20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Rita_Hayworth

リタ・ヘイ ワース

Rita Hayworth

 1918-1987 (アメリカ)


heartbar

   代表作

Blood_and_Sand  血と砂
  Blood and Sand
  (1941年/アメリカ)
You'll_Never_Get_Rich  踊る結婚式
  You'll Never Get Rich
  (1941年/アメリカ)
Gilda-5
 ギルダ
 Gilda
 (1946年/アメリカ)
The_Lady_from_Shanghai
 上海から来た女
 The Lady from Shanghai
 (1947年/アメリカ)

    1940年代のセックス・シンボル

 ・1918年、ニューヨーク生れ。本名は Margarita Carmen Cansino 。父親はスペイン生れのダンサー、母親も歌劇団 「ジーグフェルド・フォーリーズ」 のダンサーだった。
 3歳の時から父親にダンスを習い、8歳の時に短編映画 『La Fiesta (1926年) にも出演した。
 12歳の時に父親とダンス・コンビ 「Dancing Cansinos 」 を結成し、メキシコのナイト・クラブなどで活動。エキストラではあるが、メキシコ映画 『Cruz Diablo (1934年)、ドロレス・デル・リオ主演の 『カリアンテ』 (1935年 /ワーナーブラザーズ社) に出演した。
  
(右の写真) リタ・ヘイワースと父親
Rita_Hayworth-4
 ・FOX社にスカウトされ、『コブラ・タンゴ』 (1935年) に端役で出演。本格的に女優デビューをしたが、彼女も出演したスペンサー・トレイシー主演の 『ダンテの地獄篇』 (1935年) を最後にFOX社が20世紀社と合併。
Dante's_Inferno  主役で企画されていた 『ラモナ』 (1936年)ロレッタ・ヤングに取っ て代わられ、バーバラ・スタンウィックの妹を演じた 『ガルシアの伝令』 (1936年) の出演シーンは試写会後にカットされた。全て、合併後に副社長に就任したダリル・F・ザナックの意向であった。
 (左の写真) 『ダンテの地獄編』 出演時。
 ・20世紀FOX社からお払い箱にされた後、弱小会社のB級西部劇などに出演していたが、 37年にコロンビア社と契約を締結した。

 ・1937年、実業家のエドワード・C・ジャドソンと結婚。
 芸名をリタ・キャンシーノからリタ・ヘイワースに改め、コロンビア社社長ハリー・コーンの助 言で、髪を赤毛にした。 
  (右の写真) 最初の夫エドワード・C・ジャドソンと
Edward_C._Judson

Only_Angels_Have_Wings
 ・低予算作品への出演が続き、なかなか芽が出なかったが、ケーリー・グラントジーン・アー サー主演の大作 『コンドル』 (1939年/監督:ハ ワード・ホークスに出演し、漸く注目を集めた。ハリー・コーンが、リタを起用するように圧力をかけたとされている。
  (左の写真) 『コンドル』 ケーリー・グラントと

 ・ワーナー・ブラザーズ社に貸し出されて出演した 『いちごブロンド』 (1941年/監督:ラオール・ウォルシュ、古 巣の20世紀FOX社に貸し出されて出演した 『血と砂』 (1941年/監督:ルーベン・マムーリアン が大ヒット。ワーナー社は彼女の契約を買い取ると申し出たが、ハリー・コーンは拒否した。
The_Strawberry_Blonde-2
Blood_and_Sand-2
『いちごブロンド』 オリヴィア・デ・ハヴィランド (左)、
ジェームズ・キャグニー
自身初のカラー作品 『血と砂』
タイロン・パワー

 ・当時のコロンビア社は、名匠フ ランク・キャプラの奮闘で一流のスタジオと見なされるようになっていたが、自社のスターと言えばジーン・アーサー位であった。同社はリタをスター とするため、フレッド・アステアを招き、彼女の主演としては初の高予算作品 『踊る結婚式』 (1941年) を製作。ダンスに関しては厳しいアステアも賞賛した見事な踊りを披露 (歌声は吹替え) し、スターの地位を確立した。 (右の写真) 『踊る結婚式』 フレッド・アステアと
You'll_Never_Get_Rich-2

 ・再び20世紀FOX社に貸し出されて、『My Gal Sal 』、 『運命の饗宴』 (1942年/監督:ジュリアン・ デュヴィヴィエに出演した後、自社でアステアとの再共演作 『晴れて今宵は』 (1942 年) に出演。
 リタ・ヘイワース曰く、「フレッド・アステアと共演した映画は人生の宝物 」。
Tales_of_Manhattan
You_Were_Never_Lovelier
『運命の饗宴』 シャルル・ボワイエ 『晴れて今宵は』 フレッ ド・アステアと

Rita_Hayworth_LIFE-2
 ・第二次世界大戦中、米軍兵士たちの間で、ベティ・グレイブルに次いで人気の高いピンナップ・ガールであった。
 40年代に4度 「LIFE 」 誌 の表紙を飾ったが、特に41年8月に出版された同誌の写真は人気が高かったという。
 (左の写真) 「LIFE」 誌のリタ・ヘイワース
 ・1942年、エドワード・C・ジャドソンと離婚。
 ・1943年、オーソン・ウェ ルズが戦意高揚の為に、軍に協力して興行した 「マーキュリー劇団ワンダー・ショー」 (軍人は入場無料だった) に出演。
  (右の写真) 「マーキュリー劇団ワンダー・ショー」 出演時。
   オーソン・ウェルズ(右)と
The_Mercury_Wonder_Show
Hayworth_&_Wells
 同ショーの興行期間中にウェルズと再婚し、翌44年に長女を出産。彼女のお気に入りであっ たウォルター・スコットの小説 「黒騎士 アイヴァンホー」 のヒロイン名を採って、レベッカと名付けた。
  (左の写真) 娘とオーソン・ウェルズと

 ・ミュージカル 『カバーガール』 (1944年)、 『今宵よ永遠に』 (1945年) に出演後、フィルム・ノワール 『ギルダ』 (1946年) に出演。大ヒットとなり、彼女はセックス・シンボルと謳われるようになった。
Cover_Gir
/Gilda-2
『カバーガール』 ジーン・ケリー
『ギルダ』  グレン・フォードと

youtube-logo
 『ギルダ』 より。Put the Blame on Mame


 ・1946年、アメリカがビキニ環礁で核実験を行った際の原子爆弾の1つは 「ギルダ」 とのニックネームが付けられ、彼女の写真が貼られていた。(右の写真)
 
この事を知ったリタは非常に憤慨し、抗議の記者会見を開こうとしたが、ハリー・コーンに制止させられたという。
Gilda-3
Gilda-4
 ・『ギルダ』 のリタは、イタリアの名作映画 『自転車泥棒』 (1948年) に も登場。
 主人公が自転車を盗難される時に壁に貼っていたのは、黒いドレスを着たリタ・ヘイワースのポスターだった。
  (左の写真) 『自転車泥棒』 リタ・ヘイワースのポスターのシーン

 ・オーソン・ウェルズが監督・主演した 『上海から来た女』 (1947年) には、トレードマークであった赤毛のロングをブロンドのショートにして出演。
 撮影時、夫婦は既に別居していたが、48年に離婚した。
  (右の写真) 『上海から来た女』 オーソン・ウェルズと
The_Lady_from_Shanghai-2

 ・カンヌでパキスタンのアリ・カーン王子と出会い、49年に結婚。王妃となり、引退し、女 の子を授かった。
Prince_Aly_Khan
 彼はプレイボーイとして有名で、ジーン・ティアニーとの交際が発覚するなどして、53年 に離婚した。
 * ジーン・ティアニー … 『天国は待ってくれる』 (1943年)、
  『ローラ殺人事件』 (1944年) 等に出演。

  (左の写真) 3人目の夫アリ・カーンと

 ・グレン・フォードとの再共演作 『醜聞殺人事件』 (1952 年) で、4年ぶりに銀幕復帰。映画は大ヒットし、彼女の人気が衰えていないことを証した。
 その後、『情炎の女サロメ』、サマセット・モームの小説 「雨」 の3度目の映画化作品 『雨に濡れた欲情』 (1953年) に出演した。
  (右の写真) 『情炎の女サロメ』 ステュアート・グレンジャーと
Salome

Dick_Haymes
 ・1953年、歌手のディック・ヘイムズと4度目の結婚をし、再び引退。
 彼も4度目の結婚だったが、前妻、前々妻への養育費の支払い等、金銭がらみのトラブルも多く、55年に離婚した。
  (左の写真) 4人目の夫ディック・ヘイムズと

 ・『海の荒くれ』 (1957年) で、 4年ぶりに再復帰。次作の 『夜の豹』 (1957年) が自身最後のミュージカルで、コロンビア 社での最後の作品ともなった。
  (右の写真) 『夜の豹』 キム・ノヴァク(左)、フランク・シナトラ
Pal_Joey

James_Hill
 ・1958年、映画製作者のジェームズ・ヒルと5度目の結婚をしたが、61年に離婚。最後 の結婚だった。
  (左の写真) 5人目の夫ジェームズ・ヒルと

 ・5度目の結婚時には引退せずに、映画に出演し続けた。フリーとなって最初の作品 『旅路』 (1958年) は、夫のジェームズ・ヒルが共同製作者の作品であった。
  (右の写真) 『旅路』 バート・ランカスター
Separate_Tables

They_Came_to_Cordura  ・若い頃から飲酒癖があり、晩年はアルコール依存症であった。酔うと怒りっぽくなり、飛行 機の搭乗を拒否されたこともあったという。
 最後の映画となった 『サンタマリア特命隊』 (1972年) の頃は、台詞をなかなか覚えられ ず、飲酒が原因と思われていたが、実はアルツハイマー病を患っていることが80年に判明した。
    (左の写真) 『コルドラへの道』 (1959年) ゲーリー・クーパー
 当時はアルツハイマー病の認知度が低く、彼女はこの病を世間に知らしめる大きなきっかけと もなった。
  (右の写真) 『サーカスの世界』 (1964年) ジョン・ウェインと。
   ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞ノミネート作品。
Circus_World

 ・1987年68歳で他界。彼女の次女が主催者となり毎年開催さ れているリタ・ヘイワース記念祭は、アルツハイマー病の研究の為に、多額の資金援助をしている。

 ・1994年、スティーブン・キングの小説 「刑務所のリタ・ヘイワース」 を映画化した 『ショーシャンクの空に』 公開。
   (右の写真) 『ショーシャンクの空に』 に登場したリタ・ヘイワースのポスター
 
 1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 の女優部門で、第19位に選出。
Rita_Hayworth-5

Rita_Hayworth-2
Rita_Hayworth-3

HOME