20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Rene Clement

ルネ・クレマン

Rene Clement

  1913-1996 (フランス)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

La_Battaille_du_Rail
 鉄路の闘い
 La Battaille de Rail
  
(1945年/フランス)
Au-dela_des_grilles  鉄格子の彼方
  Au-dela des grilles
  (1949年/仏・伊)
Jeux_interdits  禁じられた遊び
  Jeux Interdits
  (1952年/フランス)
Gervaise  居酒屋
 Gervaise
 (1956年/フランス)
Plein_Soleil
 太陽がいっぱい
 Plein soleil
 (1960年/仏・伊)
Paris_brule-t-il
 パリは燃えているか
 Paris, brule-t-il ?
 (1966年/仏・米)

    戦後のフランス映画界を代表する巨匠の1人

 ・1913年、ボルドー生れ。子供の頃から映画が好きで、パリの美術学校で建築学を学びつつ、短編映画を自主製作していた。

 ・1934年、カメラマン、助監督として映画界入り。
 ジャック・タチ主演の短編 『乱暴者を求む』 (1934年) で助監督を務めたりした後、同じくジャック・タチ主演の短編 『左側に気をつけろ』 (1936年) で監督デビュー。その後、数本の短編映画を撮った。
  (右の写真) 『左側に気をつけろ』 ジャック・タチ (右)
Soigne_ton_gauche

 ・第二次世界大戦後、軍事活動委員会からの要請で、初の長編 『鉄路の闘い』 (1945年) を監督。
La_Battaille_du_Rail-2
 占領下のフランスで、ナチスの軍用列車の走行を妨害するフランス鉄道従業員組合の活動を、プロの俳優でなく、実際にレジスタンス活動に従事した人々を起用し、セミ・ドキュメンタリータッチで描いた作品。
 第1回カンヌ国際映画祭で、国際審査員特別賞と監督賞を受賞し、クレマン監督の出世作となった。 
  (左の写真) 『鉄路の闘い』

Au-dela_des_grilles-2 Jeux_interdits-2
『鉄格子の彼方』 ジャン・ギャバンとイザ・ミランダ 『禁じられた遊び』 ブリジット・フォッセーとジョルジュ・プージュリー

 ・『鉄格子の彼方』 (1949年) で、再びカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞。同作品は、米アカデミー賞の名誉賞 (現在の外国語映画賞) も受賞した。
 そして、世界各国で賞賛された詩情豊かな反戦映画の名作 『禁じられた遊び』 (1952年) は、ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞、米アカデミー賞の名誉賞等を受賞。
 ルネ・クレマン監督は、フランス映画界を代表する名監督としての地位を不動のものとした。  
  (右の写真) 『禁じられた遊び』 主演のブリジット・フォッセーと
Brigitte_Fossey

Monsieur_Ripois
Gervaise-2
『しのび逢い』 ジェラール・フィリップ
『居酒屋』 マリア・シェル

Maria_Schell
 ・エミール・ゾラの小説を映画化した 『居酒屋』 (1956年) は、我が国においても、キネマ旬報社のベスト・テンで、28名の選考委員全員が選出し、第2位の 『必死の逃亡者』 (監督:ウィリアム・ワイラーに大差をつけて第1位になるなど、高い評価を得た。
  (左の写真) 『居酒屋』 撮影時。マリア・シェルと

Plein_Soleil-2
Les_Felins
『太陽がいっぱい』 アラン・ドロンとマリー・ラフォレ
『危険がいっぱい』 撮影時。左からアラン・ドロン、
ジェーン・フォンダ、ルネ・クレマン監督

 ・サスペンス映画の名作 『太陽がいっぱい』 (1960年) を撮り、同作で一躍人気スターとなったアラン・ドロンとは、『生きる歓び』 (1961年)、『危険がいっぱい』 (1964年) でも組んだ。

 ・アメリカの 『史上最大の作戦』 (1962年) に対抗したとも言われている、豪華キャストによる大作 『パリは燃えているか』 (1966年) を監督。
 その後も、チャールズ・ブロンソン主演の 『雨の訪問者』 (1970年) 等の娯楽作品を撮り、『危険なめぐり逢い』 (1975年) を最後に引退。
  (右の写真) 『パリは燃えているか』 撮影時。左からジャン=ポール・ベルモンド
   ルネ・クレマン監督、アラン・ドロン

Paris_brule-t-il-2

 ・1983年、セザール賞の名誉賞を受賞。

 ・1984年、日本映画 『ヨーロッパ特急』 (主演:武田鉄矢) に出演。

 ・1996年82歳で他界。

HOME