20世紀・シネマ・パラダ イス

Megaphonebar
David Lean

デヴィッ ド・リーン

David Lean

  1908-1991 (イギリス)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Brief_Encounter
 逢 びき
 Brief Encounter
  
(1945年/イギリス)
Great_Expectations  大いなる遺産
  Great Expectations
  (1946年/イギリス)
Summertime-2
 旅情
  Summertime
  (1955年/英・米)
The_Bridge_on_the_River_Kwai  戦場にかける橋
 The Bridge on the River Kwai
 (1957年/英・米)
Lawrence_of_Arabia
 アラビアのロレンス
 Lawrence of Arabia
 (1962年/イギリス)
Doctor_Zhivago
 ドクトル・ジバゴ
 Doctor Zhivago
 (1965年/米・伊)
Ryan's_Daughter  ライアンの娘
 Ryan's Daughter
 (1970年/イギリス)
A_Passage_to_India
 インドへの道
 A Passage to India
 (1984年/英・米)

    イギリス映画界を代表する巨匠

 ・1908年、サリー州生れ。高校卒業後、公認会計士だった父親の会計事務 所で働きだしたが性に合わず、20歳の時にゴーモン・ブリティッシュ社に入社。監督助手などを経て、1930年から12年間、編集者として働いた。主な作 品には、ローレンス・オリビエ主演の 『お気に召すまま』 (1936年)レスリー・ハワード主演の 『ピグマリオン』 (1938年) 等がある。

 ・ノエル・カワードがイギリス情報省からの要請で製作、脚本、監督、主演した戦意高揚映画 『軍旗の下に』 (1942年) の戦闘シーンを監督。カワードとの共同監督として映画監督デビューを果たした。
  (右の写真) 『軍旗の下に』 撮影時のデヴィッド・リーン(左)とノエル・カワード(右)
In_Which_We_Serve

Noel_Coward ノエル・ カワード (1899-1973年)。
 俳優、作家、演出家として、主に第二次世界大戦前に活躍。
 『軍旗の下に』 で、米アカデミー賞の特別賞を受賞。
 1970年に叙勲され、サーの称号を得た。

 ・リーン監督は、『軍旗の下に』 の製作補アンソニー・ハヴロック=アラン、撮影監督ロナルド・ニームと共同で、映画製作会社 「シネギルド・プロダクション」 を設立。

Anthony_Havelock-Allan アンソニー・ハヴロッ ク=アラン (1904-2003年)。
 映画製作者。主な作品には、『ロミオとジュリエット』(1968年)、『ライアンの娘』 (1970年)等がある。
 1975年に
叙勲され、サーの称号を得た。

Ronald_Neame ロナル ド・ニーム (1911-2010年)。
 撮影監督として活躍後、映画監督に転身。映画監督としての代表作には、『ポセイドン・アドベンチャー』 (1972年)等がある。

 ・『幸福なる種族』 (1944年)、『陽 気な幽霊』 (1945年)、『逢び き』 (1945年) と、3作続けてノエル・カワードの戯曲を映画化。3作ともリーン、ハヴロック=アラン、ニームの3人で脚色した。
This_Happy_Breed Blithe_Spirit Brief_Encounter-2
『幸福なる種族』
ロバート・ニュートンとセリア・ジョンソン
『陽気な幽霊』
 レックス・ハリソンとコンスタンス・カミングス
『逢びき』
 トレヴァー・ハワードとセリア・ジョンソン
Brief_Encounter-3
 ・『陽気な幽霊』 は、米アカデミー賞の特殊効果賞を受賞。
 『逢びき』 は、カンヌ国際映画祭で大賞 (パルムドール) を受賞。米アカデミー賞の監督賞、脚色賞、主演女優賞 (セ リア・ジョンソン)の3部門でノミネートもされ、リーン監督は一流監督としての地位を確立した。
  (左の写真) 『逢びき』 撮影時。セリア・ジョンソン(左)、トレヴァー・ハワード(右)と

 ・イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの小説を2作続けて映画化。『大いなる遺 産』 (1946年) と 『オリヴァ・ツイスト』 (1948 年)。『大いなる遺産』 は、米アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚色賞など5部門でノミネートされ、撮影賞(白 黒部門)、美術賞(白黒部門)の2部門で受賞した。
Great_Expectations-2 Oliver_Twist
『大いなる遺産』 撮影時。主演のジョン・ミルズ(右)と 『オリヴァ・ツイスト』 撮影時。主演のジョン・ハワード・デイヴィスと

 ・H・G・ウェルズの小説を映画化した『情熱の友』 (1949年)、19世紀のスコットランドで、恋人を砒素で毒殺したとされる実在のブルジョワ娘マデリーン・スミスを描いた 『マデリーン 愛の旅路』 (1950年) の2作品を、当時の妻アン・トッド主演で撮った後、「シネギルド・プロダクション」 での活動に終止符を打った。 (右 の写真) 『マデリーン 愛の旅路』 撮影時。アン・トッドと 
  * リーン監督は生涯で6度結婚をしており、アン・トッドは3番目の妻。
Ann_Todd

The_Sound_Barrier
 ・ロンドン・フィルム社で、『超音ジェット機』 (1952年) を製作・監督。
 米アカデミー賞の録音賞を受賞し、英アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞 (ラルフ・リチャードソン) を受賞した。
  (左の写真) 『超音ジェット機』 アン・トッドとナイジェル・パトリック

 ・コメディの秀作 『ホブスンの婿選び』 (1954 年) を製作・監督。
 第4回ベルリン国際映画祭で、黒澤明監督の 『生きる』 等を押しのけ、金熊賞を受賞。英アカデミー賞の英国作品賞も受賞した。
 (右の写真) 『ホブスンの婿選び』 撮影時。チャー ルズ・ロートン(左)、ジョン・ミルズ(右)と
Hobson's_Choice

Summertime-2
 ・ブロードウェイのヒット作 「かっこう鳥の頃」 を映画化した 『旅情』 (1955年)は、リーン監督本人のお気に入りの作品となった。
 米アカデミー賞の監督賞、主演女優賞 (キャ サリン・ヘップバーン の2部門でノミネート。オスカーは逃したが、ニューヨーク映画批評家協会賞の監督賞を受賞した。
  (左の写真) 『旅情』 撮影時。キャサリン・ヘップバーンと

 ・独立系の名プロデューサー、サム・スピーゲル製作の大作 『戦場にかける橋』 (1957年) では、日・英・米の軍人気質の違い、戦争の狂気を見事に描いた。
 その年の全米で最大のヒット作、インフレ調整後の興行成績では歴代第80位 (2015年現在) となる大ヒット作品となった。
  (右の写真) 『戦場にかける橋』 撮影時。早川 雪洲(右)と
The_Bridge_on_the_River_Kwai-2
David_Lean_Oscar
 米アカデミー賞では8部門でノミネートされ、作品賞、監督賞、主演男優賞 (アレック・ギネス)、脚色賞、撮影賞、作曲賞、編集賞の7部門で受賞。
 唯一、助演男優賞候補であった早川雪洲が受賞を逃したことは、日本人としては残念。
  (左の写真) オスカー像を手にするリーン監督。隣はソフィア・ローレン

 ・サム・スピーゲルと再び組んだ 『アラビアのロレンス』 (1962年) では、砂漠の英雄と謳われたT・E・ロレンスの栄光と苦 悩、挫折を壮大なスケールで見事に描き、映画史上に燦然と輝く名作に仕立て上げ、興行面でも 『戦場にかける橋』 を上回る大ヒット作品とした。
  * インフレ調整後の興行成績では歴代第72位 (2015年現在)
  (右の写真) 製作者のサム・スピーゲル(左)と
Sam_Spiegel
Lawrence_of_Arabia-2
 米アカデミー賞では10部門でノミネートされ、作品賞、監督賞、撮影賞(カラー部門)、美術賞(カラー部門)、音響賞、編集賞、作曲賞の 7部門で受賞。
  (左の写真) 『アラビアのロレンス』 撮影時。
   ピーター・オトゥール(中央)、オマー・シャリフ(右)と


youtube
 アカデミー賞監督賞の受賞シーン。プレゼンターはジョーン・クロフォード


 ・ジョージ・スティーヴン ス監督の 『偉大な生涯の物語』 (1965年) の数シーンを監督。

 ・ロシアの作家ボリス・パステルナークの小説を映画化した 『ドクトル・ジバゴ』 (1965年) を監督。前作程の高評価を得ることは出来なかったが、インフレ調整後の興行成績では歴代第8位 (2015年現在) となる記録的な大ヒットとなった。米アカデミー賞では作品賞、監督賞など10部門でノミネートされ、脚色賞、撮影賞、美術賞、作曲賞、衣装デザイン賞の5部門で受賞した。
  (右の写真) 『ドクトル・ジバゴ』 撮影時。オマー・シャリフ(左)と
Doctor_Zhivago-3

Ryan's_Daughter-2
 ・『アラビアのロレンス』、『ドクトル・ジバゴ』 の脚本家ロバート・ボルトが書き下ろしたオリジナル・ストーリー 『ライアンの娘』 (1970年) を監督。かつての 「シネギルド・プロダクション」 の朋友アンソニー・ハヴロック=アランが製作。
 アカデミー賞では、主演女優賞 (サラ・マイルズ) など4部門でノミネートされ、
助演男優賞 (ジョン・ミルズ)、撮影賞の2部門で受賞した。
  (左の写真) 『ライアンの娘』撮影時。ロバート・ミッチャム(左)、サラ・マイルズと

 ・『ライアンの娘』 は期待していた程には興行成績が上がらず、また、当時のアメリカで最も影響力のあった 「ザ・ニューヨーカー」 誌の映画批評家ポーリン・ケイルなどから酷評され、リーン監督は新作を撮る気を失くしたと言われている。
 
 ・1973年、CBE勲章を授けられる。

 ・1970年代後半、リーン監督とロバート・ボルトは、何度か映画化されている戦艦バウンティ号の反乱を題材とした新作に着手したが、79年にボルトが 脳卒中で倒れこともあり、製作を断念した。
  * ボルトの脚本は、メル・ギブソン主演 『バウンティ / 愛と反乱の航海』 (1984年/監督:ロジャー・ドナルドソン) として映画化された。

 ・E・M・フォースターの小説を自ら脚色した 『インドへの道』 (1984年) を監督。『ライアンの娘』 から実に14年ぶりの作品。米アカデミー賞では、作品賞、監督賞など11部門でノミネートされ、助演女優賞 (ペギー・アシュクロフト)、作曲賞の2部門で受賞。ニューヨーク映画批評家協会賞では作品賞と監督賞を受賞。御 年76歳の巨匠デヴィッド・リーン健在なり、を示した。
  (右の写真) 『インドへの道』 撮影時。
A_Passage_to_India-2

 ・1984年、KBE勲章を授けられ、サーの称号を得る。

 ・AFI (アメリカ映画協会) の生涯功労賞を受賞。イギリス人ではアルフレッ ド・ヒッチコック監督に次いで2人目。

Steven_Spielberg
 ・リーン監督を師と仰ぐスティーブン・スピルバーグ監督の製作で、『太陽の帝国』 (1987年) を監督する構想もあったが、同作はスピルバーグが監督した。リーン監督はその後、ジョセフ・コンラッドの小説 「ノストローモ」 の映画化に着手。マーロン・ブランド、ピーター・オトゥール、クリストファー・ランバードなどがキャストされたが、病に倒れ、帰らぬ人となった。1991年、享年83歳
  (左の写真) スティーブン・スピルバーグ(右)と

 ・1999年、英国映画協会が発表した 「20世紀の英国映画ベスト100」 では、以下の7作品がランク入り。
 『逢びき』 (第2位)、『アラビアのロレンス』 (第3位)、『大いなる遺産』 (第5位)、『戦場にかける橋』 (第11位)、『ドクトル・ジバゴ』 (第27位)、『オリヴァ・ツイスト』 (第46位)、『軍旗の下に』 (第92位)。
 正に、イギリス映画界を代表する巨匠であった。
  (右の写真) 『アラビアのロレンス』 で、自身2個目のオスカー像を手にするリーン監督
David_Lean_Oscar-2

HOME