20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Adolphe Menjou

アドルフ・マンジュー

Adolphe Menjou

1890-1963 (アメリカ)


starbar

     代表作
 
A Woman of Paris
 巴里の女性
 A Woman of Paris
 (1923年/アメリカ)
Morocco
 モロッコ
 Morocco
 (1930年/アメリカ)
The Front Page
 犯罪都市
  The Front Page
 (1931年/アメリカ)
Arms-23.
  戦場よさらば
 A Farewell to Arms
 
(1932年/アメリカ)
A_Star_is_Born-2
 スタア誕生
  A Star is Born
 (1937年/アメリカ)
100_Men_and_a_Girl-3
 オーケストラの少女
 100 Men and a Girl
  (1937年/アメリカ)

    戦前のハリウッドきっての洒落男

 ・1890年、ペンシルベニア州生まれ。コーネル大学卒業後、役者となり、1916年に銀幕デビュー。第一次世界大戦中は陸軍の救護班員として活動した。

 ・戦後、ルドルフ・ヴァレンチノ主演の 『 シーク 』 (1921年)ダグラス・フェアバンクス主演の 『 三銃士 』 (1921年) 等、人気スターのヒット作に出演して名をあげていき、チャップリンが監督した 『巴里の女性』 (1923年) でスターとしての地位を確立した。
The Sheik
The_Three_Musketeers
『シーク』 ルドルフ・ヴァレンチノ (右) と 『三銃士』 前から2列目、右から3番目がアドルフ・マンジュー
A_Woman_of_Paris-2
Forbidden_Paradise
『巴里の女性』 エドナ・パーヴィアンス 『禁断の楽園』 (1924年/監督:エルンスト・ルビッチ
ポーラ・ネグリ

 ・トーキーの時代に入ってからも、数多くの名作、ヒット作に出演。コメディの傑作 『犯罪都市』 (1931年) ではアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。
Morocco21
The_Front_Page
『モロッコ』 (1930年/監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
マレーネ・ディートリッヒ

『犯罪都市』 (1931年/監督:ルイス・マイルストーン
パット・オブライエン(右)と

A_Farewell_to_Arms-2
Forbidden
『戦場よさらば』 (1932年/監督:フランク・ボーゼージ
ゲーリー・クーパー(左)、ヘレン・ヘイズ(中央)と

たそがれの女』 (1932年/監督:フランク・キャプラ
バーバラ・スタンウィック

Morning_Glory
Little Miss Marker
『勝利の朝』 (1933年)
キャサリン・ヘップバーン

『可愛いマーカちゃん』 (1934年)
シャーリー・テンプル
The_Milky_Way
100_Men_and_a_Girl-2
『ロイドの牛乳屋』 (1936年/監督:レオ・マッケリー
ライオネル・スタンダー(左)、ハロルド・ロイド(中央)と

『オーケストラの少女』 (1937年)
ディアナ・ダービンと
Stage_Door
Golden_Boy
『ステージ・ドア』 (1937年)
キャサリン・ヘップバーンと

『ゴールデン・ボーイ』 (1939年/監督:ルーベン・マムーリアン
バーバラ・スタンウィック(中央)、ウィリアム・ホールデン(右)と

Adolphe_Menjou-4
 ・当時のハリウッドでは洒落男の代名詞のような存在であった。
 『サンセット大通り』 (1950年/監督:ビリー・ワイルダーの中に、タキシードを着た主人公 (ウィリアム・ホールデン) が、「その服、アドルフ・マンジューから借りたのかい?」 と冷やかされるシーンも用意されていたという。
 (左の写真) 靴のコレクションを披露するアドルフ・マンジュー

 ・政治的にはガチガチの保守派で、「赤狩り」 の時代にはその急先鋒の1人でもあった。

 ・第二次大戦後はあまり作品に恵まれなかったが、息長く活躍。最後の映画となったウォルト・ディズニー製作の 『ポリアンナ』 (1960年)まで、150本近くの映画に出演した。
  (右の写真)  『突撃』 (1957年/監督:スタンリー・キューブリック) カーク・ダグラス(右)と

 ・1963年73歳で他界。
Paths of Glory

Adolphe Menjou-2
Adolphe Menjou-3

HOME