20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Jack_Palance

ジャック・パランス

Jack Palance

 
1919-2006 (アメリカ)

 

starbar

     代表作
 
Shane
 シェーン
 Shane
 (1953年/アメリカ)
Le_Mepris
 軽蔑
 Le Mepris
 (1963年/仏・伊)
Out_of_Rosenheim
 バグダッド・カフェ
 Out of Rosenheim
 (1987年/西ドイツ)
City_Slickers
 シティ・スリッカーズ
 City Slickers
 (1991年/アメリカ)
 

     強面の個性派俳優として息長く活躍

 ・1919年、ペンシルベニア州生れ。ウクライナからの移民だった父親と炭坑で働いていたが、20歳の頃にヘビー級のプロボクサーに転身。‟ ジャック・ブラッゾ ”のリング・ネームで、15戦12勝の成績を収めた。

 ・第2次世界大戦が勃発し、陸軍航空隊に入隊。飛行訓練中、顔に火傷を負い、整形手術を施された
  (整形手術の件は、映画会社の作り話だとも言われている)
 
除隊後、スタンフォード大学でジャーナリズムを学び、スポーツ記者となったが、やがて俳優を志すようになった。

 ・ブロードウェイ劇 「The Big Two(1947年) のロシア兵役でデビュー。次いで、「欲望という名の電車』 (1947年)マーロン・ブランドの代役を務めた。
  ブランドの楽屋でサンドバッグを打ちあっている時に、パランスのパンチが誤ってブランドの顔面にヒットし、鼻を骨折させた、という伝説がある。

 ・舞台 「欲望という名の電車」 の演出を務めたエリア・カザンの監督作品で、リチャード・ウィドマーク主演の 『暗黒の恐怖』 (1950年) で銀幕デビュー。
 エリア・カザンとは、『革命児サパタ』 (1952年) に出演させるという約束を反故にされた (アンソニー・クインが代わりに出演) ため、絶縁したとか。
 (右の写真) 『暗黒の恐怖』

Panic_in_the_Streets

Sudden_Fear
 ・3作目、ジョーン・クロフォード主演のフィルム・ノワール作品 『突然の恐怖』 (1952年) で、アカデミー賞助演男優賞に初ノミネート。
 (左の写真) 『突然の恐怖』 ジョーン・クロフォードと

 ・『シェーン』 (1953年) で強烈な印象を残し、2年連続でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。
 演じた2挺拳銃の殺し屋は、銃を抜く時以外は動作がスローテンポで、何とも不敵。馬に乗ってもゆっくり…、と言うのも、パランスは乗馬の経験が無く、何とか乗れるようになったばかりだった。
 バイオレンス映画の巨匠サム・ペキンパー曰く、「パランスがエリシャ・クック・Jr.(農民役) を撃ち殺すシーンから、西部劇が暴力に傾斜し始めた 」。
 (右の写真) 『シェーン』
Shane-2

Attack
 ・人気俳優となり、フィルム・ノワール作品 『俺が犯人 (ホシ) だ!』 (1955年)、戦争映画 『攻撃』 (1956年)、西部劇 『ロンリー・マン』 (1957年) といった作品で主役を務めた。
 (左の写真) 『攻撃』

 ・1960年代、活動の場を欧州にも拡げ、史劇 『バラバ』 (1961年/イタリア)ジャン=リュック・ゴダール監督の 『軽蔑』 (1963年/仏・伊) 等にも出演した。
 (右の写真) 『軽蔑』 ブリジット・バルドー
Le_Mepris

Monte_Walsh
 ・1970年代以降、作品に恵まれず、長い低迷期間中に数多くのB級作品に出演した。
 (左の写真) 『モンテ・ウォルシュ』 (1970年) リー・マーヴィン(右)と
  『シェーン』 の原作者ジャック・シェーファーの小説の映画化作品。西部開拓時代の末期、
  時代の波に押し流され、哀れな末路を辿るカウボーイを演じた。

 ・西ドイツ映画 『バグダッド・カフェ』 (1987年) に出演。日本ではミニシアターで公開され、異例の大ヒットとなった。
 『シェーン』 の頃からのファンは懐かしく感じただろうが、この作品でジャック・パランスを初めて見たという映画ファンも多いのかも知れない。
 (右の写真) 『バグダッド・カフェ』
Out_of_Rosenheim-2

City_Slickers-2
 ・コメディ映画 『シティ・スリッカーズ』 (1991年) で老カウボーイ役を演じ、アカデミー賞助演男優賞を受賞。『シェーン』 で2度目の候補となってから、38年が経っていた。
 アカデミー賞授賞式では、まだまだ若い者には負けないぞ、とばかりに片手腕立て伏せを披露し、会場を大いに沸かせた。
 (左の写真) 『シティ・スリッカーズ』

youtube
 アカデミー賞授賞式。プレゼンター:ウーピー・ゴールドバーグ。ジャック・パランス当時73歳。


 ・2度結婚し、最初の妻との間で授かった3人の子供も俳優となった。長女のホリーは、オカルト映画 『オーメン』 (1976年) 等に出演。次女のブルックは、エリザベス・テイラーの長男と結婚。長男のコーディーは、『ヤングガン』 (1988年) 等で父親と共演したが、1998年、父親より先に亡くなった。

 ・映画は年に数本、上質な作品しか観ず、自分の出演した作品は大半がクズなので、滅多に自分の作品を観なかった、と語っている。
 若い頃から絵画や詩作を趣味としており、詩集を出版したこともあった。
 (右の写真) アカデミー賞授賞式にて。

 ・2006年87歳で他界。
Jack_Palance_Oscar

Jack_Palance-2
Jack_Palance-3

HOME