20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Riso_amaro

     にがい米
     Riso Amaro
     監督:ジュゼッペ・デ・サンティス
     (1949年/イタリア)
filmbar

 
 多くの ニュー・フェイスを輩出した戦後イタリアの大ヒット作

 5月初旬。田植えに向かう季節労働者たちで溢れるトリノの駅。宝石泥棒のウォルターは、恋人のフランチェスカに 盗品を手渡し逃亡した。ヴェルチェッリ行きの出稼ぎ専用車に乗ったフランチェスカは、乗り合わせたシルヴァー ナに誘われ農場へ向かった。

Riso_amaro-1
Riso_amaro-2
 農場の宿舎に到着した。フランチェスカは宝石を盗まれた挙句、雇用契約を交わしていない者 は帰れと言われてしまった。盗人はシルヴァーナだ。彼女は、刑事に追われるウォルターとフランチェスカが一緒のところを目撃していたのだった…。
Riso_amaro-3
Riso_amaro-4


  

youtube
 『にがい米』 予告編動画


  主な出演者など 

Riso_amaro-19-2
シルヴァーナ役 … シルヴァーナ・マンガーノ Silvana Mangano
ウォルター役 … ヴィットリオ・ガスマン Vittorio Gassman
フランチェスカ役 … ドリス・ダウリング Doris Dowling
マルコ役 … ラフ・ヴァローネ Raf Vallone

 ・『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 (1943年/監督:ルキノ・ヴィスコンティ) の脚本・助監督、ドキュメンタリー映画 『栄光の日々』 (1945年) の共同監督等を経て、『荒野の抱擁』 (1947年) で監督デビュー をしたジュゼッペ・デ・サンティスの2作目。本作で米アカデミー賞の原案賞にノミネートもされた。
 サンティス監督はその後、シルヴァーナ・マンガーノ主演の 『人間と狼』 (1956年)、ラフ・ヴァ ローネ主演の 『女の部屋』 (1960年) 等を撮った。
Riso_amaro-20

Riso_amaro-21
 ・公開当時、話題を独占したのがシルヴァーナ・マンガーノ。ほとんど無名の新人だった が、サンティス監督に抜擢されヒロインに。圧倒的な肉体美から、日本では ‟原爆女優” と呼ばれた。
 本作の製作総指揮者ディノ・デ・ラウレンティスと結婚し、イタリアを代表する女優の1人となった。

 ・ヴィットリオ・ガスマン、ラフ・ヴァローネの2人も、本作の成功を足掛かりに大スターへ の階段を駆け上がって行った。
 また、『失われた週末』 (1945年/監督:ビリー・ ワイルダー 等に出演していたが、更なる活躍の場を求めてイタリアへ渡ったアメリカ人のドリス・ダウリングにとっても代表作となった。
Riso_amaro-22

Riso_amaro-23
Riso_amaro-24

    ピック・アップ … ヴィットリオ・ガスマン

Vittorio_Gassman
 Vittorio Gassman  1922-2000年  (イタリア)

 ・1942年に舞台俳優としてデビューし、45年に銀幕デビュー。『にがい米』 (1949年) が大ヒットし、人気スターとなった。同作のシルヴァーナ・マンガーノとは 『アンナ』 (1951年)、 『マンボ』 (1954年) 等、9作品で共演をした。
 
 ・ハリウッドにも進出し、『ラプソディ-』 (1954 年) 等に出演。 生涯で3度結婚したが、2人目の妻 (1952〜54年) は、ハリウッド女優のシェリー・ウィン ター スだった。
Riso_amaro-25
/Rhapsody
『にがい米』 シルヴァーナ・マンガーノと
『ラプソディー』 (1954年) エリザベス・テーラーと
La_donna_piu_bella_del_mondo
War_and_Peace
『美女の中の美女』 (1955年) ジーナ・ロロブリジータと
『戦争と平和』 (1956年) オードリー・ヘップバーンと
 ・『女の香』 (1974年) で、カ ン ヌ国際映画祭の男優賞を受賞。1996年、ヴェネツィア国際映画祭の栄誉金獅子賞を受賞。
 
 ・2000年77歳で他界。

HOME