20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Anthony_Quinn

アンソニー・クイン

Anthony Quinn

 
1915-2001 (メキシコ/アメリカ)

 

starbar

     代表作
 
Viva_Zapata
 革命児サパタ
 Viva Zapata !
 (1952年/アメリカ)
La_Strada
 
 La Strade
   (1954年/イタリア)
Lust_for_Life
 炎の人ゴッホ
 Lust for Life
 (1956年/アメリカ)
The_Guns_of_Navarone
 ナバロンの要塞
  The Guns of Navarone
 (1961年/アメリカ)
Lawrence_of_Arabia
 アラビアのロレンス
 Lawrence of Arabia
 (1962年/イギリス)
Zorba_the_Greek
 その男ゾルバ
  Zorba the Greek
 (1964年/イギリス・ギリシャ・
  アメリカ)

 

     国際的に活躍したメキシコ人俳優

 ・1915年、メキシコ生れ。幼い頃に家族でアメリカへ移住。9歳の時に父親を交通事故で亡くし、靴みがきなどをして家計を助けた。

 ・1936年に銀幕デビュー。インディアン、ハワイの酋長、スペインの闘牛士、中国のゲリラ、アラブの首長、等々、強面の便利屋俳優として数多くの作品に出演した。 (右の写真) 『平原児』 (1936年) ゲーリー・クーパー(左)と
The_Plainsman

A_Streetcar_Named_Desire
 ・ブロードウェイの舞台劇 「欲望という名の電車」 (1947年〜)で、主演男優マーロン・ブランドのアンダースタディ (控え) を務め、ブランドが怪我で降板した時には代役として本番の舞台にも出演。舞台監督のエリア・カザンに認められたことが大きな転機となった。
 1947年、アメリカの市民権を取得。 
 (左の写真) 舞台 「欲望という名の電車」 ジェシカ・タンディと

 ・メキシコ革命で活躍した革命家エミリアーノ・サパタの半生を描いた 『革命児サパタ』 (1952年/監督:エリア・カザン) で、マーロン・ブランド扮する主人公の兄を演じてアカデミー賞の助演男優賞を受賞。メキシコ人で初のオスカー俳優となった。授賞式では、当時の妻キャサリン (セシル・B・デミル監督の養女)が代理人としてオスカー像を受け取った。
 (右の写真) 『革命児サパタ』 マーロン・ブランド(右)と
Viva_Zapata-2

La_Strada-2
 ・イタリアで 『道』 (1954年/監督:フェデリコ・フェリーニ に出演。世界中で大ヒットし、国際的なスターに。彼の主演作で最も人気の高い作品となった。
 (左の写真) 『道』 ジュリエッタ・マシーナと

 ・『炎の人ゴッホ』 (1956年/監督:ヴィンセント・ミネリで、画家のポール・ゴーギャンを演じて2度目のアカデミー賞助演男優賞を受賞。
 若い頃から趣味で絵を描いており、その腕前はプロ並みでだった。
 (右の写真) 『炎の人ゴッホ』 カーク・ダグラス(左) と
Lust_for_Life-2

Anthony_Quinn_Oscar
  (左の写真)自身2個目のオスカー像を手にするアンソニー・クイン

 ・『野生の息吹き』 (1957年/監督:ジョージ・キューカー、『その男ゾルバ』 (1964年) では、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

Wild_Is_the_Wind
The_Guns_of_Navarone
『野生の息吹き』 アンナ・マニャーニ
『ナバロンの要塞』 (1961年) グレゴリー・ペック(左)と
Lawrence_of_Arabia-2
Zorba_the_Greek-2
『アラビアのロレンス』 (1962年/監督:デヴィッド・リーン
ピーター・オトゥール(左)と

『その男ゾルバ』
アラン・ベイツ(右)と


 ・1987年、ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞を受賞。

 ・最晩年まで第一線で活躍。ケビン・コスナー主演の 『リベンジ』 (1990年)、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の 『ラスト・アクション・ヒーロー』 (1993年) といったヒット作品に出演。遺作となったシルベスター・スタローン主演の 『ザ・ボディガード』 (2002年) は没後に公開された。
 (右の写真) 『ザ・ボディガード』

Avenging_Angelo

 ・2001年86歳で他界。

Anthony_Quinn-2
Anthony_Quinn-3

HOME