20世紀・シネマ・パ ラダ イス

filmbar
Brief Encounter

        天井桟敷の人々
         Les enfants du Paradis
         監督:マル セル・カルネ
        (1945年/フランス)
filmbar

  フランス映画の金字塔

  《 第1部 犯罪大通り 》

 19世紀のパリ。劇場などが建ち並ぶ犯罪大通り (通称) は、大勢の人々で賑わっていた。
 見世物小屋の女芸人ガランスは、スリの容疑を受けたが、一部始終を目撃していたパントマイム 芸人バチストのおかげで無罪放免となった。

Children_of_Paradise-1
Children_of_Paradise-2
  女たらしの俳優フレデリックが、役を求めて無言劇団フュナンビュル座の舞台裏に入り込んだ時、 舞台上で喧嘩が始まり、幕が一旦下ろされた。フレデリックは、役を放棄した俳優の代役にありつき、出番の無かったバチストも、舞台出演の時を得た。
 座長の娘で女優のナタリーはバチストを愛していたが、彼はガランスに一目惚れしていた。
Children_of_Paradise-3
Children_of_Paradise-4

 バチストは、宿無しのフレデリックに、馴染みの下宿を紹介してやった。その後、夜の街を徘 徊していたバチストは、盲人を装って物乞いをしている絹糸という老人と出会い、彼の行きつけの 酒場に誘われた。

Children_of_Paradise-5
Children_of_Paradise-6
 大衆酒場 「赤い咽喉」 には、街の至る所に出没している古着屋のジェリコも顔を出した。
 暫らくすると、ガランスがラスネールに引率されて来た。ラスネールは、表向きは代筆業を営ん でいるが、裏ではあらゆる悪事を働いている男だ。ガランスがスリの容疑を受けた時の真犯人も彼であり、「赤い咽喉」 の前店主を殺したのも彼だと噂されていた。
Children_of_Paradise-7
Children_of_Paradise-8

 バチストがガランスをダンスに誘い出すと、ラスネールの子分が喧嘩を売ってきた。バチスト は一蹴りで相手を撃退し、ガランスと店を出た。

Children_of_Paradise-9
Children_of_Paradise-10
 バチストは、住み込みの職場を辞めたというガランスに下宿を紹介した。彼は愛を告白した が、初めての恋に臆病でもあった。ガランスは15歳で天涯孤独となって以来、自由気ままに生きてきた女だ。バチストが去った後、彼女は部屋へ訪ねて来たフ レデリックを迎い入れた…。
Children_of_Paradise-11
Children_of_Paradise-12

 フュ ナンビュル座は、バチスト自作自演の舞台が連日超満員の大盛況であった。
 バチストの口添えで、ガランスも同一座で働くようになっていた。バチストは、 ガランスとフレデリックの仲を感じていたが、ナタリーから彼等の関係を聞かされると、それを認めようとはしなかった。

Les_enfants_du_Paradis
Children_of_Paradise-14
 公演後のガランスの楽屋。フレデリックがガランスを弄っていた。「寝言で バチスト と言っていた…」。
 その時、舞台を観て、ガランスを見初めたモントレー伯爵が訪ねて 来た。伯爵は結婚を申し込んだが、ガランスは断った。
Children_of_Paradise-15
Children_of_Paradise-16

 伯爵と入れ替わりでバチストが現れ、思いのたけをぶちまけた。ガランスがそれに応えようと した時、ナタリーが現れ、バチストと結ばれるのは自分だと訴えた。

Children_of_Paradise-17
Children_of_Paradise-18
 ラスネールが下宿で殺人未遂をおこし、ガランスは共犯の容疑を受けた。警察に連行されそう になったガランスは、刑事にモントレー伯爵の名刺を差し出した…。
Children_of_Paradise-19
Children_of_Paradise-20


  

youtube
 『天井桟敷の人々』 予告編

  主な出演者など

 ・バチスト役 …  ジャン=ルイ・バロー
 ・フレデリック役 … ピエール・ブラッスール
 ・ナタリー役 … マリア・カザレス
 ・ガランス役 …  アルレッティ
 ・ラスネール役 … マルセル・エラン
 ・ジェリコ役 … ピエール・ルノワール
Jean-Louis_Barrault Arletty Pierre_Brasseur Marcel_Herrand Maria_Casares Pierre_Renoir

 ・フランスがナチス・ドイツに占領され、多くの映画人がアメリカに亡命する中、国内に留 まった人たちが3年近くの歳月をかけて完成させた超大作。
 マルセル・カルネ監督は、「フランス映画人の心意気 」 と語り、世間からは、作品の製作そのものがレジスタンス活動だと賞賛された。
  (右の写真) 撮影中のマルセル・カルネ監督 (手前の右から2番目)
Marcel_Carne

Children_of_Paradise-38
 ・脚本はシャンソンの名曲 「枯葉」 の作詞家としても名高いジャック・プレヴェール。カルネ監督とは多くの作品で組んだ名コンビであった。
 当作品からは、「愛し合う者同士にはパリも狭い 」、「恋なんて簡単よ (どちらもガランスの台詞) といった名台詞が生まれた。
  (左の写真) ジャン=ルイ・バローとアルレッティ

 ・ジャン=ルイ・バローが、パントマイム芸人でピエロのキャラクターを創造した実在の人物 ジャン=ガスパール・ドビュロー (1796-1846年) のことを、カルネ監督に話したことが 映画製作のきっかけであったという。
 尚、フレデリックとラスネールも実在した人物をモデルにしている。
  (右の写真) 撮影中のカルネ監督とジャン=ルイ・バロー
Carne_&_Barrault

Children_of_Paradise-39
 ・バチストの父親役を演じたエチエンヌ・ドュクルーは、当時のフランスでパントマイムの第 一人者であり、ジャン=ルイ・バローのパントマイムの師匠でもあった。
  (左の写真) ジャン=ルイ・バローとエチエンヌ・ドュクルー

 ・1979年、フランス映画芸術アカデミーにより、歴代映画ベストワンに選出された。
 日本でも、キネマ旬報社が1980年に選定した 「外国映画史上ベストテン」 で、第1位になるなど、フランス映画の金字塔的作品。
  (右の写真) 天井桟敷の人々
Children_of_Paradise-40

  ピック・アップ … ジャン=ルイ・バロー、アルレッティ

Jean-Louis_Barrault-2
 Jean-Louis Barrault   1910-1984  (フランス)

 ・1931年、舞台俳優としてデビューし、『みどりの園』 (1935年) で銀幕デビュー。マルセ ル・カルネ監督のデビュー作 『ジェニイの家』 (1936年) にも出演し、同監督との3作目 『天井桟敷の人々』 のバチスト役は一世一代のハマリ役となった。
 『美しき青春』 (1936年) で共演したマドレーヌ・ルノーと40年に結婚し、46年に夫妻で 「ルノー・バロー劇団」 を結成。演出もこなし、フランス演劇界の一翼を担った。 
 オールスター・キャスト映画の 『輪舞』 (1950年) 等に出演。ハリウッドの大作 『史上最大の作戦』 (1962年) には、妻のマドレーヌ・ルノー、アルレッティと共に出演した。
Helene Children_of_Paradise-41
『美しき青春』   マドレーヌ・ルノーと 『天井桟敷の人々』   アルレッティと

Arletty-2
 Arletty   1898-1992  (フランス)

 ・1919年に舞台でデビュー。銀幕デビューはトーキー後の1930年だった。
 マルセル・カルネ監督作品の常連であり、『北ホテル』 (1938年)、『陽は昇る』 (1939年)、『悪魔が夜来る』 (1942年)、『天井桟敷の 人々』 (1945年) 、『われら巴里っ子』 (1954年) に 出演。40代になってから人気スターとなり、『天井桟敷の人々』 公開時は47歳。ジャン=ルイ・バローよりも12歳年上であった。
 戦後も映画、舞台で息長く活躍した。
Les_Visiteurs_du_Soir
Children_of_Paradise-42
『悪魔が夜来る』   アラン・キュニーと
『天井桟敷の人々』   ジャン=ルイ・バローと

HOME