20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Janet Gaynor-4

ジャネット・ゲイナー

Janet Gaynor

1906-1984 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Seventh Heaven
 第七天国
  7th Heaven
  (1927年/アメリカ)
Sunrise
 サンライズ
 Sunrise
  (1927年/アメリカ)
Street Angel
 街の天使
 Street Angel
 (1928年/アメリカ)
A Star is Born
 スタア誕生
 A Star is Born
 (1937年/アメリカ)

    第1回アカデミー賞主演女優賞を受賞した清純派の人気スター

 ・1906年、ペンシルベニア州生れ。高校卒業後、ロスアンゼルスへ引っ越し、靴屋で働きながら映画会社のスタジオを訪ねて回っていた。
 24年から2年間はエキストラ出演が続いていたが、初めて得た助演の 『ジョンズタウンの大洪水』 (1926年) での演技が認められ、FOX社と契約。『シャムロック大競馬』 (1926年/監督:ジョン・フォードで初の主役を務めた。

 ・1927年、古典的名作となった 『第七天国』『サンライズ』 の2作品でヒロインを演じ大ブレイク。翌年、『第七天国』 のフランク・ボーゼージ監督、主演男優のチャールズ・ファレルと再び組んだ 『街の天使』 も大ヒットした。

 ・1928年、第1回アカデミー賞で主演女優賞を受賞。
 上記の3作品での演技に対して贈られた賞だが、複数作品での受賞は第1回のジャネット・ゲイナーだけである。
 前評判の高かった大女優グロリア・スワンソンを破っての受賞で、新星の誕生であった。
  (右の写真) アカデミー協会初代会長のダグラス・フェアバンクス
Gaynor-Oscar
Gaynor-oscar-2  ・当時はアカデミー賞がこれほど大きな賞になるとは思っておらず、オスカー像を貰うことよりも、ダグラス・フェアバンクスに会えることに感激していたという。
 彼女の22歳での主演女優賞受賞は、1986年第59回のマリー・マトリン (『愛は静けさの中に』) に破られるまで、最年少受賞の記録だった。

 ・『第七天国』、『街の天使』 で共演したチャールズ・ファレルとは、1934年までに12本の映画で共演。
 ‟America's Favorite Lovebirds(人気者のあつあつカップル) と呼ばれた人気コンビだった。
Lucky Star Sunny_Side_Up
『幸運の星』(1929年/監督:フランク・ボーゼージ)
 チャールズ・ファレルと
『サニー・サイド・アップ』 (1929年)
チャールズ・ファレルと

 ・トーキーの時代に入っても活躍。ドル箱  (マネー・メイキング) スター・トップ10には、1932年第2位、33年第3位、34年第3位と3回ランクイン (1932年以前は調査なし)。
 清純派スターとして高い人気を誇り、メアリー・ピックフォードの後継者と言われていた。
The Farmer Takes a Wife
Smaii Town Girl
『運河のそよ風』 (1935年)
ヘンリー・フォンダ (デビュー作) と
『小都会の女』 (1936年)

 ・1937年、20世紀FOX社を離れ、独立系の製作者デビッド・O・セルズニックと契約。『スタア誕生』 (1937年/監督:ウィリアム・A・ウェルマンが大ヒットし、再びアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。
 (右の写真) 『スタア誕生』 フレドリック・マーチ (中央)、アドルフ・マンジュー (右)と
 
A Star is Born-2

Bernardine
 ・『心の青春』 (1938年) 出演後、2度目の結婚を機に引退したが、『Bernardine(1957年) で約20年ぶりに銀幕復帰。同作が最後の映画出演となった。 
  (左の写真) 『Bernardine 』 ディーン・ジャガーと
 

 ・1978年、第50回アカデミー賞授賞式に主演女優賞のプレゼンターとして登場。『アニー・ホール』 (1977年) で受賞したダイアン・キートンにオスカー像を手渡した。
  (右の写真) ダイアン・キートン(左)と

 ・1980年には、73歳でブロードウェイ・デビューも果たした。
Academy 1978

 ・1982年、搭乗していた車に飲酒運転の車が衝突。同乗者に死者が出た大きな事故で、彼女も全身骨折の大怪我を負う不幸に見舞われた。怪我は完治したものの、体力を奪われ、入退院を繰り返すこととなってしまった。

 ・1984年77歳で他界。

Janet Gaynor-5
Janet Gaynor-6