20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Sam Wood

サム・ウッド

Sam Wood

  1883-1949 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

A_Night_at_the_Opera
 オペラは踊る
 A Night at the Opera
  
(1935年/アメリカ)
A_Day_at_the_Races  マルクス一番乗り
  A Day at the Races
  (1937年/アメリカ)
Goodbye,_Mr._Chips  チップス先生さようなら
  Goodbye, Mr. Chips
  (1939年/イギリス)
Kitty_Foyle  恋愛手帖
 Kitty  Foyle
 (1940年/アメリカ)
The_Pride_of_the_Yankees
 打撃王
 The Pride of the Yankees
 (1942年/アメリカ)
For_Whom_the_Bell_Tolls
 誰が為に鐘は鳴る
 For Whom the Bell Tolls
 (1943年/アメリカ)

    幅広いジャンルでヒット作を撮ったハリウッドの大家の1人 

 ・1883年、ペンシルベニア州生れ。不動産ブローカーをしていたが、1915年頃から映画界で働くようになった。セシル・B・デミル監督の 『小米国人』 (1917年/主演:メアリー・ピックフォード、『夫を変へる勿れ』 (1919年/主演:グロリア・スワンソン 等にエキストラ出演し、同監督の 『何故妻を換へる?』 (1920年/主演:グロリア・スワンソン) 等で助監督を務めた。

 ・『Double Speed (1920年/主演:ウォーレス・リードで監督デビュー。以後、フェイマス・プレイヤーズ・ラスキー・スタジオ社 (後のパラマウント社) で、ウォーレス・リードやグロリア・スワンソン主演の作品を数多く撮った。
  (右の写真) 『巨巌の彼方』 (1922年) 撮影時。左から、グロリア・スワンソン、
   ルドルフ・ヴァレンチノ、エリノア・グリン (作家)、サム・ウッド監督

Beyond_the_Rocks

with_Marx_Brothers
 ・1927年、MGM社に移籍し、ジーン・ハーロークラーク・ゲーブル共演の 『春の火遊び』 (1933年)マルクス兄弟の 『オペラは踊る』 (1935年)、『マルクス一番乗り』 (1937年) 等を大ヒットさせた。
  (左の写真) マルクス兄弟とサム・ウッド監督

 ・イギリスで 『チップス先生さようなら』 (1939年) を監督。主演のロバート・ドーナットにアカデミー賞主演男優賞をもたらした。
 作品賞と監督賞などにもノミネートされたが、『風と共に去りぬ』 に敗れた。
  (右の写真) 『チップス先生さようなら』 撮影時。ロバート・ドーナット(左)と
Goodbye,_Mr._Chips-2

Sam_Wood_GWTW
 ・ウッド監督は、『風と共に去りぬ』 撮影中にダウンしたヴィクター・フレミング監督の代役として、同作の一部を監督した。
  (左の写真) 『風と共に去りぬ』 撮影時。レスリー・ハワード(中央)、ヴィヴィアン・リー

 ・『恋愛手帖』 (1940年) では、ミュージカル女優から演技派への転身を図っていたジンジャー・ロジャースに念願のオスカーをもたらした。
  (右の写真) 『恋愛手帖』 撮影時。サム・ウッド監督(左端)
   ジンジャー・ロジャース (右端)
Kitty_Foyle-2

The_Pride_of_the_Yankees-2
 ・サミュエル・ゴールドウィン社で監督した 『打撃王』 (1942年) が大ヒット。
 同作の撮影が長引いたため、ウッド監督と主役のゲーリー・クーパーは、次作 『誰が為に鐘は鳴る』 (1943年) の撮影も掛け持ちで行った。
  (左の写真) 『打撃王』 撮影時。ベーブ・ルース(左)、ゲーリー・クーパー(右)と

 ・古巣のパラマウント社で監督した 『誰が為に鐘は鳴る』 (1943年) は、その年の全米興行成績で第1位となり、ウッド監督のキャリアで最大のヒット作となった。
  (右の写真) 『誰が為に鐘は鳴る』 撮影時。イングリッド・バーグマン
   ゲーリー・クーパーと

For_Whom_the_Bell_Tolls-2

 ・『打撃王』 のクーパーとテレサ・ライトとは 『クーパーの花婿物語』 (1944年) で、『誰が為に鐘は鳴る』 のクーパーとバーグマンとは 『サラトガ本線』 (1945年) で再び組んだが、どちらも1作目の出来を上回ることが出来なかった。
Casanova_Brown
Saratoga_Trunk
『クーパーの花婿物語』 撮影時。
ゲーリー・クーパー(左)、テレサ・ライトと

『サラトガ本線』 撮影時。右から、ゲーリー・クーパー、
イングリッド・バーグマン、ウッド監督


The_Stratton_Story  ・その後、野球選手の伝記映画第2弾 『甦る熱球』 (1949年) 等を監督。
 ロバート・テイラー主演の西部劇 『アパッチ族の最後』 (1949年) が遺作となった。
   (左の写真) 『甦る熱球』 撮影時。
   ジェームズ・ステュアート(左)、ジューン・アリソン

 ・政治的には当時のハリウッド映画人の中でも保守派の代表格の1人であり、「アメリカの理想を守るための映画同盟」 (MPA) の初代代表を務め、‟赤狩り”にも積極的に協力した。

 ・アカデミー賞監督賞には、『チップス先生さようなら』 『恋愛手帖』『嵐の青春』 (1943年) で3度ノミネートされ、同3作と 『我等の町』 (1940年)、『打撃王』、『誰が為に鐘は鳴る』 の計6作が作品賞にノミネートされたが、いずれも受賞は逃した。
  (右の写真) 左から、サム・ウッド監督、ゲーリー・クーパー、セシル・B・デミル監督
Sam_Wood-2

 ・1949年66歳で他界。

HOME