20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Katharine Hepburn-2

キャサリ ン・ヘップバーン

Katharine Hepburn

1907-2003 (アメリカ)


heartbar

< 2ページ目 >
   
 ・第2次世界大戦後、ハリウッドに‟赤狩り”の嵐が吹き荒れる直前、キャサリンは自由主義者たちの集会に参加し、「私たち の自由を更に価値あるものにするために闘う」とスピーチ。その為、共産主義者との疑いをかけられ、出演作の上映を拒否する映画館もあった。
 (右の写真)ハリウッドの「言論の自由会」のメンバーでもあった。
 左から、ハンフリー・ボガート、キャサリン、ローレン・バコール
 スペ ンサー・トレイシー
1947

State of the Union Adam's Rib
『愛の立候補宣言』(1948年/監督:フランク・キャプラ
スペンサー・トレイシーと

『アダム氏とマダム』(1949年/監督:ジョージ・キューカー
スペンサー・トレイシーと

  ・1950年、数年ぶりに古巣のブロードウェイで、シェイクスピア劇 「お気に召すまま」に出演。

The African Queen  ・自身初のカラー作品『アフリカの女王』(1951 年/監督:ジョン・ヒューストンで、9年ぶり5度目のアカデミー賞 主演女優賞候補に。
 (左の写真)『アフリカの女王』ハンフリー・ボガートと

 ・スペンサー・トレイシーとの共演7作目『パットとマイク』(1952年/監督:ジョージ・キューカー)は、本人のお気に入りの1作。
 撮影後、MGM社との契約を更新せず、舞台に出演。そして、2年間の休暇を取得した。
 (右の写真)『パットとマイク』 スペンサー・トレイシーと
Pat_and_Mike

Summertime-2
 ・3年ぶりの映画『旅情』(1955年/監督:デヴィッド・リーンで、アカデミー賞主演女優賞にノミネート(6度目)
 ベネチアの運河に落ちるシーンを撮影した際に、目を感染症に冒された。
 (左の写真)『旅情』 ロッサノ・ブラッツィと

 ・1955年、オーストラリアでシェークスピア劇に出演。 

 ・『雨を降らす男』(1956年)で、2年連続7度目のオスカー候補に。
 (右の写真)『雨を降らす男』 バート・ランカスター
The_Rainmaker

Suddenly Last Summer  ・『去年の夏 突然に』(1959年/監督:ジョセフ・L・マンキーウィッツでは、共演のエリザ ベス・テイラーと2人揃ってアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた(8度目)
 (左の写真) 『去年の夏 突然に』
 モンゴ メリー・クリフト、エリザベス・テイラー(右)と

 ・『夜への長い旅路』(1962年/監督:シド ニー・ルメットで、9度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
 同作でカンヌ国際映画祭の主演女優賞を受賞した。
 (右の写真)『夜への長い旅路』 ディーン・ス トックウェル
Long_Day's_Journey_Into_Night

 ・1963年、スペンサー・トレイシーが病に倒れ、キャサリンは以後5年間、看病に専念し た。

Guess_Who's_Coming_to_Dinner-2
 ・『招かれざる客』(1967年/監督:スタンリー・クレイマーで、5年ぶりに銀幕復帰。スペンサーとのコンビで最大のヒット作となった。
 スペンサーは病の体をおしての出演だったが、撮影終了後、作品が公開される前に帰らぬ人となった。
 アカデミー賞では2人揃って主演賞の候補となり、キャサリンは2度目の栄冠を手にした。
 (左の写真)『招かれざる客』 スペンサー・トレイシーと

 ・スペンサーの最期を看取ったのはキャサリンだったが、彼の妻に配慮して葬儀には出席しな かった。

 ・引退の噂も出たが、『冬のライオン』(1968 年)で見事な演技を披露し、2年連続で、史上初となる3度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞した。
 * 『ファニー・ガール』のバーブラ・ストライサンドとのダブル受賞だった。
 (右の写真)『冬のライオン』 ピーター・オトゥール
 
The Lion in Winter-4

 ・1969年、ブロードウェイで、ファッション・デザイナーのココ・シャネルの伝記ミュー ジカル「Coco」に出演。ある日の公演で、カメラのシャッターに怒り、演技を中止するという騒動もあった。

Academy 1974
 ・1974年、アカデミー賞授賞式に、『アダム氏とマダム』、『パットとマイク』等の製作者ローレンス・ワインガーデンへのアービング・G・タルバーグ賞のプレゼンターとして登場。
 公の場を嫌い、オスカー候補となっても決して会場に姿を現さず、「欠席」がお約束となっていたキャサリンが登場したのは、後にも先にもこの年だけ。
 (左の写真)アカデミー賞授賞式で。ローレンス・ワインガーデンと

 ・1970年代からはTVでも活躍。ジョージ・キューカー監督のTV映画「Love Among the Ruins(1975年)、「The Corn is Green(1979年)などに出演。
 (右の写真)「Love Among the Ruins」撮影時
 共演のローレンス・オリビエ(左)、ジョージ・キューカー 監督と

Love Among the Ruins

Rooster Cogburn
 ・『オレゴン魂』(1975年)で、ジョン・ウェインと初共演。2人は同じ1907年の5月生まれ。キャサリンが12日、デューク が26日生れ。
 キャサリンの西部劇は、スペンサーと共演した『大草原』(1947年/監督:エリア・カザン以来だった。
 (左の写真)『オレゴン魂』 ジョン・ウェインと

 ・『黄昏』(1981年)で、ヘンリー・フォンダと初共演。
 ヘンリー・フォンダ(当時76歳)が、史上最高齢でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、キャサリン(当時74歳)は12回目のノミネートで、自らの最多受賞記録を更新する4度目の主演女優賞を受賞した。尚、授賞式は恒例のご欠席。
 (右の写真)『黄昏』 ヘンリー・フォンダと
On Golden Pond-5

 ・1981年、ブロードウェイで「The West Side Waltz」 に出演。最後の舞台となった。

Love Affair  ・1987年、『「アフリカの女王」とわたし』を出版。

 ・1991年、「Me - キャサリン・ヘップバーン自伝」を出版。大ベスト・セラーに。

 (左の写真)最後の劇場用映画『めぐり逢い』(1994年)
 製作・主演のウォーレン・ベイティ

 ・1999年、AFI(アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」で、女優部門の第1位に選出。

 ・私生活では、当時としては珍しくスカートをはかずにパンツ・ルックで通 していたことも有名。年を重ねる毎にチャーミングになっていったのは人間性の現れか?

 ・本国アメリカでは、「自立した現代女性」の先駆者、シンボル的存在として、女優という枠を飛び越えた絶大な人気と尊敬を集めていた。

 ・2003年96歳で他界。
 (右の写真)遺作となったTV映画『One Christmas』(1994年)
One Christmas


youtube
  アカデミー賞授賞式(2004年)での 追悼コーナーの動画。紹介者はジュリア・ロバーツ



Katharine Hepburn-3
Katharine Hepburn-4

< キャサリン・ヘップバーン写真館 >

< 前ページ >

HOME