20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Ladri_di_Biciclette.

     自転車泥棒
     Ladri di Biciclette
     監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
     (1948年/イタリア)
filmbar

 
 イタリ ア・ネオレアリズモの代表作

 ・戦後のローマ。失業中のアントニオは 運良く職安から市役所の仕事を紹介されたが、その仕事に就くには自転車が必要だった。困ったことに自転車は質屋に入れてある。町には失業者が溢れており、 このままでは仕事は他人に渡ってしまう…。

The_Bicycle_Thief-1
The_Bicycle_Thief-2
 事情を聞いた妻のマリアがシー ツ6枚を質に入れ、その金で自転車を取り戻す事が出来た。アントニオは市役所で制服を渡された。明日から仕事だ。帰宅途中、マリアが占い師のところへ立ち 寄った。アントニオは、占いなどイカサマだと妻をたしなめた。
The_Bicycle_Thief-3
/The_Bicycle_Thief-4

 翌朝。6歳になる長男のブルーノが、 誇らしげに自転車を磨いていた。

The_Bicycle_Thief-5
Ladri_di_biciclette-2
 アントニオの仕事はポスター貼り。先輩に要領を教えてもらい、早速仕事に就いた。梯子に登 り、ポスターを貼っている時、何者かが自転車に乗って走り去った。「泥棒 ! 」 。アントニオは後を追ったが逃げられてしまった。途方に暮れるアントニオ…。
The_Bicycle_Thief-7
The_Bicycle_Thief-8


  

youtube
 『自転車泥棒』 予告編動画


  主な出演者など 

The_Bicycle_Thief-24
 ・アントニオ役 … ランベル ト・マジョラーニ Lamberto Maggiorani
 ・ブルーノ役 … エンツォ・ スタヨーラ Enzo Staiola
 ・マリア役 … リアネーラ・カレル Lianella Carell
 ・バイオッコ役 … ジーノ・サルタマレンダ Gino Saltamerenda

 ・イタリア・ネオレアリズ モを代表する1作であり、最もポピュラーな作品。
 彫刻家・画家で作家でもあったルイジ・ベルトリーニが1946年に発表した同名の小説を、デ・シーカ監督と名コンビだったチェーザレ・ザヴァッティーニ等が脚色。『靴みが き』 (1946年) に引き続き、アカデミー賞特別賞 (現在の外国語映画賞) を受賞した。
  (右の写真) 左から、デ・シーカ監督、ランベルト・マジョラーニ、エンツォ・スタヨーラ
The_Bicycle_Thief-25

The_Bicycle_Thief-26-2
 ・演技の経験が無い素人がキャストされた。ランベルト・マジョラーニは電気工場の労働者 だった。エンツォ・スタヨーラは町でデ・シーカ監督にスカウトされた。リアネーラ・カレルはジャーナリストで、デ・シーカ監督にインタビューをしたことが きっかけで起用された。
 (左の写真) デ・シーカ監督 (中央) とランベルト・マジョラーニ(右)
 3人とも俳優業を続けたが、大きな成功を収めることは出来なかった。
Lamberto_Maggiorani
Enzo_Staiola
Lianella_Carell

 ・デ・シーカ監督は既に成功を収めていたが、依然として製作資金の調達に苦しんでいた。そ んな折、ハリウッドの製作者デビッド・O・セルズニックから資金援助の申 し出があったが、その条件が、主役にケーリー・グラントを起用することだったため、デ・ シー カ監督は断ったという。
 (右の写真) デ・シーカ監督とエンツォ・スタヨーラ
The_Bicycle_Thief-27

 ・映画のラスト・シーンで、デ・シーカ監督は、敬愛するチャップリンにオマージュを捧げているとされている。

 ・マカロニ・ウエスタンの巨匠セルジオ・レオーネが助監督を務めており、アントニオとブルーノが雨宿りする場面で、神学生の1人として出演もしている。

 ・アントニオが壁に貼るポスターに描かれている女優はリタ・ヘイワース

HOME