20世紀・シネマ・パ ラダ イス

filmbar
It's_a_Wonderful_Life

        素晴らしき哉、人生!
         It's a Woderful Life
          監督:フラ ンク・キャプラ
         (1946年/アメリカ)
filmbar

  「感動のアメリカ映画ベスト100」 で、第1位に選出された人気のファンタジー作品

 雪の降るクリスマス・イヴ。町の多くの人々が、ジョー ジ・ベイリーの無事を祈っており、その声が、夜空の遥か彼方の天国へ届いた。
 このままではジョージは自ら命を絶ってしまう。天国からの使者として、クラレンスが選ばれ た。彼は、誠実で信仰心も厚いが、お頭 (おつむ) が弱いため、200年間、翼のない2級天使のまま であった。 
It's_a_Wonderful_Life-1
 ジョージを絶望から救ったら、翼を与えられる約束を得たクラレンスは、ジョージの過去を 学習していった…。

 1919年、ジョージは12歳。父親は住宅ローン会社の経営者だが、家庭は決して裕福ではなく、ジョージはガ ウワーさんの薬局店でアルバイトをして、世界旅行と大学進学の資金を稼いでいた。
It's_a_Wonderful_Life-2
It's_a_Wonderful_Life-3
It's_a_Wonderful_Life-4
 1928年、資金が貯まり、ジョージは世界旅行に出立することとなった。
 弟ハリーの高校卒業パーティーへ行ったジョージは、アルバイト先によく来ていたメアリーと久しぶりに再会した。
It's_a_Wonderful_Life-5
It's_a_Wonderful_Life-6
It's_a_Wonderful_Life-7
 パーティーからの帰り道。ジョージとメアリーは、廃屋となっているグランビル屋敷の窓に石 を投げ、願い事をした。
 その時、ジョージの父親が倒れたとの知らせが届いた。
It's_a_Wonderful_Life-8
It's_a_Wonderful_Life-9
It's_a_Wonderful_Life-10
 父親が亡くなり、ジョージは世界旅行を取りやめて会社の仕事を手伝っていた。町一番の富豪 であるポッターが、会社の清算を迫ったが、叔父のビ リーらが猛反対した。ジョージは大学進学をハリーに譲り、住宅ローン会社の社長に就任せざるを得なくなった。
It's_a_Wonderful_Life-11
It's_a_Wonderful_Life-12
It's_a_Wonderful_Life-13

  

youtube
 『素晴らしき哉、人生!』 予告編


 ◆
 主な出演者など

It's_a_Wonderful_Life-32
ジョージ役 … ジェームズ・ステュアート James Stewart
メアリー役 … ドナ・リード Donna Reed
ポッター役 … ライオネル・バリモア Lionel Barrymore
ビリー役 … トーマス・ ミッチェル Thomas Mitchell
クラレンス役 … ヘンリー・トラヴァース Henry Travers

 ・フランク・キャプラ監督が、ウィリアム・ワイラージョー ジ・スティーヴンスらと、1945年に設立した製作会社 「リバティ・フィルム社」 の最初の作品で、原作 「The Greatest Gift(フィ リップ・ヴァン・ドーレン・スターン著) の映画化権を最初に取得していたRKO社が配給した。
  (右の写真) フランク・キャプラ監督(左)とジェームズ・ステュアート
It's_a_Wonderful_Life-33

It's_a_Wonderful_Life-35  ・主役のジェームズ・ステュアートの他、ライオネル・バリモア、トーマス・ミッチェル、 H・B・ワーナー (ガウワー役)、ボーラ・ボンディ (母親役)、 ワード・ボンド (警官役) 等、キャプラ監督作品に出演歴のある俳優が多数出演。
 ヒロイン役も、同監督のお気に入りであったジーン・アーサーが候補であったが、当時引 退に近い状況であった彼女が辞退し、MGM社の若手の人気女優ドナ・リードが抜擢された。

 ・ 第2次世界大戦では、B-24爆撃機のエース・パイロットとして活躍し、大佐にまで昇進した軍の英雄ジェームズ・ステュアートが、名匠フランク・キャプラ 監督と再び組んだ戦後の復帰作として大いに期待されたが、興行成績は芳しくなく、作品、主演男優、監督、編集、録音の5部門でノミネートされたアカデ ミー 賞も無冠に終わった。 It's_a_Wonderful_Life

It's_a_Wonderful_Life-36
 ・1970年代から、クリスマス・シーズンにTVで頻繁に放送されるようになり、現在で はキャプラ監督、ジェームズ・ステュアートの代表作として高い人気を得ており、カラー化もされている。

 ・AFI (アメリカ映画協会) が1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 で第11位、2006年に選定した 「感動のアメリカ映画ベスト100」 では、
見事第1位になっている。

 ◆ ピック・アップ … ヘンリー・トラヴァース

Henry_Travers
 Henry Travers  1874-1965 (イギリス)

 ・イギリスのノーサンバーランド州生れ。20歳の時に、イギリスで舞台俳優としてデビュー。1901年に渡米し、ブロードウェイでデビューしたが、公演 終了後に帰国。

 ・1917年、アメリカに移住し、ブロードウェイで数多くの作品に出演。代表作は 「我が家の楽園」 。1936年から2年間に亘るロング・ランとなった。尚、38年にフランク・キャプラ監督
によって映画化された際には、トラヴァースの役はライオネル・バリモアが演じた。

 ・トーキー後、ジョン・バリモア主演の 『ウィーンの再会』 (1933年) で、59歳の時に銀幕デビュー。映画ファンの記憶に残る名脇役として、数多くの名作に出演。『ミニヴァー夫人』 (1942年) ではオスカー候補にもなった。
Ball_of_Fire
Mrs._Miniver-2
『教授と美女』 (1941年) ゲーリー・クーパー(中央)と
『ミニヴァー夫人』 (1942年) グリア・ガースン
The_Bells_of_St._Mary's
It's_a_Wonderful_Life-37
『聖メリーの鐘』 (1945年) イングリッド・バーグマン(右)と
『素晴らしき哉、人生!』 (1946年) ジェームズ・ステュアートと
 ・ロナルド・レーガン主演の 『真夏の曲線美』 (1949 年) への出演を最後に引退。

 ・1965年91歳で他界。

HOME