20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Thomas Mitchell

トーマス・ミッチェル

Thomas Mitchell

   
1892-1962 (アメリカ)


starbar

     代表作
 
Stagecoach
 駅馬車
 Stagecoach
 (1939年/アメリカ)
Mr_Smith_Goes_to_Washington
 スミス都へ行く
 Mr. Smith Goes to
  Washington
 (1939年/アメリカ)
Gone with the Wind
 風と共に去りぬ
  Gone with the Wind
 (1939年/アメリカ)
Tales of Manhattan
  運命の饗宴
 Tales of Manhattan
 
(1942年/アメリカ)
It's_a_Wonderful_Life
 素晴らしき哉、人生!
 It's a Wonderful Life
 
(1946年/アメリカ)
High Noon
 真昼の決闘
 High Noon
  (1952年/アメリカ)

    演技賞の3冠 (アカデミー、トニー、エミー賞) を達成した最初の俳優

 ・1892年、ニュージャージー州生まれ。両親はアイルランドからの移民。父親と兄が新聞記者だったこともあり、高校を卒業すると地元の新聞社に入社。スクープ記者から漫画作家となった。

 ・1913年、新聞社を退社し、俳優チャールズ・コバーン主宰のシェークスピア劇団に入り、役者に転身。
 「Under Sentence (1916年) でブロードウェイ・デビュー。『文明病』 (1923年) で銀幕デビューもしたが、その後は舞台での活動に専念した。

 ・役者のほか、劇作家、舞台監督としても活躍。フロイド・デルと共同執筆したブロードウェイ劇 「Little Accident (1928年) は、ダグラス・フェアバンクス・ジュニア主演 『貰い児紛失事件』 (1930年)ゲーリー・クーパー主演 『クーパーの花婿物語』 (1944年) と2度映画化された。また、フレドリック・マーチ主演の 『わたしのすべてを』 (1934年) で、映画の脚本家としてもデビューした。

 ・『クレイグの妻』 (1936年) への出演を機に、本格的に映画界に進出。
 翌37年、『失はれた地平線』 (監督:フランク・キャプラ、『明日は来らず』 (監督:レオ・マッケリー、『ハリケーン』 (監督:ジョン・フォード と、名監督たちの大作、秀作に出演。『ハリケーン』 の演技で、アカデミー賞助演男優賞に初ノミネートされた。
  (右の写真) 『ハリケーン』 
The_Hurricane

 ・1939年には、出演した5作品が全てアカデミー賞にノミネート (内3作は作品賞にノミネート) されるという偉業を達成。名脇役として、一流監督たちの良作に出演した証である。
Stagecoach-2
 『駅馬車』 (監督:ジョン・フォード)
  作品賞など7部門でノミネート
Only_Angels_Have_Wings
 『コンドル』 (監督:ハワード・ホークス
  撮影賞など2部門でノミネート
  (左の写真) ケーリー・グラント(左)と
Mr._Smith_Goes_to_Washington-2
 『スミス都へ行く』 (監督:フランク・キャプラ)
  作品賞など11部門でノミネート
  (左の写真) ジーン・アーサー
Gone_with_the_Wind-2
 『風と共に去りぬ』 (監督:ヴィクター・フレミング
  作品賞など13部門でノミネート
  (左の写真) ヴィヴィアン・リー
The_Hunchback_of_Notre_Dame
 『ノートルダムの傴僂男』 (監督:ウィリアム・ディターレ)
  作曲賞など2部門でノミネート
  (左の写真) モーリン・オハラ
 ・ミッチェル本人は、酔いどれの医者を演じた 『駅馬車』 の演技で、アカデミー賞助演男優賞を受賞。
  (右の写真) アカデミー賞授賞式でのトーマス・ミッチェル
Thomas_Mitchell_Oscar

The_Long_Voyage_Home
Tales_of_Manhattan-2
『果てなき航路』 (1940年/監督:ジョン・フォード)
ジョン・ウェイン(右)、ワード・ボンド(手前)と
『運命の饗宴』 (1942年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
シャルル・ボワイエ(左)、リタ・ヘイワース
It's_a_Wonderful_Life_TM
High_Noon-2
『素晴らしき哉、人生!』 (1946年/監督:フランク・キャプラ)
ジェームズ・ステュアート(右)と

『真昼の決闘』 (1952年/監督:フレッド・ジンネマン
ゲーリー・クーパー(左)と


 ・1950年代からはTVでも活躍。1952年、エミー賞主演男優賞を受賞。翌53年、ブロードウェイの 「Hazel Flagg 」 でトニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞。
 アカデミー賞(映画)、エミー賞(TV)、トニー賞(舞台)の3つの演技賞を受賞した最初の俳優となった。

Pocketful_of_Miracles
 ・『ポケット一杯の幸福』 (1961年/監督:フランク・キャプラ) が最後の映画となった。
  (左の写真) 『ポケット一杯の幸福』 ベティ・デイビス

 ・1962年70歳で他界。

Thomas Mitchell-2
Thomas Mitchell-3

HOME