20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
For Whom the Bell Tolls

       誰が為に鐘は鳴る
        For Whom the Bell Tolls
         監督:サム・ウッド
        (1943年/アメリカ)
filmbar

  クーパー&バーグンの共演で大ヒットした文芸超大作

 1937年5月。共和国派 (人民戦線政府) とファシスト派 (フランコ将軍率いる反乱軍) の内戦下のスペイン。
 共和国派に身を投じたアメリカ人のロバート・ ジョーダンは、敵の軍用列車を爆破したが、退散する途中で同志が撃たれ、身動きが取れなくなった。
  「ロベルト、約束だ。(ロベルト … ロバートのスペイン式の呼び方)
 生け捕りよりは死を。ロベルトは同志を撃ち殺した。
For_Whom_the_Bell_Tolls-1
For_Whom_the_Bell_Tolls-2
 市街へ戻ったロベルトは、上官のゴルツ将軍に次の任務を命じられた。
 共和国派は3日後の夜明けに反攻の奇襲作戦に打って出るが、その攻撃開始 (=爆撃音)と同時に、敵軍の前線への唯一の補給路である鉄橋を爆破せよ、とのことであった。
 翌朝。ロベルトは案内役の老人アンセルモに 引率され山を登った。渓谷にかかる爆破目標の鉄橋を視察した後、その地域のゲリラ隊のアジトへ向かい、リーダーのパブロと 顔を合わせた。
For_Whom_the_Bell_Tolls-3
For_Whom_the_Bell_Tolls-4
For_Whom_the_Bell_Tolls-5
 アジトの巌窟に着いた。昼食の時、ロベルトはマ リアと出会った。互いに相手のことが気になり、目を離すことが出来ない。彼女はファシスト派に捕らえられていたところをパブロ隊に救出され たとの事だ。「3ヶ月前のことよ 」、丸刈りにされていたという頭髪を引っ張りながらマリアが応えた。

For_Whom_the_Bell_Tolls-6
For_Whom_the_Bell_Tolls-7
 マリアと入れ替わりで、パブロの女ピラーが 顔を出した。ジプシーの血が混じっている彼女は、ロベルトの手相を見て顔を曇らせたが、「何でもないさ 」 とシラを切った。
For_Whom_the_Bell_Tolls-8
For_Whom_the_Bell_Tolls-9

  ロベルトとアンセルモが鉄橋の下見から戻ってみると、アジトの中は重苦しい空気に包まれていた。パブロが鉄橋の爆破には反対だと口を切った。ロベルトはピ ラーに意見を求めた。彼女は共和国のために鉄橋を爆破すると答え、他の同志もピラーに賛同した。弱腰のパブロに代って、ピラーがリーダーになった。
For_Whom_the_Bell_Tolls-10
For_Whom_the_Bell_Tolls-11
For_Whom_the_Bell_Tolls-12
 ロベルトが外で寝支度をしていると人影が近づいてきた。マリアがパブロは危険だと注意しに 来たの だ。パブロが外へ出たのに気づいたロベルトは、マリアをシェラフの中に隠した。次に、ジプシーのラファエルがやって来て、パブロを殺せとそそのかした。2 人が様子を見に行くと、パブロは馬を相手に愚痴をこぼしていた。
For_Whom_the_Bell_Tolls-13
For_Whom_the_Bell_Tolls-14
For_Whom_the_Bell_Tolls-15

  

youtube
 『誰が為に鐘は鳴る』 予告編


For_Whom_the_Bell_Tolls-63
For_Whom_the_Bell_Tolls-64

  主な出演者など

For_Whom_the_Bell_Tolls-56-2
 ・ロバート・ジョーダン役 …  ゲーリー・クーパー Gary Cooper
 ・マリア役 … イングリッ ド・バーグマン Ingrid Bergman
 ・パブロ役 … エイキム・タミロフ Akim Tamiroff
  ・ピラー役 … カティーナ・パクシヌー Katina Paxinou
 ・アンセルモ役 … ウラジミル・ソコロフ Vladimir Sokoloff

 ・闘牛に魅了され、スペインを愛した文豪アーネスト・ヘミングウェイ。スペイン内戦時に は、共和国派の資金調達に尽力もしていたヘミングウェイが、自身最長編の小説 「誰がために鐘は鳴る」 を出版 (1940年10月) すると、たちまち大ベストセラーとなった。

 ・パラマウント社が当時の最高額である15万ドルで映画化権を取得。
 当初、セシル・B・デミルが製作・監督する予定であったが、最終的にサム・ウッドが製作・監督を務めることとなった。
 (右の写真) 右から時計回りに、イングリッド・バーグマン、アーネスト・ヘミングウェイ、
  ヘンリー・ハサウェイ、ゲーリー・クーパー。

For_Whom_the_Bell_Tolls-57

For_Whom_the_Bell_Tolls-58  ・予告編で 「ヘミングウェイ自身が選んだスター 」 と紹介されている通り、クーパーもバーグマンもヘミングウェイの意向が反映されたキャストであるが、バーグマンの起用はすんなりと決まった訳ではなかっ た。
 (左の写真) 左からイングリッド・バーグマン、サム・ウッド監督、カティーナ・パクシヌー、
  ゲーリー・クーパー。


 ・ロベルト役はヘミングウェイがクーパーの起用を要請した。2人は、クーパーが 『戦場よさらば』 (1932年) に出演して以来の親友でもあった。
 当時、クーパーはサミュエル・ゴールドウィンと契約しており、パラマウント社は クーパーを借りる見返りとして、自社の脚本家ビ リー・ワイルダーとチャールズ・ブラケットのコンビを貸し出した。そして生まれた作品が、クーパーの前々作 『教授と美女』 (1941年) であ る。
 更に、クーパーはゴールドウィン社で 『打撃王』 (1942年) に出演することが決まっており、その監督をサム・ウッドが務めることとなった。
For_Whom_the_Bell_Tolls-59

 ・『打撃王』 の撮影が長引いている間に、ダドリー・ニコルズによる 『誰が為に…』 の脚本が完成。ウッドとクーパーは極めて異例な2作掛け持ちの撮影に臨んだ。
  * ダドリー・ニコルズ …  アカデミー賞史上初の受賞拒否者としても有名な脚本家。

 ・1941年11月下旬、ロケ地のカリフォルニア州北部のシエラ・ネヴァダ山脈に雪が積も り、撮影が開始されたが、零下の寒さでカメラが動かなくなることもあったという。
 この時期は マリア役が決まっておらず、エル・ソルド隊とファシスト軍の戦闘シーンの撮影で、12月7日 (日本時間の8日) は戦闘機の空爆シーンを撮る予定であった。そこへ、日本軍が真珠湾を空爆したとの一報が入り、本物の戦闘機が飛んでくるかもしれないと、撮影隊は慌てて 下山したというエピソードも。

Vera_Zorina  ・主役の2人が揃って、ロケ地での本格的な撮影が始まったのは1942年7月。
 マリア役はベティ・フィールド、スーザン・ヘイワード、ポーレット・ゴダード、 ルイーゼ・ライナー、バーバラ・ブリトンなどが候補であったが、クーパー同様、サミュエル・ゴールドウィンと契約していたヴェラ・ゾリーナが起用された。
 ところが、山の上での撮影が始まると、元々バレリーナのゾリーナは怪我を恐れて演技に集中出来ない様子でもあり、半月程で降板させられた。
  (左の写真) ゲーリー・クーパーと幻のマリア役ヴェラ・ゾリーナ。後ろはエイキム・タミロフ

 ・マリア役を熱望していたバーグマンはヘミングウェイと会い、髪を短く切ることも厭わない と売り込んだという。ヘミングウェイも彼女の起用を望んだが、バーグマンと契約していたデビッド・O・セルズニックとパラマウント社との間の金額交渉で一旦NGと なっている。
 『誰が為に…』 の再オファーを受け、『カサブランカ』 の撮影が終わると髪をバッサリと切り、ロケ地へ出立。1ヶ月遅れの8月から撮影に合流した。
 ヘミングウェイから、「この小説のマリアそのものであるイングリッド・バーグマンへ 」 と書かれた原作本を贈られたそうである。
For_Whom_the_Bell_Tolls-60

For_Whom_the_Bell_Tolls-61  ・クーパー曰く、「共演は大きな喜びであった。彼女はその場面を実際に生きているの だと感じさせることの出来る稀な女優 」。
 一方バーグマンは、クーパーがあまりにも自然体なので、撮影中は 「この人は演技しているのか? 」 と感じていたそうである。しかし、完成した映画を観て、その疑念は一掃された。スクリーンに映し出されたクーパーの演技は 「素晴らしかった 」 と自伝で述べている。

 ・エイキム・タミロフとカティーナ・パクシヌーも、主役の2人に勝るとも劣らない存在感を 示した。
 ロシア生まれのタミロフは、1923年に公演で渡米し、そのまま定住。
 個性派俳優として活躍し、クーパーと共演した『将軍暁に死す』 (1936年) と本作で、2度アカ デミー賞助演男優賞にノミネートされた。
 オーソン・ウェルズと親交が深く、ウェルズが監督した 『Mr. Arkadin(1955年)、『黒い罠』 (1958 年)、『審判』 (1963年) にも出演した。
Akim_Tamiroff
Katina_Paxinou  ギリシャ生れのパクシヌーは元々オペラ歌手であり、王立劇場の優秀歌手として金メダルを 贈られている。ブ ロードウェイやロンドンの舞台でも活躍し、本作 への出演のためイギリスから渡米する際に、ドイツ軍のUボートに襲撃され、18個もの衣装ケースが海に沈められたという。
 本作では、銀幕デビュー作とは思えぬ貫禄の演技を披露。その後、本作の脚本家ダドリー・ニコルズが監督した 『喪服の似合うエレクトラ』 (1947年) や、
若者のすべて』 (1960年/監督:ルキノ・ヴィスコ ン ティ) 等に出演。母国ギリシャの舞台で数々の名作に出演し、アテネには彼女の記念館がある。

 ・撮影後の編集等にも時間がかかり、作品が公開されたのは1943年7月。
 3年近くを費やし、300万ドルの巨費を投じた超大作は、その年全米で最大のヒット作となった。
 日本では40分カットされた短縮版が1952年に公開されたが、当時人気No.1のクーパーとバーグマンの共演作ということもあって大ヒットした。
For_Whom_the_Bell_Tolls-62

Katina_Paxinou-2
 ・アカデミー賞では、作品賞、演技賞の4部門など合計9部門でノミネートされ、カティー ナ・パクシヌーが助演女優賞を受賞した。
 また、第1回ゴールデン・グローブ賞で、パクシヌーとタミロフが助演賞をダブル受賞。
 (左の写真) アカデミー賞授賞式にて。左からポール・ルーカス、ジェニファー・ジョーンズ、
  カティーナ・パクシヌー、チャールズ・コバーン

 ・サム・ウッド監督、ゲーリー・クーパー、イングリッド・バーグマンの3人は、『サラトガ 本線』 (1945年) で再び組んだ。
 成功した作品とは言えないが、人気スターの再共演でこちらも大ヒットした。
  (右の写真) 『サラトガ本線』 でのクーパーとバーグマン
Saratoga_Trunk

< 主題曲 『誰が為に鐘は鳴る』 >

HOME