20世紀・シネマ・パ ラダ イス

filmbar
Monsieur_Verdoux

        殺人狂時代
         Monsieur Verdoux
          監督:チャールズ・チャップリン
         (1947年/アメリカ)
filmbar

  戦争による大量殺人を批判したブラック・コメディ

 今は亡きアンリ・ヴェルドゥは、 30年務めていた銀行をクビになってから、家族を養うため、女性を殺害して金を奪う ‟青髭” ごときの生活を送っていたという…。

 北フランスのワイン商クーヴェ家では、新婚旅行に出かけて以来、3ヶ月間消息の無いセルマの事を案じていた。
 その頃、セルマと結婚したパリの家具商ヴァネイことヴェルドゥは、南フランスの別荘にいた。庭の焼却炉からは、この3日間絶えることなく煙が出続けてい た。

Monsieur_Verdoux-1 Monsieur_Verdoux-3
 売出し中の別荘を見学に来たグロネイ夫人が 未亡人と知ったヴェルドゥは、猛然とアタックしたが、この時は失敗に終わった。
 セルマの銀行預金を入手したヴェルドゥは、パリで骨休みをしていたが、金を預けている証券会社から連絡が入り、損失補てんのため、大金を調達しなければ ならなくなった。
Monsieur_Verdoux-4 Monsieur_Verdoux-6

  

youtube
 『殺人狂時代』 予告編 US版 & フランス版


 ◆
 主な出演者など

Charles_Chaplin
Isobel_Elsom
Margaret_Hoffman
アンリ・ヴェルドゥ
チャールズ・チャップリン
グロネイ夫人役
イソベル・エルソム

リディア役
マーガレット・ホフマン

Mady_Correll
Martha_Raye
Marilyn_Nash
妻のモナ役
メイディ・コレル

アナベラ役
マーサ・レイ

若い未亡人役
マリリン・ナッシュ


 ・『チャップリン の独裁者』 (1940年) から7年ぶりに公開された、チャップリン57歳の時の作品。
 何故、映画の舞台がフランスで、タイトルもフランス語なのかと言えば、主人公ヴェルドゥにはモデルがおり、その人物が 「ガンベの青髭」 ことアンリ・デジレ・ランドリュー (1869-1922) * ガンベ  … Gambais  フランスのパリ郊外の地名
  (右の写真) プレミア時。左から、メアリー・ピックフォード、チャップリン、 ウーナ夫人
Monsieur_Verdoux-34

Monsieur_Verdoux-28  ランドリューは1915年からの4年間で11人を殺害。被害者の1人は子共だが、あとの 10人は中年女性で、彼は彼女たちの財産で生計を立 てていた。
 映画の中で焼却炉から煙が出ているシーンがあるが、ランドリューは被害者の遺体を大型ストーブで焼却していたという…。
 ランド リューはギロチン刑に処せられている。

 ・チャップリンは、42年にオー ソ ン・ウェルズか らランドリューをモデルとした映画の主演を打診されたが断ったという。その後、ウェルズに原案料を支払い、自ら脚本を執筆したのは、第二次世界大戦の影響 であろう。単なる殺人鬼のストーリーではなく、戦争による大量殺人を批判するメッセージを込めたブラック・コメディの傑作に仕上げた。
  (右の写真) チャップリンとオーソン・ウェルズ(右)
Monsieur_Verdoux-35

Monsieur_Verdoux-29  ・チャップリンは、かつての銀幕でのパートナー、エドナ・パーヴィアンスをグロネイ夫人役に起用するつもりでスクリーン・テストを行っ たが、役柄のイメージと違い実現はしなかった。
 尚、エドナが結婚式の招待客の1人としてエキストラ出演しているという説もあるようです。

 ・公開当時、チャップリンは ‟赤” とのレッテルを貼られていたこともあって、興行的には惨敗し、アカデミー賞においても、脚本賞のノミネートだけにとどまった。
 フォード、キャプラ、ワイラー、ヒッチコックといった名匠たちの戦後第1作目がこぞって公開された前年に比べ、47年度のハリウッド映画は今一つ見劣り する作品群であった。
Monsieur_Verdoux-30

Monsieur_Verdoux-31
 チャップリンへの不当なバッシングがなく、真っ当な評価をされていたら、興行面は勿論、賞 レースにおいても、もっと良い成績を得ていたはずだ。
 日本では52年 (昭和27年) に公開され、キネマ旬報ベスト・テンでは、『第三の男』『天井桟敷の人々』 といった、英・仏映画の金字塔とも言える作品を抑えて、堂々の第1位に選出された。

HOME