20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Casablanca

       カサブランカ
        Casablanca
         監督:マ イケル・カーティス
        (1943年/アメリカ)
filmbar

  映画史に燦然と輝く不朽のラヴ・ストーリー

 第二次 世界大戦中、ドイツに占領されたパリから、多くの市民が中立国ポルトガルのリスボン経由でアメリカへ逃れ ていたが、中継地であるフランス領モロッコの都市カサブランカには、金やコネが無く、出国 ビザを入手できない多くの避難民が滞在していた…。
 1941年12月。親ドイツのヴィシー政権下のカサブランカ。ドイツの連絡員2名が殺害さ れ、容疑者が次々と検挙されている最中、警察署長のル ノードイツ軍のシュトラッサー少 佐出迎えていた。
 酒場の経営者リック・ブレインは、避難民の出国ビザや密航の手配をする闇屋のウガーテから、ドイツ軍が発行した通行許可証の保管を頼まれた。殺された連絡員が所持していた書類であ る。
Casablanca-1
Casablanca-2
Casablanca-3
 リックは通行証を店のピアニスト兼歌手のサムの ピアノの中に隠した。アメリカ人のリックは誰にも心を開かない孤立主義を通していた。
  リックに惚れている女 「昨夜はどこに? 」。 リック 「もう忘れたよ 」。 女 「今夜会える? 」。 リック 「先のことは分からない 」。
 リックの店は避難民や闇屋の溜り場となっており、連絡員殺しの犯人が現れると踏んだルノーが待機していた。
 ルノーは、ナチスの強制収容所から脱走した地下組織 (レジスタンス) の大物ヴィクトル・ラズロが、 通行証を入手するために現れるだろうとの情報を明かし、かつてスペイン内戦で反ファシズム派に協力したリックに、 ラズロには助力するなと忠告した。
Casablanca-4
Casablanca-5
Casablanca-6
 ウガーテはフランス警察によって逮捕されたが、その事を知らないラズロがリックの店に現れ た。
Casablanca-7
Casablanca-8
Casablanca-9
 ラズロが地下組織の男と接触しているところへ、ルノーが挨拶に来た。
 ラズロの同伴の女性イルザ・ラントは、顔見知りのサムの事を尋ね、ここがリックの店であるこ とを知った。
 3人のテーブルにシュトラッサーも現れ、ラズロに警察署への出頭を要請した。
Casablanca-10
Casablanca-11
Casablanca-12
 イルザはテーブルにサムを呼んだ。「あれを弾いて、サム。“時の過ぎ行くままに ” を 」。
Casablanca-13
Casablanca-14
Casablanca-15
 店に戻ってきたリックは、禁じている曲をサムが歌っているのに気づき、演奏を止めに入っ た。
 かつて恋人同士であったリックとイルザは、パリ占領の日以来となる再会を果たした。
Casablanca-16
Casablanca-17
Casablanca-18

  

youtube
 『カサブランカ』 予告編


Casablanca-56
Casablanca-57

 
 主な出演 者など

Casablanca-47
 ・リック・ブレイン役 … ハンフリー・ボガート Humphrey Bogart
 ・イルザ・ラント役 … イ ングリッド・バーグマン Ingrid Bergman
 ・ヴィクトル・ラズロ役 … ポール・ヘンリード Paul Henreid
 ・ルノー署長役 … クロード・レインズ Claude Rains
 ・シュトラッサー少佐役 … コンラート・ファイト Conrad Veidt
 ・フェラーリ役 … シドニー・グリーンストリート Sydney Greenstreet
 ・サム役 … ドーリー・ウィルソン Dooley Wilson
 ・ウガーテ役 … ピーター・ローレ Peter Lorre

 ・原作は未発表の戯曲 「Everybody Comes to Rick's (マリー・バーネットとジョーン・アリスンの共著)
 当時、ワーナー・ブラザーズ社に在籍していた製作者のハル・B・ウォリスが、ストーリー・スカウトのアイリー ン・ダ イアモンドの薦めで映画化権を取得 (1942年1月)
 ウォリスは、ジュリアス・J・エプスタインとフィリップ・G・エプスタインの双子の兄妹に脚色を依頼した。
Casablanca-58
Hal_B._Wallis
 エプスタイン兄妹が、陸軍でプロパガンダ映画 『Why We Fight 』 シリーズの監督を務めていたフランク・キャプラ監督に引き抜かれてしまった間は、ハ ワード・コッチが代わりに脚本を執筆した。
 監督には、ウォリスが念頭に置いていたウィリアム・ワイラーが陸軍航空隊に入隊し たため、旧知の間柄であるマイケル・カーティスの起用となった。
 (左の写真) 左から、マイケル・カーティス、イングリッド・バーグマン、ハル・B・ウォリス

 ・リック役はロナルド・レーガンやジョージ・ラフトが候補であったとの説がある。
 ジョージ・ラフトは、ボギーの出世作となった 『ハイ・シェラ』、『マルタの鷹』 (1941年/2作ともハル・B・ウォリス製作) の主役を辞退している。
 ジョージ・ラフトが 『カサブランカ』 を辞退したという説が本当ならば、ボギーのファンならずともラフトに感謝したくなる。
Casablanca-48
Casablanca-49
 ・イルザ役にはアン・シェリダン、ヘ ディ・ラマーの名前も挙がっていた。また、当時フランスから逃れていた人気女優ミ シェル・モルガンも有力候補であっ たが、彼女と契約していたRKO社が、ワーナー・ブラザース社に要求した金額が高額であったためNGとなった。
 イングリッド・バーグマンは身長175cmで、ボギーよりも背が高かったため、2人が並ぶシーンでは、ボギーはシークレット・シューズを履いていた。

 ・監督のマイケル・カーティスはハンガリー人。主要キャストの内、アメリカ人はボギーと ドーリー・ウィルソンの2人だけという国際色豊かな顔ぶれとなった。
 1942年5月25日に撮影がスタートしたが、脚本が未完成であった。特にラストは、ハル・B・ウォリスと脚本家の意見が分かれ、最後まで決まらない ままであったという。
Casablanca-51
Casablanca-55  ・バーグマンが、「イルザはリックとラズロのどちらと結ばれるの?」 と質問したところ、カーティス監督から 「決まっていなので数パターン撮影する 」 と返ってきたので、バーグマンはやる気を失くしたとの伝説が残っている。
  (左の写真) 撮影時のイングリッド・バーグマンとマイケル・カーティス監督
 ・1942年8月3日に撮影が終了。同年11月26日にニューヨークでプレミア公開され、 翌年1月に全米で公開された。
 日本では戦後の1946年 (昭和21年)に公開。イングリッド・バーグマンが日本のファンに初お目見 えとなった作品でもある。
  (左の写真) 左から、ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン、
   マイケル・カーティス監督
Casablanca-50

Casablanca-52  ・アカデミー賞 (1943年度) で は、作品賞、主演男優賞、助演男優賞 (クロード・レインズ)、監督賞、脚色賞、撮影賞(白黒部門)、編集賞、劇・喜劇映画音楽賞(マックス・スタイナー) の8部門でノミネートされ、作品、監督、脚色の3部門で受賞した。
 撮影時の混乱ぶりから失敗作と思っていたバーグマンは、「あんな作品が? 」 と驚いたという。同年、バーグマンは 『誰が為に鐘は鳴る』 の演技で主演女優賞候補となっていた。
 また、ハル・B・ウォリスにはアービング・G・タルバーグ賞が贈呈された。

 ・AFI (アメリカ映画協会) が1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 で第2位に選出。

 AFIが選定した 「アメリカ映画 名セリフ ベスト100」 では、以下のセリフがランクインした。
 <第5位> 「Here's looking at you, kid. 〜  君の瞳に乾杯
Casablanca-53
Casablanca-59
 <第20位> 「Louis, I think this is the beginning of a beautiful friendship.  〜 ルイ、美しい友情の始まりだな
 <第28位> 「Play it, Sam. Play ‟As Time Goes By” 〜 あれを弾いて、サム。‟時の過ぎ行くままに”を
 <第32位> 「Round up the usual suspects. 〜 犯人を捜せ
 <第43位> 「We'll always have Paris. 〜 俺達にはパリの想い出がある
 <第67位> 「Of all the gin joints in the towns in the world, she walks into mine. 〜 世界に星の数ほど店はあるのに、彼女は俺の店にやって来た


Casablanca-2
 ・2006年には、アメリカの脚本家組合の投票で、「偉大な脚本歴代ベスト101」 の第1位に選出された。

< 主題歌 「時の過ぎ行くままに」 >

HOME