嫁の父』 エリザベス・テイラー(左)と
Father_of_the_Bride-2

 ・1951年、夫のウォルター・ウェンジャーが、彼女のエージェントに発砲するというスキャンダルが発生した。
 ウェンジャーとは65年に離婚し、78年に4度目の結婚をした。

 ・劇場用映画への出演は、イタリアのホラー映画 『サスペリア』 (1977年) が最後となった。
 1950年代からTVでも活躍しており、1982年に出演したTVドラマ 「Divorce Wars: A Love Story 」 が遺作となった。

 ・1990年80歳で他界。

Joan_Bennett-2
Joan_Bennett-3

HOME