20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Anna_Magnani

アンナ・マニャーニ

Anna Magnani

 1908-1973 (イタリア)


heartbar

   代表作

Roma_citta_aperta  無防備都市
  Roma, citta aperta
  (1945年/イタリア)
Bellissima  ベリッシマ
  Bellissima
  (1951年/イタリア)
Le_carrosse_d'or  黄金の馬車
  Le carrosse d'or
  (1952年/仏・伊)
The_Rose_Tattoo  バラの刺青
 The Rose Tattoo
  (1955年/アメリカ)
Wild_Is_the_Wind
 野生の息吹き
 Wild Is the Wind
  (1957年/アメリカ)
Roma
 フェリーニのローマ
 Roma
  (1972年/イタリア)

    イタリアの国民的大女優

 ・1908年、ローマ生れ。生後間もなく、母親が彼女を残してエジプトへ渡ったため、祖母に育てられた。
 ナイトクラブの歌手などをして生活費を稼ぎながら、ローマの演劇アカデミーで学び、舞台デビュー。『ソレントの盲女』 (1934年) で銀幕デビューをした。
  (右の写真) 『ソレントの盲女』
La_cieca_di_Sorrento

 ・私生活では、35年に映画監督のゴッフレード・アレッサンドリーと結婚。法的には50年まで夫婦であったが、実質的な夫婦関係は数年で破綻。42年に息子 (私生児) を授かったが、父親は当時交際していた俳優。

Roma,_citta_aperta L'amore
『無防備都市』 (1945年)
『アモーレ』 (1948年) フェデリコ・フェリーニ

Rossellini
 ・イタリア・ネオレアリズモ映画の幕開けを告げる記念碑的作品 『無防備都市』 が出世作となった。監督のロベルト・ロッセリーニとは、『アモーレ』 で再び組み、私生活でも親密な関係になったが、予定されていた 『ストロンボリ/神の地』 (1950年) の主演がイングリッド・バーグマンに変更され、ロッセリーニはバーグマンと結ばれた。
  (左の写真) ロベルト・ロッセリーニと

 ・『ベリッシマ』 (1951年/監督:ルキノ・ヴィスコンティ、『黄金の馬車』 (1952年/監督:ジャン・ルノワール、『われら女性』 (1953年/監督:ルキノ・ヴィスコンティ) と、巨匠たちの作品に出演。
 アンナの演技に惚れこんだ劇作家のテネシー・ウィリアムズが、彼女の為に書いたとされる 『バラの刺青』 (1955年/監督:ダニエル・マン) でアメリカに進出。彼女は英語に自信がなく、舞台は辞退したが、映画で主演し、イタリアの俳優として初めてオスカーを獲得した。
 アカデミー賞を受賞できるとは思っておらず、授賞式を欠席していた彼女は、受賞を知らせる電話の相手に、「冗談だったら、あんたを殺すよ ! 」 と語ったとのエピソードが伝わっている。
 名実ともに、イタリアを代表する大女優となった。
  (右の写真) オスカー像を手にするアンナ・マニャーニ
Anna_Magnani_Oscar

The_Fugitive_Kind
 ・ベルリン国際映画祭女優賞を受賞した 『野生の息吹き』 (1957年/米/監督:ジョージ・キューカー、『蛇皮の服を着た男』 (1959年/米/監督:シドニー・ルメット、『マンマ・ローマ』 (1962年/伊/監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ)、『サンタ・ビットリアの秘密』 (1969年/米/監督:スタンリー・クレイマー 等、アメリカ、イタリアで名匠たちの作品に出演。
  (左の写真) 『蛇皮の服を着た男』 マーロン・ブランド

 ・本人役で出演した 『フェリーニのローマ』 (1972年/監督:フェデリコ・フェリーニ) が遺作となった。

 ・1973年65歳で他界。

Anna_Magnani-2
Anna_Magnani-3

HOME