20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Irene Dunne

アイリーン・ダン

Irene Dunne

1898-1990 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Cimarron
 シマロン 
  Cimarron
  (1931年/アメリカ)
Roberta
 ロバータ
 Roberta
  (1935年/アメリカ)
Show Boat
 ショウボート
  Show Boat
  (1936年/アメリカ)
The Awful Truth
 新婚道中記
 The Awful Truth
  
(1937年/アメリカ)
Love Affair
 邂逅
 Love Affair
  (1939年/アメリカ)
I Remember Mama
 ママの想い出
 I Remember Mama
 
(1948年/アメリカ)
 
    1930〜40年代に活躍した無冠の名女優

  ・1898年、ケンタッキー州生まれ。11歳の時に、音楽教師でミシシッピ川蒸気船のコン サートピアニストでもあった父親が亡くなり、母親の故郷インディアナ州へ移住。
 高校卒業後、奨学金を得てシカゴ音楽大学 へ入学。卒業後、オペラ歌手のオーディションを受けたが不合格となり、ミュージカル劇団のコーラス・ガールとなった。

 ・1922年、ブロードウェイ・デビュー。
 28年に歯科医と結婚したが、女優を続け、29年にRKO社と契約。

 ・ミュージカル・コメディ 『女護ヶ島上陸』 (1930年)の主役で銀幕デビュー。
  (右の写真) 『女護ヶ島上陸』
Leathernecking

Cimarron-2  ・デビュー2作目で、大作西部劇 『シマロン』 (1931年) のヒロインに抜擢され、アカデミー賞主演女優賞にノミネートもされた。
 『シマロン』 は、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』 (1990年) が登場するまで、アカデミー賞作品賞を獲得した唯一の西部劇で、また、大ヒットしたものの、RKO社史上最高の製作費 (当時) を回収出来ず、オスカー受賞作品で唯一の赤字作品となっている。 (左の写真) 『シマロン』 リチャード・デックスと

 ・『ロバータ』 (1935年) では、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースの人気コンビと共演。
 彼女が歌った 「煙が目にしみる 」 は、多くの歌手にカヴァーされ、中でもザ・プラターズのカヴァー曲は大ヒットした。
  (右の写真) 『ロバータ』 フレッド・アステア(左)、ジンジャー・ロジャース(中央)と
Roberta-2

Magnificent_Obsession
Show_Boat-2
『愛と光』 (1935年) ロバート・テイラー
『ショウボート』 (1936年) アラン・ジョーンズと

 ・コメディ 『花嫁凱旋』 (1936年) で再びアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、『新婚道中記』 (1937年/監督:レオ・マッケリー で、2年連続3度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
Theodora Goes Wild The_Awful_Truth-4
『花嫁凱旋』 メルビン・ダグラス 『新婚道中記』 ケーリー・グラント

 ・『邂逅』 (1939年/監督:レオ・マッケリー) で、4度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
Love_Affair-2 Penny_Serenade-2
『邂逅』 シャルル・ボワイエ 『愛のアルバム』 (1941年) ケーリー・グラントと

 ・『オールウェイズ』 (1989年/監督:スティーブン・スピルバーグ) の元作品 『ジョーという名の男 』 (1943年/監督:ヴィクター・フレミング、大ヒット・ミュージカル 『王様と私』 の元作品 『アンナとシャム王』 (1946年) 等に出演。
A_Guy_Named_Joe Anna_and_the_King_of_Siam
『ジョーという名の男 』 スペンサー・トレイシー 『アンナとシャム王』 レックス・ハリソンと

I_Remember_Mama-3
 ・『ママの想い出』 (1948年/監督:ジョージ・スティーヴンスで、5度目のアカデミー賞主演女優賞候補となるも、オスカー像には手が届かなかった。 
  (左の写真) 『ママの想い出』 フィリップ・ドーンと

 ・『It Grows on Trees (1952年) を最後に銀幕からは引退。1962年までTVで活躍した。また、55年には女性では初めてテクニカラー社の取締役に選出された。

 ・1955年、ディズニーランド開園日の式典で、「蒸気船マーク・トウェイン号」 の進水式に登場。シャンパンのボトルを叩きつける役を担った。
  (右の写真) 「蒸気船マーク・トウェイン号」 進水式で。
   TVの人気司会者アート・リンクレター(左)と
Irene_Dunne_1955

 ・私生活では敬虔なカトリック教徒であり、晩年まで慈善事業に尽力もしていた。

 ・1990年91歳で他界。

Irene Dunne-2
Irene Dunne-3

HOME