20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Gregory_Peck-2


グレゴ リー・ペック

Gregory Peck

 
1916-2003 (アメリカ)

starbar

< 2ページ目 >
  
The_Million_Pound_Note
Night_People
The_Purple_Plain
『春風と百万紙幣』 (1954年) 『夜の人々』 (1954年) 『紫の平原』 (1954年)
  
Veronique_Peck
 ・私生活では、1955年にグレタと離婚。
 『ローマの休日』 の撮影でイタリア入りする前に、パリで知り合ったジャーナリストのヴェロニカ・パッサーニと再婚。男の子と女の子を授かり、ペックが亡くなるまで連れ添っ た。
  (左の写真) 2番目の妻ヴェロニカと

The_Man_in_the_Gray_Flannel_Suit Moby Dick Designing_Woman
『灰色の服を着た男』 (1956年)
ジェニファー・ジョーンズ
『白鯨』 (1956年)
(監督:ジョン・ヒューストン
『バラの肌着』 (1957年)
ローレン・バコール

 ・大作ウエスタン 『大いなる西部』 (1958年) では製作業にも進出。小説の映画化権を取得したペックが、ウィリアム・ワイラーに監督を要請。ワイラーは共同製作者ともなった。
 更に、ペックは製作会社 「メルヴィル・プロダクション」 を設立し、『勝利なき戦い』 (1959年) を 製作した。
The_Bravados The_Big_Country-2 Pork_Chop_Hill
『無頼の群』 (1958年)
ジョーン・コリンズと
『大いなる西部』
ジーン・シモンズ
『勝利なき戦い』 (1959年)
(監督:ルイス・マイルストーン

 ・戦争アクション 『ナバロンの要塞』 (1961年/監督:J・リー・トンプソン) が、全米で年間興行成績第2位となる大ヒット。
Beloved_Infidel On_the_Beach The_Guns_of_Navarone
『悲愁』 (1959年)
デボラ・カー
『渚にて』 (1959年)
エヴァ・ガードナー
『ナバロンの要塞』
右から3人目がグレゴリー・ペック


 ・メルヴィル・プロダクション」は、2作目 『恐怖の岬』 (1962年/監督:J・リー・トンプソン) の興行成績が芳しくなく解散。
 黒人差別と闘う弁護士を演じた 『アラバマ物語』 (1962年/監督:ロバート・マリガン) で、 13年ぶり5度目のアカデミー賞主演男優賞候補となり、念願のオスカーを受賞 (第35回アカデミー賞)。 カリフォルニア州出身の俳優で初の受賞者。
Cape Fear How_the_West_Was_Won To_kill_a_Mockingbird-2
『恐怖の岬』
ロバート・ミッチャム(右)と
西部開拓史 (第2話 平原) 』 (1962年)
デビー・レイノルズ
『アラバマ物語』
ブロック・ピーターズ(右)と

youtube
 アカデミー賞授賞式。プレゼンターはソフィア・ローレン。


Captain_Newman,_M.D.Behold_a_Pale_HorseMirage
『ニューマンという男』 (1963年)
アンジー・ディキンソン
『日曜日には鼠を殺せ』 (1964年)
アンソニー・クイン
『蜃気楼』 (1965年)
ダイアン・ベイカーと

 ・実社会においても人望の厚いナイスガイで、種々な要職に就任した。
  ・アカデミー協会会長 (1967〜70年)  ・AFI (アメリカ映画協会) 初代会長 (1967〜70年)  ・アメリカ癌協会会長 (1965年)
  ・映画テレビ救済基金会長 (1971年) 等々。
ArabesqueThe_Stalking_MoonMackenna's_Gold
『アラベスク』 (1966年)
ソフィア・ローレンと
『レッド・ムーン』 (1968年)
エヴァ・マリー・セント
『マッケンナの黄金』 (1969年)
オマー・シェリフ(右)と

 ・リンドン・ジョンソン大統領から、大統領自由勲章を授けられた (1969年) 他、数多くの名誉賞を受賞もした。
  ・アカデミー賞のジーン・ハーショルト友愛賞 (1968年)  ・ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞 (1969年)
   ・全米映画俳優組合生涯功労賞 (1970年)  ・AFI 生涯功労賞 (1989年)  ・ベルリン国際映画祭金熊名誉賞 (1993年)
   ・国家芸術メダル (1998年) 等々。

The_ChairmanMaroonedI_Walk_the_Line
『0の決死圏』 (1969年) 『宇宙からの脱出』 (1969年) I Walk the Line 』 (1970年)
チューズデイ・ウェルドと

 ・ロナルド・レーガンのカリフォルニア州知事2期目の選挙時には、対抗馬としてペックの出 馬を求める声が民主党員からあがり、また、ニクソン大統領のブラックリストにはペックの名前が記載されていたという。
 1972年には、ケイトンズヴィル事件の9人 (ベトナム戦争に抗議するため、徴兵書類を焼き捨てた9人のカト リック信徒) を題材とした映画 『The Trial of the Catonsville Nine 』 を製作した。
Shoot_OutBilly_Two_HatsThe_Omen
『新・ガンヒルの決闘』 (1971年) 『荒野のガンマン無宿』 (1974年) 『オーメン』 (1976年)

 ・1975年、長男の自殺という不幸に見舞われた。
MacArthur The_Boys_from_Brazil The_Sea_Wolves
『マッカーサー』 (1977年) 『ブラジルから来た少年』 (1978年)
『シーウルフ』 (1980年)

 ・南北戦争を描いたTVドラマ 「引き裂かれた祖国」 (1982 年) ではリンカーン大統領役を演じた。
 ペックは、1000冊もの蔵書を持つリンカーンの研究者としても知られていた。
  (右の写真) TV 「引き裂かれた祖国」
The_Blue_and_the_Gray

 ・1987年、第2回東京国際映画祭の審査委員長として来日。
Amazing_Grace_and_Chuck Old_Gringo Other_People's_Money
『サイレント・ボイス/愛 は虹にのせて』
(1987年)
『私が愛したグリンゴ』 (1989年)
 ジェーン・フォンダと
『アザー・ピープルズ・マ ネー』 (1991年)


Cape_Fear_1991  ・『岬の恐怖』 (1962年) のリメイク作 『ケープ・フィアー』 (1991年/監督:マーティン・スコセッシ) に、旧作の共演者ロバート・ ミッチャム、マーティン・バルサムと共に出演したのが、劇場用映画への最後の出演となった。
  (左の写真) 『ケープ・フィアー』 ロバート・デ・ニーロ (右)と

 ・1996年に引退を宣言したが、TV ドラマ 「白鯨 モビー・デック」 (1998年) でカムバック。56年の映画ではエイハブ船長を演じたが、TVではマップル神父を演じた。ペックは学生時代にスターバックを演じたこともあったという。自ら設立した製 作会社 「メルヴィル・プロダクション」 も、ハーマン・メルヴィルから採ったのかな?演技者としては最後の仕事となった。
  (右の写真) TV 「白鯨 モビー・デック」
Moby_Dick_1998

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した「伝説のス ター・ベスト50」 で、男優部門の第12位に選出。

A_Conversation_with_Gregory_Peck  ・晩年、各地を講演旅行した際のドキュメンタリー 「A Conversation with Gregory Peck (2000年) が全米でTV放映された。
  (左の写真) 「A Conversation with Gregory Peck 」 より

 ・2003年6月AFI が選定した 「アメリカ映画のヒーロー・ベスト50」 で、ペックが演じた 『アラバマ物語』 のアティカス・フィンチが見事第1位に。この発表のあった9日後に、87 歳で他界した。
 葬儀では、『アラバマ物語』 で共演した黒人俳優のブロック・ピーターズが弔辞を述べた。 
Gregory_Peck_Chair

Gregory_Peck-3
Gregory_Peck-4

< 前ページ >  < グレゴリー・ペック写真館 >

HOME