20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Ingmar_Bergman

イングマール・ベルイマン

Ingmar Bergman

1918-2007 (スウェーデン)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

The_Seventh_Seal
 第七の封印
  Det sjunde inseglet
 (1957年/スウェーデン)
Smultronstallet
 野いちご
 Smultronstallet
 (1957年/スウェーデン)
The_Virgin_Spring
 処女の泉
 Jungfrukallan
 (1960年/スウェーデン)
The_Silence
 沈黙
 Tystnaden
 (1963年/スウェーデン)
Persona
 仮面/ペルソナ
 Persona
 (1966年/スウェーデン)
Cries_and_Whispers
 叫びとささやき
 Viskninger Och Rop
 (1973年/スウェーデン)
Autumn_Sonata  秋のソナタ
 Hostsonaten
 (1978年/スウェーデン)
Fanny_and_Alexander
 ファニーとアレクサンデル
 Fanny och Alexander
 (1982年/スウェーデン)

   
     ◆
 スウェーデン映画の巨匠

 ・1918年、スウェーデンのウプサラ生れ。父親はルテール教会の牧師で厳格な人物だったが、イングマールは8歳の頃に信仰心を失くし、学校では宿題や試験が嫌いな怠け者だったという。1938年、ストックホルム大学に入学するも、学生演劇に熱中し、大学は中退 (1940年) した。
  * ルテール教会 … キリスト教プロテスタントの教派でルター派とも呼ばれる。スウェーデンの国教会。

 ・劇場で働いていたが、自作の戯曲が評価され、映画会社の脚本部に入社。脚本を執筆し、助監督も務めた 『もだえ』 (1944年/監督:アルフ・シェーベルイ) が、カンヌ国際映画祭 (1946年度)でグランプリを受賞した。

 ・『危機』 (1946年) で映画監督としてデビュー。作品の興行的な苦戦が続き、映画監督として見切りをつけられそうになったが、ロマンチック・コメディ 『夏の夜は三たび微笑む』 (1955年) が大ヒット。カンヌ国際映画祭で特設の詩的ユーモア賞を受賞する等、国際的にも評価され、映画監督としての地位を確固たるものにした。
 (右の写真) 『危機』 撮影時のイングマール・ベルイマン監督
Crisis_1946

Summer_with_Monika
Smiles_of_a_Summer_Night
『不良少女モニカ』 (1953年) 撮影時。ハリエット・アンデルセン と
『夏の夜は三たび微笑む』 (1955年) 撮影時。ウーラ・ヤコブソン と

The_Seventh_Seal
 ・『第七の封印』 (1957年)。十字軍の遠征から帰国した騎士が、自分に取り憑いた死神と命を賭けてチェスの対決をする…。
 前作 『夏の夜は三たび微笑む』 の成功により、創作の自由を得たベルイマン監督が、神の存在を問いかけた意欲作。
 カンヌ国際映画祭の審査員特別賞を受賞した。
 (左の写真) 『第七の封印』 撮影時。死神役のベント・エケロート(右)と

 ・『野いちご』 (1957年)。「スウェーデン映画の父」 ヴィクトル・シェストレムを主役に迎え、彼が演じた老教授が人生の意義に思い巡らせる1日を、夢や回想を交えながら描いた。ベルリン国際映画祭の金熊賞等、数多くの賞を受賞。ベルイマン監督の作品の中で最も人気の高い作品の1つ。
 (右の写真) 『野いちご』 撮影時。ヴィクトル・シェストレム(右)と
 * ヴィクトル・シェストレム … グレタ・ガルボのページをご参照下さい。

Wild_Strawberries

 ・『女はそれを待っている』 (1958年) でカンヌ国際映画祭の監督賞、『魔術師』 (1958年) でヴェネツィア国際映画祭の審査員特別賞等を受賞。

The_Virgin_Spring-2
 ・『処女の泉』 (1960年)。ベルイマン監督が崇拝していた黒澤明監督の 『羅生門』 (1950年)に触発されて撮った作品。娘を強姦・殺害された父親が復讐を果たす姿を描き、神の存在を問いかけた。
 アカデミー賞の外国語映画賞、カンヌ国際映画祭の審査員特別賞等、数多くの賞を受賞した。
 (左の写真) 『処女の泉』 撮影時。カメラマンのスヴェン・ニクヴィスト(右)と
 日本では、『処女の泉』 (1961年)、『野いちご』 (1962年)、『第七の封印』 (1963年) の順で公開され、キネマ旬報ベスト・テンの第1位、第1位、第6位に。

 ・『悪魔の眼』 (1960年/日本未公開) を撮った後、所謂 ‟神の沈黙” 3部作、『鏡の中にある如く』 (1961年)、『冬の光』 (1962年)、『沈黙』 (1963年) を発表。『鏡の中にある如く』 で2年連続となるアカデミー賞外国映画賞を受賞。
 フェデリコ・フェリーニ監督の 『8 1/2』 (1963年) のパロディで、自身初のカラー 『この女たちのすべてを語らないために』 (1964年/日本未公開) を発表。
  (右の写真) 『沈黙』 撮影時。イングリッド・チューリン と

he_Silence-2

 ・ストックホルム王立劇場の総監督 (1963〜1969年)に就任する等、演劇界の活動も並行していた。

Persona-2
 ・2人の女性の摩訶不思議な体験を描いた幻想的な作品 『仮面/ペルソナ』 (1966年) を発表。
 『猿の時刻』、『恥』 (1968年)、『情熱』 (1969年)、『愛のさすらい』 (1971年) は日本では劇場公開されなかったが、元はTVドラマの 『夜の儀式』 (1969年) が劇場公開された。
 (左の写真) 『仮面/ペルソナ』 撮影時。ビビ・アンデショーン(左)、リヴ・ウルマン(中央)と

 ・3姉妹と瀕死の病に臥す次女に仕える召使、4人の女性の苦悩と人間関係を赤裸々に描いた 『叫びとささやき』 (1973年)、TVのミニシリーズで全5時間弱の作品を劇場用に再編集した 『ある結婚の風景』 (1973年) を発表。
 同じくTVドラマだった 『魔笛』 (1975年)、『鏡の中の女』 (1976年) も劇場公開された。
 (右の写真) 『叫びとささやき』 撮影時。エルランド・ヨセフソン(左)、リヴ・ウルマンと
Cries_and_Whispers-2

Scenes_from_a_Marriage
Face_to_Face
『ある結婚の風景』 撮影時。
リヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン(右) と

『鏡の中の女』 撮影時。
リヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン(中央) と

 ・1976年、脱税容疑で逮捕。2ヶ月程で容疑が晴れたが、精神的なダメージを受けたベルイマン監督はスウェーデンで働くことを拒否して出国。移住先のミュンヘンで 『蛇の卵』 (1977年) を撮ったが、作品の評価は芳しくなかった。

Autumn_Sonata
 ・スウェーデン出身の大女優イングリッド・バーグマンを主役に迎え、ノル
ウェーで撮影された 『秋のソナタ』 (1978年) を発表。バーグマンの最後の劇場用映画となった。
 その後、西ドイツでTVドラマ 『夢の中の人生』 (1980年) を撮った。
 (左の写真) 『秋のソナタ』 撮影時。イングリッド・バーグマンと

 ・スウェーデン政府からの和解の求めに応じて帰国し、同国の映画史上最大の製作費 (当時) を投じた大作 『ファ
ニーとアレクサンデル』 (1982年) を監督。5時間11分のTV版と3時間8分の劇場版が作られたが、日本ではTV版が劇場公開された。
 アカデミー賞の外国語映画賞等、数多くの賞を受賞。本作の撮影現場を監督自身が記録した『ベルイマンの世界』 (1986年) も公開された。当初から引退作と決めていた映画監督としての集大成的な作品。
 (右の写真) 『ファニーとアレクサンデル』 撮影時。後方中央がベルイマン監督
Fanny_and_Alexander-2

Ingmar_Bergman-2
 ・TVドラマ 「リハーサルの後で」 (1984年) 、「The Blessed Ones (1986年)、In the Presence of a Clown (1997年)を監督。
 カンヌ国際映画祭でパルム・ドール大賞を受賞した 『愛の風景』 (1992年/監督:ビレ・アウグスト)、息子のダニエルが監督した 『日曜日のピュ 』(1992年)、リヴ・ウルマンが監督した 『不実の愛、かくも燃え』 (2000年) 等の脚本を執筆。
 * 『愛の風景』 … ベルイマン監督の両親の物語
 (左の写真) 志村喬(左) と。1961年ベルリンにて。

 ・『サラバンド』 (2003年) が遺作となった。スウェーデンのTVドラマ (107分) として撮られたが、日本を含む他国では劇場用映画 (120分) として公開された。
 『ある結婚の風景』 (1973年) の続編と言われる事もある。
 (右の写真) 『サラバンド』 撮影時。 リヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン(右) と
Saraband

Ingmar_Bergman-3
 ・私生活では5度の結婚歴がある他、自作に起用した女優たちと浮名を流した。その1人、リヴ・ウルマンとの関係は、彼女自身が出演したドキュメンタリー映画 『リヴ & イングマール ある愛の風景』 (2012年) で描かれた。

 ・アカデミー賞のアービング・G・タルバーグ賞 (1970年)、ヴェネツィア国際映画祭の栄誉金獅子賞(1971年)、カンヌ国際映画祭のパルム・ドール名誉賞(1997年…同賞の最初の受賞者) 等々、多数の名誉を授かった。

 ・2007年89歳で他界。

< イングマール・ベルイマン監督作品の常連だったスターたち >

HOME