20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
The_Quiet_Man

     静かなる男
     The Quiet Man
     監督:ジョン・フォード
     (1952年/アメリカ)
filmbar

 
 ジョン・ フォード監督の名作ヒューマン・コメディ

 アイルランドのキャッスルタウン駅に到着した汽車から1人の男が降り立った。幼い頃に母親 とアメリカへ移住したショーン・ソーントン生 まれ故郷に帰って来たのだ。子供の頃の彼を知るミケリーンの荷馬車で、生家のあるイニスフリー 村へ向かったショーンは、途中で出会ったメアリー・ケイト・ダナハーに一目惚れした…。
The_Quiet_Man-1
The_Quiet_Man-2
The_Quiet_Man-3
 ショーンは空き家となっていた生家を後家のティ ランから買い取ったが、このことで、メアリー・ケイトの兄レッド・ウィル・ダナハーに目の仇とされてしまった。その家はダナハー家の地所に隣接しており、レッド・ウィルも購入 したがっていたのだ。また、レッド・ウィルはティランに惚れており、彼女が自分よりもショーンを優遇したことも癪に障っていた。
The_Quiet_Man-4
The_Quiet_Man-5
 その夜。ショーンがバーで黒ビールを飲んでいると、レッド・ウィルが絡んできた。危うく喧 嘩になりかけたが、ロナガン神父が仲裁に入り、その場を治めた。ショーンが村で生れた男だと 知った村人たちは彼を歓迎した。唯一人、レッド・ウィルを除いて。
The_Quiet_Man-6
The_Quiet_Man-7

  

youtube
 『静かなる男』 予告編



  主な出演者など

The_Quiet_Man-30
 ショーン・ソーントン役ジョン・ウェイン John Wayne
 メアリー・ケイト・役モーリン・オハラ Maureen O'Hara
 
ミケリーン役バ リー・フィッツジェラルド Barry Fitzgerald
 レッド・ウィル・ダナハー役ヴィクター・マクラグレン Victor McLaglen
 ロナガン神父役 … ワード・ボンド Ward Bond

 ・アイルランド移民の子であるジョ ン・フォード監督が、自身のルーツへの郷愁を込めて、詩情豊かに描いたヒューマン・コメディの名作。
 1936年に原作の映画化権を取得して以来、16年かかって念願の作品を撮り終えたフォード監督は、スタッフを前にして、「いつ引退してもいい 」 と語ったという。
 (左の写真) 撮影時。左から、ジョン・ウェイン、フォード監督、アーサー・シールズ
The_Quiet_Man-31

The_Quiet_Man-32
 ・上記の他、フォード監督の兄フランシス・フォード (村 の長老ダン・トビン役)、バリー・フィッツジェラルドの弟アーサー・シールズ(プレイフェア牧師役)等 々、アイリッシュ系の ‟フォード一家” が総出演。
 予算の都合上、ジョン・ウェインは通常よりも安いギャラで出演した。
 (左の写真) 撮影時。左から、モーリン・オハラ、フランシス・フォード、ジョン・ウェイン、
  バリー・フィッツジェラルド


 ・アカデミー賞では、作品賞、助演男優賞(ヴィクター・ マクラグレン) 等、7部門でノミネートされ、監督賞、撮影賞(カラー部門) の2部門で受賞。
 リパブリック社にとって、アカデミー賞作品賞にノミネートされた唯一の作品となった。ジョン・フォード監督は史上最多となる4度目の受賞となったが、授 賞式はいつもの通り欠席し、代理人としてジョン・ウェインがオスカー像を受け取った。
The_Quiet_Man-33

The_Quiet_Man-34
 ・強風が吹き込む空き家の中で、ジョン・ウェインとモーリン・オハラがキスするシーンは、 スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒット作 『E.T.』 (1982年) の中でも使用されるな ど、映画ファンの記憶に残る名シーンとなっている。

The_Quiet_Man-35
The_Quiet_Man-36

  ピック・アップ … ワード・ボンド

Ward_Bond  Ward Bond  1903〜1960  (アメリカ)

 ・1903年、ネブラスカ州生れ。南カリフォルニア大学では、フットボール選手として活躍した (1931年卒業)。同校同部に在籍していたジョン・ウェイン (1927年中退)よりも 4歳年上だが、大学では後輩になる。ジョン・ウェインとはエキストラ時代から20作以上で共演し、私生活においても親友だった。

 ・大学在学中の1928年からエキストとして映画に出演。名脇役として、ジョン・フォー ド、フランク・キャプラハ ワード・ホークスといった巨匠たちの名作に数多く出演した。
The_Grapes_of_Wrath
Sergeant_York-13
『怒りの葡萄』 (1940年/監督:ジョン・フォード)
ヘンリー・フォンダ(左)と
『ヨーク軍曹』 (1941年/監督:ハワード・ホークス)
ゲーリー・クーパー(左)と
My_Darling_Clementine
It's_a_Wonderful_Life
『荒野の決闘』 (1946年/監督:ジョン・フォード)
ヘンリー・フォンダ(中央)、ティム・ホルト(右)と
『素晴らしき哉、人生!』 (1946年/監督:フランク・キャプラ)
ジェームズ・ステュアート(右)と
The_Quiet_Man-37
Rio_Bravo
『静かなる男』 (1952年/監督:ジョン・フォード)
モーリン・オハラと

『リオ・ブラボー』 (1959年/監督:ハワード・ホークス)
ジョン・ウェイン(右)と

 ・生涯で200作以上に出演したが、その内の13作がアカデミー賞作品賞の候補作。

 ・1960年57歳で他界。葬儀では、ジョン・ウェインが弔辞を述べた。

HOME