20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Harold Lloyd

ハロルド・ロイド

Harold Lloyd

1893-1971 (アメリカ)


starbar

     代表作

Safty Last!  ロイドの要心無用
 Safety Last!
  
(1923年/アメリカ)
Girl_Shy
 猛進ロイド
 Girl Shy
 (1924年/アメリカ)
The Freshman  ロイドの人気者
 The Freshman
  (1925年/アメリカ)
The_Kid_Brother
  キッド・ブラザー
 The Kid Brother
 (1927年/アメリカ)

    丸縁メガネの人気コメディアン

 サイレント期に特に人気の高かった喜劇役者で、チャップリンキートンと並び「3大喜劇王」 と称された。
  年齢はチャップリン (1889年生) より下で、キートン (1895年生) よりも上。
 丸縁メガネ (レンズは付いていなかった) がトレード・マークで、その昔、同型のメガネは ロイド眼鏡」 とも呼ばれていた。

 ・1893年、ネブラスカ州生れ。17歳の時に両親が離婚し、父親と共にカリフォルニア州へ。
 1913年、エキストラ稼業をスタート。ある作品で同じくエキストラ出演していたハル・ローチと出会い、意気投合。
 1915年、ハル・ローチが映画製作会社を設立し、ロイドは主役として迎えられた。
  (右の写真) ハル・ローチ(左)と
Hal Roach

Lonesome Luke  ・ローチと組んだ7作目 『Spit-Ball Sadie (1915年) で、チャップリンの 「浮浪者」 を真似て、口ひげを付けたキャラクター 「孤独なルーク = Lonesome Luke 」 を初お披露目。
 「孤独なルーク 」 に扮した6作目 『Giving Them Fits (1915年) では、以後、不動のメンバーとなるスナッブ・ポラードとビーブ・ダニエルズが初登場。
 「孤独なルーク 」 シリーズは、1917年までに70本弱が製作された。
  (左の写真) 「孤独なルーク  」 に扮したロイド

 ・『ロイドの野球』 (1917年) で初めて丸縁メガネの青年 「The Boy 」 として登場。
 以後、ロイドと言えば丸縁メガネというキャラクターが定着した。
 この頃から、多忙となったハル・ローチに代って、他の人が監督をする作品が多くなったが、共演のスナッブ・ポラード、ビーブ・ダニエルズとのトリオは不変だった。
  (右の写真) 丸縁メガネの青年に扮したロイド
Lloyd-4

Ask_Father
 ビーブ・ダニエルズ
 
Giving Them Fits
(1915年) 以後約150本でロイドと共演。 『Captain Kidd's Kids (1919年)を最後にパラマウント社へ移籍。『男性と女性』 (1919年)、『四十二番街』 (1933年) 等に出演。ルドルフ・ヴァレンチノの相手役も務めた。
 (左の写真) 『ロイドの父に聞いて』 (1919年)
 スナッブ・ポラード
 『ずるい若様』 (1920年) までロイドと共演 (ダニエルズより2本多い)チャップリンとも、『アルコール先生海水浴の巻』 (1915年)『ライムライト』 (1952年)で共演。『雨に唄えば』 (1952年) では、ジーン・ケリーから傘を渡される通行人として出演 (顔は見えない) 
Snub Pollard

Lioyd-Davis  ・ビーブ・ダニエルズの後釜として、『其の日ぐらし』 (1919年) からヒロインを務めたのがミルドレッド・デイビス。
 それまでは短編であったが、デイビスとの12作目 『ロイドの水兵』 (1921年)  からは長編映画に。
 (左の写真)  『ロイドの水平』 ミルドレッド・デイビスと

 ・4作目の長編 『ロイドの要心無用 (1923年)は、その年の興行成績で第4位の大ヒットとなり、ロイドの一番の代表作となった。
 本作の撮影後にミルドレッド・デイビスと結婚。2人の最後の共演作でもある。
  (右の写真) 『ロイドの要心無用』
Safty_Last-2

The_Freshman-3
 ・新ヒロインにジョビナ・ラルストンを迎えた 『ロイドの巨人征服』 (1923年) を最後に、ハル・ローチとのパートナーシップを解消。
 自ら製作も兼ねた 『猛進ロイド』 (1924年)、『ロイドの人気者』 (1925年)、『ロイドの福の神』 (1926年) 等をヒットさせ、トーキーになってからも、『危険大歓迎』 (1929年)、『ロイドの足が第一』 (1930年) 等をヒットさせたが、徐々に興行成績が下降し、『ロイドのエジプト博士』 (1938年) を最後に役者としては引退した。
  (左の写真) 『ロイドの人気者』 ジョビナ・ラルストンと。

 ・『ハロルド・ディドルボックの罪』 (1947年/監督:プレストン・スタージェスで、9年ぶりに銀幕復帰。
 ロイド最大のヒット作 『ロイドの人気者』 (1925年) の続編で、大富豪ハワード・ヒューズからの要請で出演したが、これが最後の映画出演となった。
  (右の写真) 『ハロルド・ディドルボックの罪』
The_Sin_of_Harold_Diddlebock

Lloyd-Oscar  ・1952年、アカデミー賞名誉賞を受賞。
 ロイドはアカデミー協会の創設会員36名の中の1人でもあった。
  (左の写真) オスカー像を手にするロイド

 ・1962年、自身の映画の名場面を再編集した 『ロイドの喜劇の世界』 を発表。

 ・ミルドレッド・デイビスとは、彼女が1969年に亡くなるまで連れ添った。家族が暮らしたビバリーヒルズの豪邸、通称 「グリーン・エーカーズ」 は、部屋が44、バス・ルームが26もあり、6000坪の敷地内には噴水が12もある。現在は歴史的建物として国に登録されている。

 ・1971年77歳で他界。

   『ロイドの化物退治』 (1920年) の撮影時に、爆発事故で右手の親指と人差し指を失くしている。  
  人気コミック 「スーパーマン」 のクラーク・ケントのモデルだと言われている。

Lloyd-2
Lloyd-3

HOME