20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
June_Allyson

ジューン・アリソン

June Allyson

 1917-2006 (アメリカ)

 

heartbar

   代表作

The_Three_Musketeers
 三銃士
 The Three Musketeers
 (1948年/アメリカ)
Little_Women
 若草物語
 Little Women
 (1949年/アメリカ)
The_Glenn_Miller_Story-2
 グレン・ミラー物語
  The Glenn Miller Story
 (1954年/アメリカ)
Executive_Suite
 重役室
 
Executive Suite
 (1954年/アメリカ)

    好感度抜群で両性から支持される

 ・1917年、ニューヨーク生れ。彼女が生れて半年後、父親が家族を捨てて出奔し、母親と祖父母に育てられた。
 8歳の時、倒れてきた木の下敷きになり、医師から 「もう歩けないかも知れない 」 と言われる大怪我を負ったが、水泳等のリハリビに励み、4年後には普通に歩行できるようになった。

 ・映画が大好きで、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースの大ファンだった。彼等の 『コンチネンタル』 (1934年) を17〜18回も観て、ジンジャー・ロジャースのダンスを独学で習得した。

 ・短編映画 『Swing for Sale(1937年) で銀幕デビューし、ミュージカル劇 「Sing Out the News(1938年)でブロードウェイ・デビューした。

 ・夢は医者になることで、芸能活動は学費を稼ぐためだったが、ジーン・ケリーが振付をしたブロードウェイ・ミュージカル 「Best Foot Forward(1941年) がMGM社で映画されることになり、彼女も請われて同社と契約。同作の映画版でハリウッド・デビューを果たし、本格的に女優の道を歩むこととなった。
 (右の写真) 『Best Foot Forward 』 (1943年)。一番左がジューン・アリソン
Best_Foot_Forward

Two_Girls_and_a_Sailor
 ・『Best Foot Forward 』 の主役はルシル・ボールで、アリソンは助演クラスだったが、MGM社に多くのファン・レターが届き、4作目の 『姉妹と水兵』 (1944年) でヒロインに抜擢された。
 (左の写真) 『姉妹と水兵』 ヴァン・ジョンソンと
  ヴァン・ジョンソンとは、『High Barbaree 』 (1947年)、『逃げた花嫁』 (1948年)、
  『Too Young to Kiss 』 (1951年)、『Remains to Be Seen 』 (1953年) でも共演した。

 ・1945年、ルシル・ボール主演の 『Meet the People (1944年) で共演したディック・パウエルと結婚。48年に女の子を養子縁組し、50年に長男を授かった。
 パウエルは13歳年上で、2度の離婚歴があったが、彼が亡くなるまで連れ添った。
 (右の写真) ディック・パウエル、長女、長男と
Dick_Powell

Little_Women
 ・MGM社創立25周年記念作の 『若草物語』 (1949年/監督:マーヴィン・ルロイでは、4人姉妹の長女を演じた。
 デビュー以来、‟隣の女の子” というキャラクターで人気を博していたが、既に32歳。娘役としては最後の作品となった。
 (左の写真) 左から、エリザベス・テイラー、ジューン・アリソン、
  マーガレット・オブライエンジャネット・リー


 ・ジンジャー・ロジャースはジューン・アリソンのことを、「男の子が恋人にしたいと思い、女の子が友達になりたいと考える女の子 」 と評した。
 日本においても好感度が高く、男性からも女性からも支持された。
 『若草物語』 以後は、良妻賢母役で活躍した。
  (右の写真) ジンジャー・ロジャース(右) と
Ginger_Rogers

The_Stratton_Story  ・『打撃王』サム・ウッド監督が、再び、実在の野球選手を題材とした作品 『甦る熱球』 (1949年) で、ジェームズ・ステュアートと共演。
 銃の暴発で右足を切断しながらも、義足でマイナー・リーグに復帰した元メジャー・リーガーのモンティ・ストラットン投手の妻を演じた。
 (左の写真) 『甦る熱球』 ジェームズ・ステュアートと
 

 ・『恋愛準決勝戦』 (1951年/監督:スタンリー・ドーネン で、大ファンだったフレッド・アステアと共演する予定だったが、妊娠したため降板した。
The_Reformer_and_the_Redhead
Battle_Circus
『猛獣と令嬢』 (1950年)
ディック・パウエルと (夫婦となってからの初共演作)
Battle Circus 』 (1953年)
ハンフリー・ボガート
 * ジューン・アリソンとディック・パウエル夫妻が所持していたヨットを、ハンフリー・ボガートとローレン・バコール夫妻が購入した。

 ・『グレン・ミラー物語』 (1954年/監督:アンソニー・マン) で、ジェームズ・ステュアートと再共演。
 トロンボーン奏者で、1930〜40年代に大流行したスウィング・ジャズの代表的ミュージシャンの1人グレン・ミラーの妻を演じた。
 (右の写真) 『グレン・ミラー物語』 ジェームズ・ステュアートと
The_Glenn_Miller_Story

 ・オールスター・キャストの『重役室』 (1954年/監督:ロバート・ワイズ、ジェームズ・ステュアートとの3度目の共演作 『戦略空軍命令』 (1955年/監督:アンソニー・マン)『或る夜の出来事』 (1934年) のリメイク作で、夫のディック・パウエルが監督した 『夜の乗合自動車』 (1956年)等に出演。
Executive_Suite-2
Strategic_Air_Command
『重役室』 ウィリアム・ホールデン
『戦略空軍命令』 ジェームズ・ステュアートと
The_McConnell_Story
You_Can't_Run_Away_from_It
『マッコーネル物語』 (1955年)
 アラン・ラッド

『夜の乗合自動車』 撮影時
ディック・パウエル(左)、ジャック・レモン


 ・1963年、ディック・パウエルが他界。その後、パウエルの理髪師でもあったグレン・マックスウェルと結婚・離婚 (1963〜65年、1966〜70年) を繰り返した。この間、アルコール依存症の闘病生活を送っており、女優としての活動は時たまTVに出演するだけだった。

 ・28年ぶりとなるブロードウェイでコメディ劇 「Forty Carats(1970年) に出演し、13年ぶりとなる劇場用映画 『大捜査』 (1972年) に出演。

 ・1976年、俳優のデヴィッド・アシュロウと4度目の結婚。夫婦で舞台劇 「My Daughter, Your Son 」  の全米ツアーを行い好評を博した。

James_Stewart
 ・1982年、自伝 「June Allyson By June Allyson 」 を出版。

 ・1985年、『グレン・ミラー物語』 のステレオ・サウンド版がカンヌ国際映画祭で上映されることになり、ジェームズ・ステュアートと共に映画祭に招かれた。
 (左の写真) ジェームズ・ステュアートと

 ・大人用おむつのCMに出演したことがきっかけで、失禁患者のケアと研究の為の財団 「June Allyson Foundation 」 を設立 (1997年)

 ・夫婦で出演した『A Girl, Three Guys, and a Gun (2001年) が、最後に出演した劇場用映画となった。

 ・2006年88歳で他界。

June_Allyson-2
June_Allyson-3

HOME