20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Yul_Brynner

ユル・ブリンナー

Yur Brynner

 
1920-1985 (スイス)

 

starbar

     代表作
 
The_King_and_I
 王様と私
 The King and I
 (1956年/アメリカ)
The_Ten_Commandments
 十戒
 The Ten Commandments
 (1956年/アメリカ)
Anastasia
 追想
 Anastasia
 
(1956年/アメリカ)
The_Magnificent_Seven
 荒野の七人
 The Magnificent Seven
 (1960年/アメリカ)

     ◆  シャムの王様を演じ続けたスキンヘッドの名優

 ・1920年、ロシアのウラジオストク (当時は極東共和国ウラジオストク) 生れ。本名はYuliy Borisovich Brynner 。父親はスイス系ロシア人で、母親はユダヤ系ロシア人だった。但し、本人は次のように語っていた。
 1915年、サハリン生れ。本名はTaidje Khan 。父親はスイス国籍のモンゴル人で、母親は国籍不明のジプシー。
  * 彼の死後、息子が伝記を出版し、以後、1920年生れ…との説が定着している。

 ・3歳の頃、父親が愛人と出奔。母親、姉と中国のハルビン (1923年〜)、フランスのパリ (1932年〜)へ移住。パリでは通学せずに、ジプシー楽団の一員としてナイトクラブでギターの弾き語りをしたり、サーカス団のブランコ曲芸師として働いていた。

 ・1940年、ニューヨークへ。戦争情報局でフランス語のアナウンサーとして働きながら演技を学び、シェークスピア劇 「十二夜」(1941年) でブロードウェイ・デビュー。B級フィルム・ノワール作品 『ニューヨーク港』 (1949年) で銀幕デビューも果たした。

 ・その後、TVドラマの演出を手掛けていたが、舞台で共演した女優からロジャース(作曲家)&ハマースタイン(作詞家) の新作ミュージカル劇 「王様と私」 のシャムの王様役を薦められ、脚本に感銘した彼はオーディションを受けて役を射止めた。
 1951年3月にスタートした公演は3年に及ぶロングランの大ヒットとなり、1
952年のトニー賞でミュージカル助演男優賞を受賞した。
 役作りのため頭髪を剃り、以後スキンヘッドはトレードマークとなった。 
 (右の写真) 舞台 「王様と私」 ガートルード・ローレンスと
    * ガートルード・ローレンスはトニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞したが、1952年9月、癌により54歳で他界。代役はコンスタンス・カーペンターが務めた。
The_King_and_I_1951

The_King_and_I
 ・舞台 「王様と私」 の全米ツアー (1954年)後、 映画版 『王様と私』 (1956年) でもシャムの王様を演じ、アカデミー賞主演男優賞を受賞。
 授賞式では、「間違いでないことを願っています。たとえ間違いでも  (
オスカー像を)
返す気はありません
」 と喜びのスピーチをした。
  (左の写真) 『王様と私』 デボラ・カー

youtube
 アカデミー賞授賞式。司会:ジェリー・ルイス、プレゼンター:アンナ・マニャーニ


 ・同56年には、『十戒』、『追想』 といった大ヒット作、話題作にも出演。映画俳優として大ブレイクした。
The_Ten_Commandments-2
Anastasia
『十戒』 アン・バクスター
『追想』 イングリッド・バーグマン
The_Brothers_Karamazov
Solomon_and_Sheba-2
『カラマゾフの兄弟』 (1958年) マリア・シェル
『ソロモンとシバの女王』 (1959年) ジーナ・ロロブリジータ

 ・黒澤明監督の 『七人の侍』 (1954年) に感銘し、映画化権を取得。西部劇にアレンジした 『荒野の七人』 (1960年) は人気作となり、『続・荒野の七人』 (1966年) にも出演した。
 (右の写真) 『荒野の七人』 一番手前がユル・ブリンナー
The_Magnificent_Seven-2

Taras_Bulba
Villa_Rides
『隊長ブ-リバ』 (1962年)  トニー・カーティス(左)と
『戦うパンチョ・ビラ』 (1968年) チャールズ・ブロンソン(左)と
Le_Serpent
Westworld
『エスピオナージ』 (1973年) ヘンリー・フォンダ(左)と
『ウエストワールド』 (1973年)

The_King_and_I_1977
 ・1972年、TVドラマ 「アンナとシャム王」 で久方ぶりにシャム王を演じた。

 ・1977年5月から1978年12月までブロードウェイで 「王様と私」 のリバイバル公演に出演。翌1979年にはロンドンでも 「王様と私」 の舞台に立った。
 (左の写真) ブロードウェイでの 「王様と私」。コンスタンス・タワーズと

 ・1981年、「王様と私」 の全米ツアーがスタート。1983年9月、肺癌に侵されていることが発覚し、治療のため数ヶ月間公演の休止を余儀なくされた。
 1985年1月、ブロードウェイで 「王様と私」 のリバイバル公演がスタート。自分の余命が幾ばくも無いことを知っていたという。同年6月、トニー賞の特別賞を受賞し、6月30日に公演が終了。シャムの王様を演じた回数は4,625回にも及んだ。
 (右の写真) ブロードウェイでの 「王様と私」。メアリー・ベス・ペイルと
The_King_and_I_1985

 ・1985年10月65歳で他界。
 12歳から51歳まで煙草を吸っていたという。彼の希望により禁煙を訴えるCMが撮影されており、死後に全米で放映された。
youtube  ユル・ブリンナー。禁煙を訴えるCM



Yul_Brynner-2
Yul_Brynner-3

HOME