20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Alida_Valli

アリダ・ヴァリ

Alida Valli

 1921-2006 (イタリア)


heartbar

   代表作

The_Paradine_Case  パラダイン夫人の恋
  The Paradine Case
  (1947年/アメリカ)
The_Third_Man  第三の男
  The Third Man
  (1949年/イギリス)
Senso
 夏の嵐
 Senso
 (1954年/イタリア)
Une_aussi_longue_absence
 かくも長き不在
 Une aussi longue absence
 (1961年/仏・伊)

    スキャンダルを乗り越え、息長く活躍したイタリアの名女優

 ・1921年、イタリアのポーラ (現クロアチア領) 生れ。ローマの映画学校で演技を学び、『Il cappello a trepunte(1935年) で銀幕デビュー。『Piccolo mondo antico(1941年) の演技で、ヴェネツィア国際映画祭の特別賞を受賞するなど女優としての地位を確立したが、戦時中はファシスト政権のプロパガンダ映画への出演を拒否して逮捕されそうになったり、パイロットであった恋人が戦死するなどの憂き目に遭った。

 ・映画製作者デビッド・O・セルズニックに招かれ渡米。『パラダイン夫人の恋』 (1947年/監督:アルフレッド・ヒッチコック でハリウッド・デビュー。RKO社に貸し出されて 『奇蹟の鐘』 (1948年)に出演した後、イギリスで 『第三の男』 (1949年/監督:キャロル・リードに出演。世界中で大ヒットし、国際的な人気スターとなった。
The_Paradine_Case-2 The_Third_Man-2
『パラダイン夫人の恋』 グレゴリー・ペック 『第三の男』 ジョゼフ・コットン
 しかし、当時のセルズニックは、ハリウッドでは干されたも同然の状況であったため、その後、『白銀の嶺』 、『Walk Softly, Stranger(1950年) の2作品に出演しただけで契約を終了した。

 ・イタリアに戻り、全5話のオムニバス 『われら女性』 (1953年)、歴史大作 『夏の嵐』 (1954年/監督:ルキノ・ヴィスコンティ 等に出演。
Siamo_Donne
/Senso-2
『われら女性』 第2話
『夏の嵐』 ファーリー・グレンジャーと

 ・一大スキャンダル、ウィルマ・モンテシ事件に巻き込まれ、2年近く女優としての活動が出来なくなったが、56年に舞台で活動を再開し、翌57年、3年ぶりに銀幕復帰。以後、息長く活躍した。
Il_grido
Les_Yeux_sans_visage
『さすらい』 (1957年/監督:ミケランジェロ・アントニオーニ
『顔のない眼』 (1960年/仏・伊)
Une_aussi_longue_absence-2
Edipo_re
『かくも長き不在』 (1960年/仏・伊)
『アポロンの地獄』 (1967年/監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ)
Strategia_del_ragno
Suspiria
『暗殺のオペラ』 (1970年/監督:ベルナルド・ベルトルッチ)
『サスペリア』 (1977年)

 ・1997年、ヴェネツィア国際映画祭の栄誉金獅子賞を受賞。イタリアの女優では、クラウディア・カルディナーレ、モニカ・ヴィッティに次ぐ栄誉であった。

 ・2006年84歳で他界。

Alida_Valli-2
Alida_Valli-3

HOME