20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
John_Sturges

ジョン・スタージェス

John Sturges

1910-1992 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Bad_Day_At_Black_Rock
 日本人の勲章
 Bad Day At Black Rock
 (1955年/アメリカ)
Gunfight_at_the_O.K._Corral
 OK牧場の決斗
 Gunfight at the O.K. Corral
 (1957年/アメリカ)
The_Old_Man_and_the_Sea-2
 老人と海
 The Old Man and
   the Sea
 
(1958年/アメリカ)
The_Magnificent_Seven
 荒野の七人
 The Magnificent Seven
 (1960年/アメリカ)
The_Great_Escape  大脱走
  The Great Escape
  (1963年/アメリカ)
Hour_of_the_Gun
 墓石と決闘
 Hour of the Gun
 
(1967年/アメリカ)

   
     ◆
 アクション映画の名監督

 ・1910年、イリノイ州生れ。ハイスクール時代にフットボールの選手として活躍し、奨学金を得てカリフォルニア州のマリン・ジュニア・カレッジ (現在のカレッジ・オブ・マリン) に進学した。
 1932年、RKO社に入社し、写真部、美術部、編集部を経て、最後は製作部門でアシスタントをしていた。また、当時は珍しかったテクニカラーの技術を習得していたため、デビッド・O・セルズニックに雇われ、マレーネ・ディートリッヒ主演の 『沙漠の花園』 (1936年) のカラー・コンサルタントを務めたことも。

 ・第2次世界大戦中、陸軍航空隊で教育映画やドキュメンタリー映画を製作。ウィリアム・ワイラー監督と共同で撮った 『Thunderbolt 』 は劇場公開 (1947年)もされた。

 ・戦後、コロンビア社に入り、『The Man Who Dared(1946年) で映画監督としてデビュー。その後、ランドルフ・スコット主演の 『The Walking Hills(1949年) 等、B級作品を数本撮った。

 ・1950年、MGM社に移籍。ウィリアム・ホールデン主演の 『ブラボー砦の脱出』 (1953年) が日本で公開された最初のスタージェス作品となった。
 スペンサー・トレイシー主演のサスペンス 『日本人の勲章』 (1955年) でアカデミー賞の監督賞にノミネートされ、一流監督の仲間入りを果たした。
 (右の写真) 『日本人の勲章』 撮影時。左から、ロバート・ライアン、
  スペンサー・トレイシー、スタージェス監督
Bad_Day_At_Black_Rock-2

Gunfight_at_the_O.K._Corral
 ・MGM社を退社し、フリーランスとなって最初の作品であるバート・ランカスターカーク・ダグラス主演の 『OK牧場の決斗』 (1957年) が大ヒット。
 ロバート・テイラー主演の 『ゴーストタウンの決斗』 (1958年)、カーク・ダグラス主演の 『ガンヒルの決斗』 (1959年) と共に 「決斗3部作」 と呼ばれるようになった。
 (左の写真) 『OK牧場の決斗』 撮影時。バート・ランカスター(左)と

 ・スペンサー・トレイシーと再び組んだ 『老人と海』 (1958年) は、映像化が困難と言われていて、当初の監督だったフレッド・ジンネマンが辞退した作品。
 スタージェスは原作者のアーネスト・ヘミングウェイも満足させる作品に仕上げ、監督としての手腕を発揮した。
 (右の写真) 『老人と海』 スペンサー・トレイシー。スタジオのセットにて。
The_Old_Man_and_the_Sea

The_Magnificent_Seven
 ・黒澤明監督の 『七人の侍』 (1954年) を西部劇にアレンジした 『荒野の七人』 (1960年) を監督。
 黒澤明監督と対面した際、『荒野の七人』 はお気に入りの作品だと言われた時は、「人生の中で最も誇り高い瞬間だった(スタージェス本人談)
 (左の写真) 『荒野の七人』 撮影時。ユル・ブリンナー(右)と

 ・大作 『大脱走』 (1963年) を監督。3時間近くの大作だが、その長さを全く感じさせない娯楽映画の傑作に仕上げた。
 バイクで疾走するスティーブ・マックイーンのカッコ良さ!。アクション映画史に残る名場面となった。
 (右の写真) 『大脱走』 撮影時。スティーブ・マックイーン(右)と
The_Great_Escape-2

 ・OK牧場の決闘の後日談を描いた 『墓石と決闘』 (1967年)等、引退作の 『鷲は舞いおりた』 (1976年)まで男性映画、アクション映画を撮り続けた。
Hour_of_the_Gun-2
Le_Mans
『墓石と決闘』 撮影時。ジェイソン・ロバーズ(左)と
『栄光のル・マン』 (1971年) 撮影時。スティーブ・マックイーン(右)と

* マックイーンと対立して途中で降板
Joe_Kidd
mcQ
シノーラ』 (1972年) 撮影時。クリント・イーストウッド(右)と
『マックQ』 (1974年) 撮影時。ジョン・ウェイン(右)と

 ・1992年82歳で他界。

HOME