20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Clara Bow

クララ・ボ ウ

Clara Bow

1905-1965 (アメリカ)


heartbar

     代表作

It
 あれ
  It
  (1927年/アメリカ)
Wings
 つばさ
 Wings
  (1927年/アメリカ)

    サイレント末期のセックス・シンボル

 ・1905年、ニューヨーク生れ。16歳の時に雑誌の美人コンテストで優勝し、翌年に銀幕デビュー。2作目の 『船に打ち乗り海原指して』 (1922年) で、脇役ながらも注目を集め、10作目の 『酒』 (1924年) で 初の主役に。
 当時流行していた ‟フラッパー” スタイルを代表する女優の1人として人気を博した。
  (右の写真) 『人罠』 (1926年)
Mantrap

Wings-3  ・『あれ』 (1927年) が大ヒット。原題の ‟IT ” (イット) は、「異性を引き付ける性的な魅力」 といった意味。クララは、IT を備えたデパート・ガールを演じ、以後、IT GIRL(イッ ト・ガール) と呼ばれるようになった。
 同年、第1回アカデミー賞の作品賞を受賞した 『つばさ』 のヒロインも務めた。
  (左の写真) 『つばさ』 (1927年)

youtube-Logo  代表作 『あれ』 より


 ・恋多き女性だったようで、『人罠』 、『フラ』 (1927年)ヴィクター・フレミング監督、『赤ちゃん母さん』 (1927 年) で共演したゲーリー・クーパーなどと浮名を流した。
  (右の写真) 『赤ちゃん母さん』 ゲーリー・クーパーと
Children_of_Divorce-2

The_Wild_Party  ・トーキーの時代になっても変わらぬ人気を保ち、ハリウッドのセックス・シンボルと謳われ、最高給取りの女優の1人となったクララだったが…。
 (左の写真) 自身初のトーキー作品  『底抜け騒ぎ』 (1929年)  フレドリック・マーチ

 ・1930年、致命的なスキャンダルが発生。
 ゴシップ記事の内容は殆どデタラメであったそうだが、精神的なダメージを受けたクララは一旦ハリウッドを去り、俳優のレックス・ベルと結婚 してネバダ州の牧場に移り住んだ。
  (右の写真) 夫のレックス・ベルと
Rex_Bell-2

Call_Her_Savage.  ・一度復帰し、『ミス・ダイナマイト』 (1932年)、『フープラ』 (1933年) の2作品に出演したが、その後、新たに契約する会社もなく、28歳の若さで引退。
 何度か復帰を試みたこ とがあったそうだが、それも叶わぬ夢と終わった。
  (左の写真) 『ミス・ダイナマイト』

 ・引退後、2児を授かったが、アルコールに浸ることが多くなり、一時期、精神病の療養施設に収容されていたという。施設から出た後は、ネバダ州の家族の元には帰らず、ロスアンゼルスで一人暮らしを送っていた。
 1965年60歳で他界。

 ・貧しい家庭に生まれ育ち、父親はアルコール依存症で、母親は精神病院で亡くなっている。両親の悪いところばかりを受け継いでしまったようでもある。

Clara_Bow-5
Clara_Bow-4