20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Shane

     シェーン
     Shane
     監督:ジョージ・スティーヴンス
     (1953年/アメリカ)
filmbar

 
 日本で人 気NO.1の西部劇

 1890年。ワイオミングの荒原に流れてきたガンマンシェーンが、入植農民ジョー・スターレットの家に立ち寄った。
 * 入植農民 … 未開発地で5年以上農業を営むと土地が与えられるとするホームステッド法(1862年制定) により入植した農民。
Shane
Shane-1
 暫らくすると、ジョーと土地の権利を巡って対立している牧畜業者ライカーの一味がやって来て、いつものように立ち退きを要求して去っていった。シェーンをライカーの仲間 だと勘違いしていたジョーは、その非礼を詫び、夕食に招待した。ジョーは妻のマリアンと息子のジョーイと3人暮らし。シェーンは食事のお礼に庭の開墾を手伝った。
Shane-2
Shane
 シェーンは人手を欲しているジョーの使用人となり、町へ買物に出かけた。ライカーの手下のクリスが喧嘩を売ってきたが、ジョーから忠告されていたシェーンはこらえて引き下がった。
 ジョーの家に限らず、この地の入植農民たちはライカーに嫌がらせを受けていた。農民たちはジョーの家に集まり対策を話し合ったが、シェーンは臆病者だと 町で評判になっているとのことだった。
   ジョーイ 「シェーンは臆病者じゃないよね
   マリアン 「シェーンをあまり好きにならないで…。いつか出ていく人よ…。別れがつらくなるわ…
Shane-3
Shane-4
Shane-5
 農民たちは皆で集まって町へ買物に出かけた。シェーンは臆病者の汚名を晴らすためクリスに 喧嘩を売って、彼を殴り倒した。ライカーの手下たちがシェーンを取り囲んだが、ジョーが加勢し、2人はライカーの一味を叩きのめした。
 シェーンはジョーイ 少年のヒーローとなった。そして、マリアンもシェーンに仄かな想いを抱き始めていた…。
Shane-6
Shane-7
Shane-8

  

youtube
 『シェーン』 予告編



  主な出演者など

Shane-28
 シェーン役 … アラン・ラッド Alan Ladd
 マリアン役 … ジーン・アーサー Jean Arthur
 ジョー役 … ヴァン・ヘフリン Van Heflin
 ジョーイ役 … ブランドン・ デ・ワイルド Brandon De Wilde
 ウィルソン役 … ジャック・パ ランス Jack Palance

 ・原作は、1949年に出版されたジャック・シェーファーの同タイトルの小説。
 ジョンソン群戦争(1892年)に着想を得て執筆されたと言われている。
 映画化が決まった時、シェーファーがシェーン役に相応しいと思った俳優はジョージ・ラフトだった。
  (右の写真) アラン・ラッド
Shane-30

Shane-31  ・スティーヴンス監督は、シェーン役にモンゴメリー・クリフト、ジョー役にウィリアム・ホールデンを希望したがキャスティング出来 ず、パラマウント社が提示した俳優のリストを見て、アラン・ラッドとヴァン・ヘフリンに即決したという。
 マリアン役のジーン・アーサーは、5年ぶり、1作限りの銀幕復帰となった。
  (左の写真) ジーン・アーサー

 ・開拓初期で学校もなく、遊び相手もいないジョーイ少年と、孤独な流れ者シェーンの交 流。シェーンとマリアン、ジョーの三角関係。ホーム・ドラマとしても優れた作品であることから、女性の観客からも高く支持され大ヒットした。
 日本で最も 人気がある西部劇と言って間違いない。
 (右の写真) アラン・ラッドとブランドン・デ・ワイルド。
  シェーンがジョーイ少年に銃の腕前を披露するシーンは119回も撮り直した。
Shane-32

Shane-33  ・西部劇ファンの間では、アラン・ラッドの早撃ちが話題になった。映画史上最速の早撃ち は、『シェーン』 のアラン・ラッド、若しくは、『平原児』 (1936年) ゲーリー・クーパーだと言われていた。ちなみに、『平原児』 でヒロインを演じたのもジーン・アーサーだった。
  (左の写真) アラン・ラッド

 ・「シェーン、カムバック!」 。あまりにも有名な映画史に残る名ラスト・シーン。シェーンが死んでいるという説がある。映画 『交渉人』 (1998年) でも、主人公の2人がシェーンの生死を議論しているが、致命傷を負わせたのはウィルソンか? ライカー兄弟か? それとも、そもそも致命傷など負っていないのか? こんな論争が起こるのも人気作品ならでは。

Shane-34

Shane-35  ・アカデミー賞では、作品賞、監督賞、助演男優賞 (ブランドン・デ・ワイルド、ジャック・パランス)、脚色賞、撮影賞でノミネートされたが、受賞は撮影賞 (カラー部門) のみに留まった。

 ・AFI (アメリカ映画協会) が、1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 で第69位、2003年に選定した 「ヒーロー&悪役ベスト100」 で、シェーンがヒーローの第16位、2005年に選定した 「名セリフベスト」 で ‟シェーン、カムバック” が第47位、2006年に選定した 「勇気の感動のアメリカ映画ベスト100」 で第53位、2008年に選定した 「ジャンル別ベスト10・西部劇」 で第3位にランクイン。 Shane-36

< 主題曲 : 「遥かなる山の呼び声」 >

Shane-51
Shane-52
Shane-53

Shane-54
Shane-55
Shane-56

  ピック・アップ … ヴァン・ヘフリン

Van_Heflin  Van Heflin  1908-1971  (アメリカ)

 ・1908年、オクラホマ州生れ。(1910年生れとする文献もある)

 ・1928年、ブロードウェイでデビューし、1936年、キャサリン・ヘップバーン主演の 『女性の反逆』 で銀幕デビューを果たした。キャサリン・ヘップバーンとは舞台 「フィラデルフィア物語」 (1939年〜) で も共演。映画版ではジェームズ・ステュアートが演じた役を務めた。

 ・ロバート・テイラー主 演の 『Johnny Eager(1941年) で、アカデミー賞助演男優賞を受賞。
 (右の写真) アカデミー賞授賞式にて。左から、ヴァン・ヘフリン、グリア・ガースン
  ジェームズ・キャグニーテレサ・ライト。当時、ヘフリンは陸軍航空隊 に入隊していた。

 
ジーン・ケリー主演の 『三銃士』 (1948 年)ジェニファー・ジョーンズ主演
Van_Heflin_Oscar
の 『ボヴァリー夫人』 (1949年) 等 に出演。『シェーン』 (1953年) で共演したアラン・ラッドとは親友となり、ラッドが亡くなった 時には、珍しく取り乱したという。
Johnny_Eager.
Shane-37
Johnny Eager 』 ロバート・テイラー(右)と
『シェーン』
 ・オールスター・キャストの 『大空港』 (1970 年) が最後に出演した劇場用映画となった。

 ・1971年、プールで泳いでいる時に心臓発作を起こし、意識不明のまま6週間後に他界。享年62歳。
 
HOME