20世紀・シ ネマ・パラダイス

hearttbar
Edna Purviance

エドナ・ パーヴィアンス

Edna Purviance

1895-1958 (アメリカ)


heartbar

     代表作

The_Immigrant
 チャップリンの移民
 The Immigrant
 (1917年/アメリカ)
A_Dog's_Life-2
 犬の生活
 A Dog's Life
 (1918年/アメリカ)
The Kid
 キッド
  The Kid
  (1921年/アメリカ)
A Woman of Paris
 巴里の女性
 A Woman of Paris
  (1923年/アメリカ)

    チャップリンの銀幕の恋人

 ・1915年、チャップ リンのスタッフにスカウトされ、『アルコール夜通し転宅』 (1915年) で銀幕デビュー。時 にエドナ19歳、チャップリン25歳。
 以後、『巴里の女性』 (1923年) まで、チャップリンの1人芝居であった 『午前一時』 (1916年) を除く、全34本のチャップリン映画に出演。( 『三つ巴事件』 は含まず)
 
この8年間、他の監督作品には出演せず、チャップリン映画の専属女優として活躍した。 (右の写真) 『アルコール先生公園の巻』 (1915年)
In_the_Park

Behind_the_Screen
A_Dog's_Life-3.
『チャップリンの舞台裏』 (1916年)
『犬の生活』 (1918年)

A_Woman_of_Paris-4
 ・『巴里の女性』 (1923年)は、 チャップリンがユナイテッド・アーチスツ社で最初に撮った作品。エドナが主演で、チャップリンは監督に専念したシリアスな作品。
 芸術的には大変優れた作品との評価であったが、興行的には失敗作となった。
  (左の写真) 『巴里の女性』 (1923年)

 
・1924年、エドナの自宅で発砲事件が発生。こんな ことも影響したのか、『巴里の女性』 が最後のチャップリン映画となった。

 ・1926年、チャップリン製作、ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督の 『かもめ / 海の女性』 に出演したが未公開に。チャップリンが完成した作品に不満であったためとされている。
 (右の写真) 『かもめ / 海の女性』 出演時

 ・フランス映画 『王子教育』 (1927年) に出演したのを最後に引退。
The_Sea_Gull-2

Youtube
 チャップリン & エドナ トリビュート動画



Edna-Chaplin  ・当初、チャップリンとは恋愛関係にあったと言われている。しかし、チャップリンは1918年に最 初の結婚をし、その後、年若い女優たちと結婚・離婚を繰り返した。
 エドナは1938年にパイロットと結婚したが、45年に死別。
 チャップリンは 『殺 人狂時代』 (1947年) でエドナの復帰を試みたが、役柄とのイメージが合わず実現しなかった。
  * 『殺人狂時代』 と 『ライムライト』 (1952年) にエキストラで出演しているとの説もある。

 ・1958年62歳で他界。チャップリンはアメリカから追放されていたが、エドナが亡くなるまで 「出演料」 を支払い続けていたという。また、チャップリンは亡くなる前年に、『巴里の女性』 のサウンド版を手掛けている。

Edna-2
Edna-3

HOME