20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Louis Jouvet

ルイ・ジューベ

Louis Jouvet

   
1887-1951(フランス)


starbar

     代表作
 
La_Kermesse_Heroique
 女だけの都
 La Kermesse Heroique
 (1935年/フランス)
Les_Bas-fonds
 どん底
 Les Bas-fonds
 (1936年/フランス)
/Un_carnet_de_bal
 舞踏会の手帖
  Un carnet de bal
 (1937年/フランス)
Hotel_du_Nord
  北ホテル
 Hotel du Nord
 
(1938年/フランス)
La_fin_du_jour  旅路の果て
 La fin du jour
  (1939年/フランス)
Quai_des_Orfevres  犯罪河岸
 Quai des Orfevres
 (1947年/フランス)

    フランス映画黄金期を代表する名優

 ・1887年、フランスのフィニステール県生まれ。パリ薬科大学に入学し、薬剤師の資格を取得したが、在学中から演劇に興味を抱き、プロの役者となった。

 ・主に舞台俳優として活躍したが、財政的な問題もあり、45歳の時に 『Topaz(1933年) で映画に初出演。
 以後、ジャック・フェデー監督『女だけの都』 (1935年)ジャン・ルノワール監督の 『どん底』 (1936年)、『ラ・マルセイエーズ』 (1938年)ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の 『舞踏会の手帖』 (1937年)、『旅路の果て』、『幻の馬車』 (1939年)マルセル・マルネ監督の 『北ホテル』 (1938年)アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の 『犯罪河岸』 (1947年)など、名監督たちの名作に出演した。
Les_Bas-fonds-2
La_fin_du_jour
『どん底』 ジャン・ギャバン(左)と
『旅路の果て』 右から2人目がルイジューベ

 ・舞台では、演出家としても活躍。フランス政府からレジオンドヌール勲章を授けられた。
 また、晩年に活動していた劇場は、「アテネ・ルイ・ジューベ劇場」 と彼の名前が冠せられている。

 ・1951年63歳で他界。本人は映画よりも舞台を愛していたようで、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督は、「映画が好きでなかった彼を、映画は尊敬した 」 と追悼した。

Louis Jouvet-2
Louis Jouvet-3

HOME