20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Madeleine Carroll

マデリーン・キャロル

Madeleine Carroll

1906-1987 (イギリス/アメリカ)


heartbar

     代表作

The_39_Steps
 三十九夜 
  The 39 Steps
  (1935年/イギリス)
Secret_Agent-2
 間諜最後の日
 Secret Agent
  (1936年/イギリス)
General Died at Dawn  将軍暁に死す
 The General Died  at Dawn
  (1936年/アメリカ)
The_Prisoner_of_Zenda  ゼンダ城の虜
 The Prisoner of Zenda
  (1937年/アメリカ)

    イギリス映画界最初の美人女優

 ・1906年、イギリスのウェスト・ブロムウィッチ生れ。バーミンガム大学を卒業後、女優の道へ。

 ・『The Guns of Loos (1928年) の主演女優で銀幕デビュー。
 イギリス映画界最初の美人女優と謳われ、一躍人気スターとなったが、31年に結婚して、一度引退した。
  (右の写真) 『School for Scandal 』 (1930年)
School_for_Scandal

The World Moves On  ・1933年にカムバックし、翌年、自身初のハリウッド映画 『世界は進む』 (監督:ジョン・フォード にも出演した。
  (左の写真) 『世界は進む』 フランチョット・トーンと

 ・イギリスで、アルフレッド・ヒッチコック監督『三十九夜』 (1935年)、『間諜最後の日』 (1936年) の2作に連続で出演。同監督のイギリス時代の代表的ヒロインでもあった。
The 39 Steps Secret Agent
『三十九夜』 ロバート・ドーナットと
『間諜最後の日』 ジョン・ギールグッドと

 ・1936年、本格的にハリウッドへ進出し、2年後には最高給取りの女優の一人となった。
General Died at Dawn-2 The Prisoner of Zenda-2
『将軍暁に死す』 (1936年/監督:ルイス・マイルストーン
ゲーリー・クーパー
『ゼンダ城の虜』 (1937年)
ロナルド・コールマン
Blockade
North_West_Mounted_Police
『封鎖線』 (1938年)
『北西騎馬警官隊』 (1940年/監督:セシル・B・デミル
ゲーリー・クーパーと

 ・1940年、ナチス・ドイツによるロンドン空爆で妹が亡くなると、女優活動を中断し、赤十字の看護婦としてイタリアの野戦病院で働いた。
 また、パリ郊外の邸宅を戦災孤児に寄贈し、それらの功績により、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章を授けられた。
   (右の写真)戦災孤児たちと
Madeleine_Carroll-4

Bahama_Passage  ・戦後も女優としての活動を続け、映画は 『The Fan (1949年) が最後となったが、その後もTVやラジオに出演し、60年代半ばに引退した。

 ・私生活では、4度結婚・離婚をした。2度目の相手は俳優のスターリング・ヘイドン、4度目の相手はTIME社のCEOだった。
  (左の写真) 『Bahama Passage 』 (1941年) スターリング・ヘイドンと

 ・1987年81歳で他界。晩年はスペインで暮らしていた。

Madeleine Carroll-2
Madeleine Carroll-3

HOME