20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Stanley_Kramer

スタンリー・クレイマー

Stanley Kramer

1913-2001 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作 (監督作品)

The_Defiant_Ones
 手錠のまゝの脱獄
 The Defiant Ones
  (1958年/アメリカ)
On_the_Beach
 渚にて
  On the Beach
 (1959年/アメリカ)
Inherit_the_Wind
 風の遺産
 Inherit the Wind
 (1960年/アメリカ)
Judgment_at_Nuremberg  ニュールンベルグ裁判
  Judgement at Nuremberg
   (1961年/アメリカ)
Ship_of_Fools
 愚か者の船
  Ship of Fools
   (1965年/アメリカ)
Guess_Who's_Coming_to_Dinner.
 招かれざる客
 Guess Who's Coming to
  Dinner
   (1967年/アメリカ)

    製作業から監督業にも進出

 ・1913年、ニューヨーク州生れ。幼い頃に両親が離婚し、パラマウント社のニューヨーク・オフィスで働いていた母親と祖父母に育てられた。
 ニューヨーク大学在学中から、インターン生として20世紀FOX社の脚本部で働き始め、大学卒業後、MGM社やコロンビア社で編集や製作の仕事に携わり、第二次世界大戦中は軍の教育用映画の製作に携わった。

 製作者時代
 ・1948年、映画製作会社を設立。2作目の 『チャンピオン』 (1949年/監督:マーク・ロブソン) で成功を収め、以後、自社単独、若しくはコロンビア社とタイアップし、1954年までに20作近くを製作。『真昼の決闘』 (1952年/監督:フレッド・ジンネマン、『ケイン号の叛乱』 (1954年/監督:エドワード・ドミトリク) の2作はアカデミー賞作品賞にノミネートされた。
 (右の写真) 『乱暴者』(1953年) 撮影時。ジョスリン・ブランド、マーロン・ブランド(右)と
The_Wild_One

 製作兼監督時代
Not_As_A_Stranger
 ・ロバート・ミッチャムオリヴィア・デ・ハヴィランド主演 『見知らぬ人でなく』 (1955年) から監督業にも進出。監督として成功し、製作も兼ねるようになった人は多いが、その逆は稀なケース。特異なキャリアを積むこととなった。
 (左の写真) 『見知らぬ人でなく』 撮影時。左から、スタンリー・クレイマー、
  オリヴィア・デ・ハヴィランド、フランク・シナトラ、ロバート・ミッチャム

 ・監督3作目 『手錠のまゝの脱獄』 (1958年) は、アカデミー賞作品賞、監督賞など8部門でノミネートされ、撮影賞、脚本賞を受賞。監督としての手腕も一流であることを証した。
 (右の写真) 『手錠のまゝの脱獄』 撮影時。左から、シドニー・ポワチエトニー・カーティス
  クレイマー監督
The_Defiant_Ones-2

On_the_Beach
 ・社会的な問題を題材とした娯楽作品で、多くの傑作を残した。
 人種差別を題材とした 『手錠のまゝの脱獄』 の次は、核戦争を題材とした 『渚にて』 (1959年) を製作・監督。
 (左の写真) 『渚にて』 撮影時。左から、フレッド・アステアエヴァ・ガードナー
  グレゴリー・ペック、クレイマー監督


 ・『風の遺産』 (1960年) は、進化論と創造論が争われた 「モンキー裁判」 を題材とした作品で、南部の一部の州では上映禁止となった。
 『渚にて』 ではフレッド・アステア、『風の遺産』 ではジーン・ケリー。ミュージカルの2大スターを非ミュージカル作品で起用し、キャスティングでも映画ファンを楽しませた。
 (右の写真) 『風の遺産』 フレドリック・マーチ(左) とスペンサー・トレイシー
Inherit_the_Wind
 * 「モンキー裁判」 … 1925年、テネシー州で実際にあった裁判。公立学校の教師が、州の法律で禁じられていたダーウィンの進化論を
  授業で教えたため検挙され、裁判で進化論とキリスト教の創造論が争われた。


Judgement_at_Nuremberg
 ・オールスター・キャストによる力作 『ニュールンベルグ裁判』 (1961年) は、アカデミー賞の作品賞、監督賞など10部門でノミネートされ、主演男優賞 (マクシミリアン・シェル)、脚色賞を受賞した。
 (左の写真) 『ニュールンベルグ裁判』 撮影時。手前左から、クレイマー監督、
  ジュディ・ガーランド、スペンサー・トレイシー、リチャード・ウィドマーク
  マクシミリアン・シェル。後はバート・ランカスター

 ・1961年度のアカデミー賞で、アービング・G・タルバーグ賞を受賞。
 製作した作品の中、6作品が作品賞にノミーネートされ、監督賞には3度ノミネートされたが、オスカー像を手にすることは出来なかった。
 (右の写真) アカデミー賞授賞式にて。
  主演男優賞を受賞したマクシミリアン・シェル(右)と

Stanley_Kramer-2

Ship_of_Fools
 ・オールスター・キャストによるコメディ 『おかしなおかしなおかしな世界』 (1963年) を撮った後、メキシコからドイツへ向かう客船内の人間模様を描いた 『愚か者の船』 (1965年) を製作・監督。アカデミー賞の作品賞など8部門でノミネートされ、撮影賞、美術賞 (白黒部門) の2部門で受賞。ヴィヴィアン・リーの最後の映画。
 (左の写真) 『愚か者の船』 撮影時。ヴィヴィアン・リー(左)、シモーヌ・シニョレ(右)と

 ・人種差別を題材にした 『招かれざる客』 (1967年) は、アカデミー賞の作品賞、監督賞など10部門でノミネートされ、主演女優賞 (キャサリン・ヘップバーン、脚本賞を受賞。クレイマー監督が最も敬愛していた俳優スペンサー・トレイシーの遺作となった。
 (右の写真) 『招かれざる客』 撮影時。右から時計回りに、クレイマー監督、
 キャサリン・ホートン、キャサリン・ヘップバーン、スペンサー・トレイシー、シドニー・ポワチエ
Guess_Who's_Coming_to_Dinner

 ・その後、『サンタ・ビットリアの秘密』 (1969年)、『オクラホマ巨人』 (1973年)、『ドミノ・ターゲット』 (1977年) 等を製作・監督。『The Runner Stumbles (1979年) を最後に映画界から引退した。

Stanley_Kramer-3
 ・1980年から1996年まで、シアトル・タイムス紙で映画のコラムを執筆し、97年には自伝を出版した。

 ・2001年87歳で他界。
 
 ・2002年、全米製作者組合が 「スタンリー・クレイマー賞」 を創設し、『アイ・アム・サム』 (2001年) が受賞。以後毎年、社会的な問題を題材とした優れた作品が表彰されている。

HOME