20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Buster Keaton

バスター・キートン

Buster Keaton

1895-1966 (アメリカ)


starbar

     代表作

Sherlock, Jr.  キートンの探偵学入門
 (忍術キートン)
 Sherlock, Jr.
 (1924年/アメリカ)
The Navigator  海底王キートン
 The Navigator
 (1924年/アメリカ)
Seven Chances
 キートンのセブン・チャンス
  Seven Chances
  (1925年/アメリカ)
The General
 キートン将軍
 (キートンの大列車追跡)
 The General
 (1926年/アメリカ)
Steamboat_Bill,_Jr.
 キートンの船長
 (キートンの蒸気船)
 Steamboat Bill, Jr.
 (1928年/アメリカ)
The_Cameraman
 キートンのカメラマン
 The Cameraman
 (1928年/アメリカ)


    笑わぬ喜劇役者。3大喜劇王の1人。

 サイレント期に特に人気の高かった喜劇役者で、チャールズ・チャップリンハロルド・ロイドと並び、「3大喜劇王」 と称された。

 ・1895年、カンザス州生れ。本名は Joseph Frank Keaton
 両親が舞台芸人だったので、3〜4歳の頃から一緒に舞台に出演していた。父親が彼を観客席に放り投げるといった荒っぽい芸もあったため、両親は児童虐待の容疑で警察にお咎めを受けたこともあったという。
  子供の頃に梯子階段の上から落っこちた時でも平気な様子をしていたので、‟Buster = 頑丈な男の子、大した奴 ” との芸名が付いた。
  (右の写真) 子供の頃のキートンと両親
Keaton-4

Keaton_Arbuckle  ・当時人気のあった喜劇役者の 「でぶ君」 こと、ロスコー・アーバックルに誘われ、『ファッティとキートンのおかしな肉屋』 (1917年)で銀幕デビュー。
 キートンは父親がアルコール依存症で舞台出演も覚束なくなっていた時期であり、アーバックルはマック・セネットのキーストン社を辞めたあと、自身の映画製作会社を設立し、相方を探していた時期であった。
 アーバックル主演の14作品に出演した。
  (左の写真) ロスコー・アーバックル(右)と

 ・初主演は 『文化生活一週間 (キートンのマイホーム) (1920年)。以後、23年までに合計19本の短編映画に出演。
 初の長編 『馬鹿息子』 (1920年) は、ダグラス・フェアバンクスの推薦により出演した作品で、所謂ドタバタ喜劇ではなく、キートンのキャリアで異色の作品となっている。
 スタントマン顔負けの体を張ったアクション、そして、どんな場面でも決して喜怒哀楽を表情に出さなかったため、‟The Great Stone Face ”、「偉大なる石の顔(=無表情)」 と呼ばれるようになった。
  アーバックルと共演した初期の作品や 『馬鹿息子』 では笑ったことがあるという伝説も。 
  (右の写真) 『捨小舟』 (1923年)
The_Love_Nest

Talmadge_Sisters
 ・1921年、女優のナタリー・タルマッジと結婚。彼女の姉ノーマ、妹コンスタンスも女優。
 ノーマの夫はキートンの映画の製作者ジョセフ・M・シェンク。
 キートンは資金面のサポーターであったシェンクと親戚にもなったのだった。
  (左の写真) 左からノーマ、キートン、ナタリー、コンスタンス
   * ジョセフ・M・シェンク … 後にユナイテッド・アーチスツ社の社長、20世紀FOX社の会長等に就任した。

 ・人気スターとなったキートンが、チャップリンの撮影所を買い取ったのもこの頃。
  (右の写真) 前列1番左がキートン。その隣がチャップリン。

Keaton-Chaplin

Our_Hospitality  ・初の長編ドタバタ喜劇 『滑稽恋愛三代記 (キートンの恋愛三代記)(1923年) から、『キートンの船長 (キートンの蒸気船) (1928年) まで、10本の長編をキートンとシェンクで製作。この時期が全盛期となった。
 (左の写真) 『荒武者キートン (キートンの激流危機一髪)』 (1923年)
    唯一の共演となった妻のナタリー・タルマッジと

 ・キートンはシェンクとのパートナーシップを解消。自身の撮影所も手放してMGM社と契約。1作目の 『カメラマン』 (1928年) は傑作とされているが、同社のスタジオ・システムに馴染めず、徐々に精彩を欠いていった。
 キートン自身、MGM社との契約はキャリア最大の過ちとしているが、9作目の 『キートンの麦酒王』 (1933年) を最後に同社を解雇された。
  (右の写真) 自身初のトーキー作品  『キートンのエキストラ』 (1930年)
Free_and_Easy

Italian_Villa
 ・1932年、ナタリーと離婚。彼女はマテリアル・ガールであったらしく、大豪邸の通称 「イタリア荘」 を建てたのも彼女の要望であり、キートンの稼ぎの1/3は彼女のファッション代だったという。2人の息子はナタリーが引き取り、約10年間、キートンは息 子たちと会うこと も拒絶されていた。
  (左の写真) 「イタリア荘」 の前に佇むキートン
 ・この時期、キートンはアルコール依存症となり、療養所にも入ったが、その時の看護婦であったメイ・スクリヴンと33年に再婚。しかし、3年後に離婚した。
  (
右の写真) 2番目の妻メイ・スクリヴンと
Mae_Scriven

Keaton and Marx  ・MGM社を解雇された後は、エデュケーショナル社 (34〜37年) 、コロンビア社 (39〜41年) で短編映画に出演した他、フランスやイギリスの映画に出演したが、メジャーの檜舞台からは遠ざかっていた。糊口を凌ぐためか (経済的に破綻した事もあったという) 、MGM社で 『マルクス兄弟珍サーカス』 (1939年) 等のギャグ・ライターをした事もあった。
  (左の写真) マルクス兄弟のグルーチョ(左)、チコ(右) と

 ・1940年、MGM社のダンサー、エレノア・ノリスと再婚。舞台では夫婦で共演もした。彼女は23歳も年下であったが、公私ともにキートンを支え、キートンが亡くなるまで連れ添った。
  (右の写真) 3番目の妻エレノアと
Eleanor_Norris

Limelight  ・40年代もB級映画への出演が続いていたが、ジュディ・ガーランド主演の 『グッド・オールド・サマータイム』 (1949年) で、数年ぶりにメジャーの檜舞台に復帰。その後、大ヒット作 『サンセット大通り』 (1950年) にカメオ出演し、『ライムライト』 (1952年) ではチャップリンと夢の初共演を果たした。
  (左の写真) 『ライムライト』 チャップリン(右)と

 ・1952年、「イタリア荘」 を購入したジェームズ・メーソンが、失われたとされていたキートンの旧作のフィルムを発見し、54年、映画コレクターのレイモンド・ロウハウアーらによってリバイバル上映された。
 キートンの再評価が高まり、伝記映画 『バスター・キートン物語』 (1957年) も製作された。キートンは自分を演じることになったドナルド・オコナーに演技指導をした。 (右の写真) ドナルド・オコナー(右)と
Keaton-Donald_O'Connor

Keaton-Oscar  ・1959年、アカデミー賞名誉賞を受賞。
 「スクリーンに消えることのないコメディを残した独創的な才能」 に対して贈られた。
  (左の写真) オスカー像を贈られるキートン(左)。こんな時でも ストーン・フェイス。

 ・1960年、自伝 「わが素晴らしきドタバタ喜劇の世界」 出版。

 ・良き伴侶に恵まれ、再評価もされ、充実した晩年を過ごした。1966年70歳で他界。

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した「伝説のスター・ベスト50」 で、男優部門の第21位にランクイン。

 ・2000年、AFI が選定した「笑えるアメリカ映画ベスト100」 では、『キートン将軍』 が第14位、『キートンの探偵学入門』 が第62位、『海底王キートン』 が第81位にランクイン。

Keaton-2
Keaton-3

HOME