20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
A Farewell to Arms

     イントレランス
     Intolerance
     監督:D.W.グリフィス
     (1916年/アメリカ)
filmbar

 
 「アメリ カ映画の父」 グリフィス監督の不滅の名作

 いつの時代においても 「不寛容」 (Intolerance ) が、悲劇をもたらしていた

 <<現代編>>
 
人間性向上を訴える女性 運動家たちに資金援助 を求められた工場主は、足りない資金を補うため、従業員の賃金をカットした。従業員たちはストライキを起こしたが、武力で鎮圧されてしまった。
 
可愛い人は、職を失った父親と新たな土地へ移ったが、間 もなく父親は亡くなってしまった。
g1 g2 g3

  

 <<ユダヤ編>>
 
古代のエルサレム。ガラ リヤのカナの婚礼に 招待されたイエス・キリストを、パ リサイ人 (ユダヤ教の一派で偽善者とされる) が軽蔑の目で見ていた。水が葡萄酒に変わる最初の奇蹟。
Black
y1 y2

  

 <<中世編>>
 
1572年のパリは、カ トリック派とユグノー派 (当時のプロテスタント派) の内乱状態であった。
 
国王シャルル世がユグノー派のコリニー提督を寵愛しており、カト リック派は不満を抱いていた。国王の妹マルグリッド が、ユグノー派のアンリ公と結婚をして、両派の対立の融和を図ったが
Black f1 f2
  

 <<バビロン編>>
 紀元前539年、ベルシャザル王時代のバビロン。山の 娘は、ベル教司祭の従者ラプソードから求愛されたが相手にしな かった。
 
バビロンの城門が開かれ、女神イシュタルの像が運ばれてきた。ベル教の司祭は、イシュタル神が崇拝されるのを見て、自分の 宗教的権威の失墜を自覚し、再建を決意した。
b1 b2 b3

  

 ◆ 主 な出演者など

Mae_Marsh
 ・可愛い人  メイ・マーシュ Mae Marsh 1894-1968)

 代表作 : 『國民の創生』 (1915年)、 『イン トレランス』 (1916年)
 後年、ジョン・フォード監督『怒りの葡萄』 (1940年)、『荒野の決闘』 (1946年)、『静かなる男』 (1952年) 等にも端役で出演した。

 ・孤独な女  ミリアム・クー パー Miriam Cooper   (1891-1976)

 
代表作 : 『國民の創生』 (1915年)、 『イントレラン ス』 (1916年)
 1916年、ラオール・ウォルシュ監督と結婚。同監督の作品に数多く出演したが、24年に引退。同監督とは26年に離婚した。
Miriam_Cooper

Margery_Wilson
 ・ブラウン・アイズ  マー ジェリー・ウィルソン Margery Wilson 
 
1896-1986)

 
代表作 : 『イントレランス』 (1916年)
 1922年までに、約50本の映画に出演。最後の出演作では監督も務めた。

 ・山の娘  コンスタンス・タ ルマッジ Constance Talmadge
 
1898-1973)

 
代表作 : 『イントレランス』  (1916年)
 人の姉、ノーマとナタリーも女優。ナタリーは、喜劇役 者バスター・キートンの最初の結婚相手 (1921-1932) だった。
Constance_Talmadge

Lillian_Gish
 ・ゆりかごを見つめる女  リリアン・ギッシュ Lillian Gish

 ・「ゆるやかな四つの川が次第に近づ き、流れも勢いも増しながら、やがて合流して大河となる (グリフィス監督) 一大叙事詩。
  (右の写真) D.W.グ リフィス監督
D_W_Griffith

HOME