20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
An_American_in_Paris

     巴里のアメリカ人
     An American in Paris
     監督:ヴィンセント・ミネリ
     (1951年/アメリカ)
filmbar

 
 MGM社 ミュージカルの代表作

 パリで画家として生計を立てているアメリカ人のジェ リーは、友人のピアニストアダムを介して、ミュージック・ホールの人気歌手アンリと知り合った。
 ジェリーがモンマルトルの路上で絵を展示していると、アメリカ人の婦人ミロが絵を買い求めて きた。

An_American_in_Paris-1 An_American_in_Paris-2
 お金持ちのミロは、絵よりもジェリーに興味を覚え、パトロンになると申し出た。2人はジャ ズ・クラブへ出かけ、ジェリーは、その店に来ていたフランス人娘リズに一目惚れ。強引にダンス に誘い、電話番号を聞き出した。
An_American_in_Paris-3
An_American_in_Paris-4

 ミロは、ジェリーを画家として成功させることで囲い込もうと奔走していた。
 リズは、ジェリーの強引さに腹を立てていたが、彼に猛アタックされ、デートの約束をした。

An_American_in_Paris-5
An_American_in_Paris-6
  

youtube
 『巴里のアメリカ人』 予告編


  主な出演者など

An_American_in_Paris-15
 ジェリー役ジーン・ケリー Gene Kelly
 リズ役 … レスリー・キャロン Leslie Caron
 アンリ役 … ジョルジュ・ゲタリ Georges Guetary
 ミロ役 … ニーナ・フォッシュ Nina Foch
 アダム役 … オスカー・レヴァント Oscar Levant

 ・作曲家のジョージ・ガーシュウィンが1928年に発表した パリのアメリカ人 をモチーフにした映画。全編に渡り、ガーシュウィンの曲が使用されているが、彼は1937年に38歳の若さで亡くなっており、映画製作者のアーサー・フリードは、ガーシュウィンの兄で作詞家のアイラ・ガーシュウィンから楽曲の使 用許可を得て、アラン・ジェイ・ラーナーがストーリーを執筆した。
  (右の写真) 作曲のジョージ・ガーシュウィン

George_Gershwin
  * アラン・ジェイ・ラーナー … 『恋の手ほどき』 (1958年)、『マイ・フェア・レディ』(1964年) 等の脚本家

An_American_in_Paris-16
 ・リズ役は、バレエの素養があるフランス人女優のオディール・ヴェルソワ (女優マリナ・ヴラディの実姉)が第一候補だったが、ジーン・ケリーが、フランスで舞台に出演していたレスリー・ キャロンをスカウト。本作で華々しい銀幕デビューを果たした。
 (左の写真) 我が愛はここに 」 をバックに踊るジーン・ケリーとレスリー・キャロン

 ・アダム役には、ガーシュウィン兄弟と親交のあったオスカー・レヴァントが起用された。「ピ アノ協奏曲へ調」 のシーンでは、一人で何役もこなして見せたが、実際に、ピアニスト、指揮者、作曲家、作家、司会者、俳優として活躍した多才な人物だった。本作撮影中、ス タッフの間では、レスリー・キャロンと顔が似ていると評判だったとか。
 (右の写真)Tra-La-La 」 を唄うジーン・ケリー(左)とオスカー・レヴァント
An_American_in_Paris-17

An_American_in_Paris-18
 ・アンリ役は、当初はもう少し年上の設定で、モーリス・シュヴァリエが候補だったが、ブロードウェイの舞台に出演していた ジョルジュ・ゲタリが抜擢された。ソロで 「天国への階段」、ケリーとのデュエットで 「ス・ワンダフル」 等を唄ったが、本作出演後は欧州の舞台を中心に活動したため、現在の日本で彼の姿が見られる映像は本作だけ。
 (左の写真) ス・ワンダフル 」 を唄うジーン・ケリー(左)とジョルジュ・ゲタリ 

 ・クライマックスは、ラストの17分に及ぶダンス・シーン。デュフィ、マネ、ユトリロ、ル ソー、ゴッホ、ロートレックの絵画の世界をイメージしたセットを作成するのに6週間を要し、その間、ヴィンセント・ミネリ監督は 『可愛い配当』 (1951年) を撮影し、ジーン・ケリーはダンサー達とリハーサルに励んだ。
 (右の写真) ユトリロの絵画の人物に扮したジーン・ケリー
An_American_in_Paris-19

An_American_in_Paris-20
 ・アカデミー賞の作品、脚本、撮影(カラー部門)、 美術監督・装置(カラー部門)、ミュージカル映画音楽、衣装デザイン(カ ラー部門) の6部門を受賞。カラー映画の作品賞受賞は、『風と 共に去りぬ』 (1939年) 以来の2作目だった。
 同年度の授賞式で、アーサー・フリードにアーヴィング・G・タルバーグ賞、ジーン・ケリーに名誉賞が贈られた。
 (左の写真) 左から、レスリー・キャロン、ジーン・ケリー、ヴィンセント・ミネリ監督

 ・AFI (アメリカ映画協会) が選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 (1998年選定)では第68位に、「ミュージカル映 画ベスト25」 (2006年選定) では第9位にランクインした。
 (右の写真) 撮影時のレスリー・キャロンとジーン・ケリー

 

An_American_in_Paris-21

  ピック・アップ … レスリー・キャロン

Leslie_Caron  Leslie Caron  1931-      (フランス/アメリカ)

 ・1931年、フランス生れ。父親はフランス人、母親はアメリカ人。

 ・シャンゼリゼ・バレエ団のプリマドンナとして舞台に出演しているところを、ジーン・ケリーにスカウトされ、『巴里のアメリカ人』 (1951年) で銀幕デビュー。
 ・ミュージカルの人気スターとなり、『リリー』 (1953 年)、『足ながおじさん』 (1955年)、『恋の手ほどき』 (1958年/監督:ヴィンセント・ミネリ) 等でヒロインを務めた。
An_American_in_Paris-22
Daddy_Long_Legs
『巴 里のアメリカ人』 ジーン・ケリーと 『足 ながおじさん』 フレッド・アステア
Gigi
The_L-Shaped_Room
『恋の手ほどき』 ルイ・ジュールダンと
『L型の部屋』 (1962年/イギリス)
 ・『リリー』 と 『L型の部屋』 で2度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、オスカーは逃したが、両作品で2度英アカデミー賞の主演女優賞を受賞した。

 ・1960年代以降は、活動の拠点を欧州に移し、映画だけでなく、舞台でも活躍。ソ連出身の世界的な人気バレエダンサー、ミハイル・バリシニコフ、ルド ルフ・ヌレエフとも共演した。
Is_Paris_Burning
Chocolat
『パリは燃えているか』 (1966年/仏・米/監督:ルネ・クレマン
アラン・ドロンと
『ショコラ』 (2000年/米・英/監督:ラッセ・ハルストレム)
 ・2013年、レジオンドヌール勲章を授かる。

HOME