20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

伝説の映画製作者たち

Scandalbar

 1930〜40年代のハリウッドの映画スタジオ
  ビッグ5 … パラマウント、MGM、20世紀FOX、ワーナー・ブラザース、RKO
  リトル3 … ユニヴァーサル、コロンビア、ユナイテッド・アーチスツ
  更に小規模なリパブリックや、独立系の製作会社があった。

Universal
 ユニヴァーサル社
 1912年、カール・レムリが設立。
 1915年、総合スタジオ都市ユニヴァーサル・シティを建設。

Carl_Laemmle
 カール・レムリ 1867-1939年

 ・ドイツ生れのユダヤ人。1884年、アメリカのシカゴに移住。様々な仕事に就いた後、1894年から、ウィスコンシン州の衣料品会社に簿記係として勤務していた。
 1906年、待遇面に不満で会社を辞め、シカゴに戻り、自分の衣料品店を持つつもりであったが、ニッケルオデオンの盛況ぶりを見て、自分の劇場を持つことにした。
 * ニッケルオデオン … 「5セント劇場」 と呼ばれていた小さな劇場・映画館
 伝説によると、1日中ニッケルオデオンの前に立って、入場者を数えていたという。

 ・1906年2月、全財産3,600ドルをはたいて空ビルを買収。「ホワイト・フロント・シアター」 と名付けたニッケルオデオンで映画興行業に乗り出した。39歳の時である。
 当時のニッケルオデオンは、観客の大半が労働者階級で、見世物小屋やストリップ劇場と同等の娯楽施設であったが、レムリは女性客を呼び込むために、劇場を 常に清潔であるように努め、他との差別化を図った。その結果、投資金額を僅か1ケ月で回収し、翌月には第2の劇場 「ファミリー・シアター」 を開設した。

 ・1906年11月、配給会社レムリ・フィルム・サービスを設立。発明王エジソン率いるMPPC (通称エジソン・トラスト/1908年結成) との闘争を経て、数年後には全米一の配給会社となった。

 ・1909年、ニューヨークに映画製作会社 IMP社 (Independent Moving Picture Company ) を設立。客を呼び込むにはスターの存在が重要であることにいち早く気付いたレムリは、MPPC加盟のバイオグラフ社から女優のフローレンス・ロレンスメアリー・ピックフォードを引き抜き、ハリウッドの ‟スター・システム” の礎を築いた。
  (右の写真) メアリー・ピックフォードと

 ・1912年、ユニヴァーサル社を設立。iMP社と他の会社が合併して誕生した。
Carl_Laemmle-2

 ・1915年、ロサンゼルス北部の大丘陸地帯サンフェルナンド・バレーに、広さ230エーカー (東京ドームの約20倍) 、世界最大の総合スタジオ都市ユニヴァーサル・シティを建設。 トーキーの時代になるまで、撮影見学のツアー客を歓迎していた。

Carl_Laemmle-3
 ・アービング・G・タルバーグコーン兄弟がレムリの下で働き、ワーナー兄弟はIMP社の代理店であった。また、ジョン・フォードウィリアム・ワイラーは映画監督としてのキャリアをユニヴァーサル社でスタートさせた。
 同社にはカール・レムリの親戚縁者が70人もいて、社内では 「Uncle Carl  = カールおじさん」 と呼ばれていたという。
  (左の写真) 『西部戦線異状なし』 (1930年) がアカデミー賞作品賞を受賞。
   ルイス・B・メイヤー (左) からオスカー像を手渡されるカール・レムリ 


 ・1928年、カール・レムリは、息子のカール・レムリ・ジュニアの21歳の誕生日に社長の座を譲った。

 ・ジュニアは拡大路線に舵を切った。従来は大半がB級映画だったが、大作も製作するようになり、『西部戦線異状なし』 (1930年) がアカデミー賞作品賞を受賞するなど成功も収めた。 (右の写真) カール・レムリ親子

 ・父親は、‟スター・システム” の礎を築いたものの、当時のユニヴァーサル社にはドル箱スターがいなかった。「千の顔を持つ男」 と称されたロン・チェイニーも、『オペラ座の怪人』 (1925年) 出演後はMGM社へ移籍していた。だが、特殊メイクの伝統を生かし、
Carl_Laemmle_Jr.
ドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男といったモンスター・キャラクターを生み出し、『フランケンシュタイン』 (1931年) は同社最大のヒット作 (当時) となった。

Carl_Laemmle_Jr.-2
 ・ カール・レムリは劇場経営からスタートしたが、その後は劇場網を拡大しなかった。自社の劇場チェーンの有無が、ビッグ5とリトル3を分けたが、新社長のジュ ニアは劇場の建設と買収にも乗り出した。だが、世界大恐慌の煽りを受けて頓挫し、この時の巨額な投資が致命傷となって、同社は財産管理を強いられてしまっ た。 (左の写真) カール・レムリ・ジュニア

 ・1936年、ミュージカル 『ショウボート』 を製作中に資金繰りが行き詰り、カール・レムリの親子やその親族は同社から追放された。

 ・カール・レムリは39年に72歳で他界。息子のジュニアは、その後映画界に復帰することなく、79年に亡くなった。

 ・倒産の危機に陥ったユニヴァーサル社を救ったのは、MGM社をクビになった15歳の少女ディアナ・ダービンであったとも言われている。

HOME