20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Colorado_Territory

     死の谷
     Colorado Territory
     監督:ラオール・ウォルシュ
     (1949年/アメリカ)
filmbar

 
 ラオー ル・ウォルシュ監督の傑作西部劇

 数々の悪事を働き、投獄されていたウェス・ マッ クィーンは、仲間のデイヴの手配で脱獄し、彼が待つコロラド州へ向かうことに なった。
 道中、搭乗していた駅馬車が強盗団に襲撃されたが、これを撃退したウェスは謝礼として馬を手に入れ、デイヴが指定したトードス・サントスへ向かった。
Colorado_Territory-1
Colorado_Territory-2  廃墟の町トードス・サントスでは、見知らぬ2人の男と1人の女が待っていた。2人の男レノデュークは、デイヴが計画している列車 強盗の仲間だという。そして、レノに拾われたという先住民と白人の混血の女コロラド・カーソンは、 ウェスに好意を抱き始めた。
 ウェスは、100キロ程離れた町ポトレロにいるデイヴを訪ねることにしたが、その前に、駅 馬 車で同乗していたフレッドジュリー・アンの ウィンスロー父娘の牧場に立ち寄った。
 大きな期待を持って新天地へやって来たフレッドであったが、いざ牧場に着いてみると井戸が無く、困窮している様子であった。
Colorado_Territory-2-2
Colorado_Territory-3  デイヴと再会したウェスは、堅気になるつもりだと打ち明けたが、病に冒され金に困っている デ イヴに頼まれ、今一度だけ列車強盗をする約束をした。
 デイヴによると、レノとデュークの2人はプルスナーから紹介されたので信用できるとの事で あった。だが、彼等3人はデイヴとウェスを裏切る算段を立てていた…。
 ウェスはデイヴから渡された以前のヤマの報酬で、ジュリー・アンにドレスを買い、残りの 900ドルを井戸が無く困っているフレッドに差し出した。
 ウェスは、自分が投獄されている間に死んだ恋人に似ているジュリー・アンに、ほのかな想いを寄せていたのだった。
Colorado_Territory-4
Colorado_Territory-5  トードス・サントスのアジトへ戻ると、3人が内輪もめをしていたが、ウェスが治めた。
 列車強盗の日が決まったが、プルスナーのことを信用していないウェスは一抹の不安を感じていた…。

  

youtube
 『死の谷』 予告編動画


  主な出演者など 

Colorado_Territory-15
ウェス・マックィーン役 … ジョエル・マクリー Joel McCrea
コロラド・カーソン役 … ヴァージニア・メイヨ Virginia Mayo
ジュリー・アン・ウィンスロー役 … ドロシー・マローン Dorothy Malone
フレッド・ウィンスロー役 … ヘンリー・ハル  Henry Hull

 ・男性映画の傑作を数多く手がけたラオール・ウォルシュ監督が、自身のヒット作 『ハイ・シェラ』 (1941年/主演:ハンフリー・ ボガートを西部劇にリメイクした作品。

 ・『ハイ・シェラ』 は、ジャック・パランス、シェリー・ウィンタース主演 『俺が犯人だ!』 (1955年/監督:スチュアート・ハイスラー) として再リメイクもされている。
Colorado_Territory-16

  ◆ ピッ ク・アップ … ヴァージニア・メイヨ

/Virginia_Mayo
 Virginia Mayo   1920-2005  (アメリカ)

 ・1920年、ミズーリ州生れ。6歳の時から叔母にダンスを習い、高校を卒業するとダンサーとなり、41年にはブロードウェイの舞台にも立った。

 ・独立系の映画製作者サミュエル・ゴールドウィンと契約し、43年に銀幕デ ビュー。人気コメディアン、ダニー・ケイ主演の 『ダニー・ケイの天国と地獄』 (1945年) のヒロイン役に抜
擢され、以後、ケイ主演の 『ダニー・ケイの牛乳屋』 (1946年)、 『虹を掴む男』 (1947年)、『ヒット・パレード』 (1948 年) でもヒロイン役を務め、人気女優となった。

 ・49年、ワーナー・ブラザーズ社に移籍。『死の谷』 のラオール・ウォルシュ監督に気に入られ、同監督の 『白熱』 (1949 年)、『艦長ホレーショ』 (1951年)、『死の砂塵』 (1951年) でヒロイン役を務めた。
The_Best_Years_of_Our_Lives
Danny_Kaye
『我等の生涯の最良の年』 (1946年) ダナ・アンドリュースと
『虹を掴む男』   ダニー・ケイと
White_Heat
Captain_Horatio
『白熱』  ジェームズ・キャグニー
『艦長ホレーショ』 グレゴリー・ペック
 ・私生活では、彼女の名前が初めてクレジットされた作品 『Jack London(1943年) の主役であったマイケル・オシェイと47年に結婚。彼が亡くなるまで連れ添った。

 ・2005年84歳で他界。

HOME